Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,166

¥ 778の割引 (40%)

ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[エリック リース]のリーン・スタートアップ ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす
Kindle App Ad

リーン・スタートアップ ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす Kindle版

5つ星のうち 4.1 52件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,166
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 1,000

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

シリコンバレー発 注目のマネジメント手法



リーン・スタートアップとは、新しい製品やサービスを開発する際に、作り手の思い込みによって顧客にとって価値のないものを作ってしまうことに伴う、時間、労力、資源、情熱のムダをなくし、時代が求める製品・サービスを、より早く生みだし続けるための方法論です。



■新しいことを始める人すべてが起業家

著者自身が、起業で失敗を重ねる過程で得た考え方ですが、それは会社を興す人にかぎらず、企業や組織のなかであっても新しい事業を始めようとする人にも役立ちます。

本書のなかでも、「スタートアップとは、不確実な状態で新しい製品やサービスを創り出さなければならない人的組織であり、そこで働く人は皆アントレプレナー(起業家)である」と語っています。



■「構築―計測―学習」のフィードバックループ

リーン・スタートアップは具体的には、「構築―計測―学習」のフィードバックループを通して、まず要となる仮説に基づいて実用最小限の製品(MVP)をすぐに作って、実際に顧客に使ってもらった実験結果から、成長につながる価値を学ぶ(検証による学び)という工程をくり返します。

その中で、仮説に対して結果が違ったら、そのまま進むか、あるいは方向転換(ピボット)するかを選びます。

その判断基準も、いっときの成果ではなく、事業として継続できるかどうかを見る、著者ならではの鋭い指摘が示されています。



■リーン・スタートアップの本質は、不確実で先が読めない時代への挑戦

本書の中でたびたび登場する言葉が「不確実な状況」であり「価値」です。

著者はロケットの発射のように綿密な計画を立て、わずかでも仮説が間違っていたために悲惨な結果を招くよりも、自動車の運転のように状況に応じで進路を変えながら進んでいく操縦法が起業においては重要であると説きます。

先の見えない不確実ないまの時代、失敗をくり返さなければすばらしい新製品は開発できず、価値を正しく見極め、失敗をムダにしないためのアプローチがリーン・スタートアップです。

内容(「BOOK」データベースより)

思い込みは捨てて、顧客から学ぼう!「構築‐計測‐学習」というフィードバックループを通して、顧客も製品・サービスも生みだし育てるシリコンバレー発、注目のマネジメント手法。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1109 KB
  • 紙の本の長さ: 406 ページ
  • 出版社: 日経BP社; 1版 (2012/4/16)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00F3UTIQY
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 52件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 2,034位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
わたしは20代の頃、ラーメン店を営んでいました。競合店の出店により売上が下がる一方、あらゆる試行錯誤を繰り返しました。店舗内の動線の改良によるオペレーションUP、接客マニュアルの作成、割引券の配布、集客UPを見込んだ取組、成果主義による賃金見直し、定期相見積もりによる仕入コスト低減、セットメニュー、備品の更新など。これらはお客様には「要らない」取り組みでした。厳密に言うと優先順位の低いアクションです。一番はお客様のほしいものを提供すること。即ち旨いラーメンを販売することでした。当たり前なのに気付いた時には資金が尽きて閉店しました。閉店間際に自作のラーメンを試販しました。その時のお客様の声を商品に何度も還元し、味もよくなってリピーターもできました。最初からここに注力していればリーンな起業となったはず。この本は実体験のあるわたしには納得の一冊です。
1 コメント 200人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 かさこ VINE メンバー 投稿日 2013/2/15
形式: 単行本
400ページ以上にも及ぶ本だが、
解説の4ページを読めば十分。
この4ページにすべてのエッセンスが詰まっている。
本文は長くてだるくてコンパクトではない。
この本こそリーン・スタートアップして、
端的にわかりやすくした方がいい。
大量生産を前提とした完璧な仕様書をもとに作られた、
まったくリーン・スタートアップではない、
悪い事例みたいな内容に思えてくる。

この本のポイントはたったこれだけ。

お金をあまりかけず、少人数で、
まずは商品やサービスを作ってみて、
その反応を見てから改良すればいい。
だから仕様書や稟議書や計画ばかりに、
莫大な時間やコストをかけるのは無駄。

以上。
1 コメント 221人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
かつての起業というのは誰かのアイデアや才能、運などによって成功が大きく左右されるいわば占いのようなものでした。
「企画」や「計画」を事前にじっくりと練り上げて、それを一斉に実行に移す。
時間をかけて作った計画が実は誰も欲しくないものを作るための計画だった
ということに気づくのは大量の金と時間を使い尽くした後です。

リーンスタートアップでは、自分のビジネスが成功するために検証すべき最も重要な仮説にのみ集中し、
その仮説が正しいかどうかの検証にのみリソースを注ぐことで失敗にできるだけ早く気づくようにする手法です。
これによって無駄に金と時間を費やすことなく軌道修正を繰り返すことができ、
お金が尽きる前に正しい仮説にたどり着くことができればビジネスが軌道に乗ります。
これはかつての占いのような方法と対比するとより科学的な方法であるといえます。

ソフトウェア開発の世界では「ウォーターフォール」と「アジャイル」という2つのプロセスがありますが、
リーンスタートアップは「アジャイル」的な手法であると言えます。

自社のウェブサービス開発のために読みましたが、この本だけでは実践には不十分だと感じました。
一番困ったことはどうやって最大のリスク(仮説)を特定するかということです。
ここについては「リーン顧客開発」という書籍が役に立ちました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Playing Manager 投稿日 2014/12/23
形式: Kindle版 Amazonで購入
非常に使いやすい具体的ツールがまとまっている。

ただし、どこへ向かって何をするかの「戦略」や価値判断基準は含まれていないので、これを使う前にまず練る必要がある。ゼロトゥワンのピーターティールが批判しているのはリーンスタートアップと言う手法そのものでなく、戦略無きリーンスタートアップ信者。ブルーオーシャンも同様。 
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
人間誰しも全知全能の神ではありません。初めから、完璧なもの生み出すなんてことは誰にもできません。だったら、初めから完璧を目指すことは諦め、ちょっと好奇心の強い人たちが振り向いてくれればいい程度のものを作り出し、それにどんどんダメだししてもらえばいいじゃないか。リーンスタートアップの基本的な考え方はこんなところではないでしょうか。

「今回のプロジェクトは失敗は許されない。死ぬ気で立ち向かおう!」と言ったプロジェクトに限って大失敗し、それが誰が見ても大失敗なのに、失敗という言葉を口にすることがはばかられ、その失敗は地に潜ります。その失敗は、時をおいてまた再現する。そんな姿を嫌というほど見てきた方はたくさんいるのではないでしょうか。身の程知らずの馬鹿者がトップになり、トップダウンでことを進めると往々にしてこんな事態に立ち至ります。

リーンスタートアップはその対極をなすものです。「ボクは無知で未熟です。初めから、大ヒットするような商品なんて作れません。でも、一部のオタクな人たちが振り向いてくれそうなものなら何とか作れるかもしれません。そんな商品に色んなダメだしをしてもらい、そのダメだしから多くを学び、少しづつ商品を改善していく。こんなことなら、ボクにもできるかもしれません。」私なりのリーンスタートアップの解釈はこんなところです。
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す