Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,800

¥ 144の割引 (7%)

ポイント : 639pt (35%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[エリック リース]のリーン・スタートアップ ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす
Kindle App Ad

リーン・スタートアップ ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす Kindle版

5つ星のうち 4.1 59件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,800
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 1,433

商品の説明

内容紹介

シリコンバレー発 注目のマネジメント手法



リーン・スタートアップとは、新しい製品やサービスを開発する際に、作り手の思い込みによって顧客にとって価値のないものを作ってしまうことに伴う、時間、労力、資源、情熱のムダをなくし、時代が求める製品・サービスを、より早く生みだし続けるための方法論です。



■新しいことを始める人すべてが起業家

著者自身が、起業で失敗を重ねる過程で得た考え方ですが、それは会社を興す人にかぎらず、企業や組織のなかであっても新しい事業を始めようとする人にも役立ちます。

本書のなかでも、「スタートアップとは、不確実な状態で新しい製品やサービスを創り出さなければならない人的組織であり、そこで働く人は皆アントレプレナー(起業家)である」と語っています。



■「構築―計測―学習」のフィードバックループ

リーン・スタートアップは具体的には、「構築―計測―学習」のフィードバックループを通して、まず要となる仮説に基づいて実用最小限の製品(MVP)をすぐに作って、実際に顧客に使ってもらった実験結果から、成長につながる価値を学ぶ(検証による学び)という工程をくり返します。

その中で、仮説に対して結果が違ったら、そのまま進むか、あるいは方向転換(ピボット)するかを選びます。

その判断基準も、いっときの成果ではなく、事業として継続できるかどうかを見る、著者ならではの鋭い指摘が示されています。



■リーン・スタートアップの本質は、不確実で先が読めない時代への挑戦

本書の中でたびたび登場する言葉が「不確実な状況」であり「価値」です。

著者はロケットの発射のように綿密な計画を立て、わずかでも仮説が間違っていたために悲惨な結果を招くよりも、自動車の運転のように状況に応じで進路を変えながら進んでいく操縦法が起業においては重要であると説きます。

先の見えない不確実ないまの時代、失敗をくり返さなければすばらしい新製品は開発できず、価値を正しく見極め、失敗をムダにしないためのアプローチがリーン・スタートアップです。

内容(「BOOK」データベースより)

思い込みは捨てて、顧客から学ぼう!「構築‐計測‐学習」というフィードバックループを通して、顧客も製品・サービスも生みだし育てるシリコンバレー発、注目のマネジメント手法。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1109 KB
  • 紙の本の長さ: 406 ページ
  • 出版社: 日経BP社; 1版 (2012/4/16)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00F3UTIQY
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 59件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 1,334位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
かつての起業というのは誰かのアイデアや才能、運などによって成功が大きく左右されるいわば占いのようなものでした。
「企画」や「計画」を事前にじっくりと練り上げて、それを一斉に実行に移す。
時間をかけて作った計画が実は誰も欲しくないものを作るための計画だった
ということに気づくのは大量の金と時間を使い尽くした後です。

リーンスタートアップでは、自分のビジネスが成功するために検証すべき最も重要な仮説にのみ集中し、
その仮説が正しいかどうかの検証にのみリソースを注ぐことで失敗にできるだけ早く気づくようにする手法です。
これによって無駄に金と時間を費やすことなく軌道修正を繰り返すことができ、
お金が尽きる前に正しい仮説にたどり着くことができればビジネスが軌道に乗ります。
これはかつての占いのような方法と対比するとより科学的な方法であるといえます。

ソフトウェア開発の世界では「ウォーターフォール」と「アジャイル」という2つのプロセスがありますが、
リーンスタートアップは「アジャイル」的な手法であると言えます。

自社のウェブサービス開発のために読みましたが、この本だけでは実践には不十分だと感じました。
一番困ったことはどうやって最大のリスク(仮説)を特定するかということです。
ここについては「リーン顧客開発」という書籍が役に立ちました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2013/1/16
形式: 単行本 Amazonで購入
「つまりリーン・スタートアップとは、サイクルタイムの短縮と顧客に対する洞察、大いなるビジョン、大望とさまざまなポイントに等しく気を配りながら、『検証による学び』を通して画期的な新製品を開発する方法なのである」。

起業やイノベーションの成功率は一般的に低い。マネージメントに比べると、参考になる手法も十分確立されているとはいえない。本書は、社内での新事業立ち上げも含めた起業において、その成功率を高める方法について解説を試みた本である。著者は3社目の起業であるIMVUの共同創業者として名を上げ、その後ビジネス関連のイベントやビジネススクールで講演を重ねているという。

ベースになっているのは、トヨタの生産方式。そのプロセスを起業家のビジネスプロセス全般に応用したのが、「リーンスタートアップ」である。スタートアップにおいては、製品やマーケティングや業務改善のチューニングが頻繁で、そのために多くの時間が割かれる。このため、最初から複雑な計画を立てようとするのではなく、シンプルに始めると同時に構築―計画―学習のフィードバックループを意図的に継続し、ピボットと呼ぶ方向転換の可能性を念頭に置きながら、柔軟かつスピーディに、製品開発や企画やプロセスを調整してビジネスの成長エンジンを適切で現実的で力強いものに変えてゆくことを説いている。

...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ベンチャー企業だけでなく、製造業だけでなく、様々な分野に対して有効な仕事の方法論が、リーンスタートアップだと思う。
この方法論を丁寧に解説した本書は、これからを生きる上での必読書だと思う。まずはこれを読んで実践することで、新しい時代の働き方を身に付けることができるのではないだろうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 YTS 投稿日 2017/3/31
形式: 単行本 Amazonで購入
GE社でも参考にしているというリーンスタートアップ。もっと引き込まれるかとは思いましたがそこまでではなかった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
内容は文句がない。ないのだけど、もっとシンプルにかけないものだろうか。理論の間にいちいち事例が入るので読みにくくて仕方がない。この著者が冗長性を好む人間だとは思えないので、ページ数が少ないと向こうの出版社が出版してくれないとかそういうことなのかね?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
スタートアップに限らず最近のビジネスで考える必要があるポイントを押さえていると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
グルーポンなど実在するサービスがどのように立ち上がったかなどの事例については非常に興味く引き込まれる。
リーン・スタートアップという考え方についても理解をすることができるが、筆者はリーン・スタートアップを正しい手法として称賛しているが、
すべての事業や事柄について、この考え方を適用して実施するのは適切ではないと感じた。

リーン・スタートアップとして成功した企業は、実施の速さとタイミングが適切であったのであり、
なんでも、未熟なまま始めてしまうことと混同してはいけないと感じた。

緻密に計画を行う事には、非常に困難や苦痛が伴う、先に動いてしまった方が楽なことも多い。
しかしながら、コンプライアンスによって個人情報の取り扱い等が非常に厳しくなっている今、
無計画なリーン・スタートアップは先に進むことが難しくなっているのではないだろうか?

この本の中では、実施の速さに非常に重きが置かれている印象を受けたが
計画の深さと実施の速さのバランスが大切なのではないかと感じた。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す