通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
リーン・スタートアップ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯びに傷みがありますが、その他は目立って悪い所は無く綺麗な状態です。 24時間以内に迅速に発送します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

リーン・スタートアップ (英語) 単行本 – 2012/4/12

5つ星のうち 4.1 47件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,180

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • リーン・スタートアップ
  • +
  • Running Lean ―実践リーンスタートアップ (THE LEAN SERIES)
総額: ¥4,320
ポイントの合計: 131pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

Japanese edition of The Lean Startup: How Today's Entrepreneurs Use Continuous Innovation to Create Radically Successful Businesses. Eric Ries teaches how to make a company successful from the start, regardless of world economics. Talks in details the strengths that need to be leveraged, and mistakes that must be avoided. In Japanese. Distributed by Tsai Fong Books, Inc.

内容(「BOOK」データベースより)

思い込みは捨てて、顧客から学ぼう!「構築‐計測‐学習」というフィードバックループを通して、顧客も製品・サービスも生みだし育てるシリコンバレー発、注目のマネジメント手法。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 408ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2012/4/12)
  • 言語: 英語, 日本語
  • ISBN-10: 4822248976
  • ISBN-13: 978-4822248970
  • 発売日: 2012/4/12
  • 商品パッケージの寸法: 13 x 2.8 x 18.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 47件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,007位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
わたしは20代の頃、ラーメン店を営んでいました。競合店の出店により売上が下がる一方、あらゆる試行錯誤を繰り返しました。店舗内の動線の改良によるオペレーションUP、接客マニュアルの作成、割引券の配布、集客UPを見込んだ取組、成果主義による賃金見直し、定期相見積もりによる仕入コスト低減、セットメニュー、備品の更新など。これらはお客様には「要らない」取り組みでした。厳密に言うと優先順位の低いアクションです。一番はお客様のほしいものを提供すること。即ち旨いラーメンを販売することでした。当たり前なのに気付いた時には資金が尽きて閉店しました。閉店間際に自作のラーメンを試販しました。その時のお客様の声を商品に何度も還元し、味もよくなってリピーターもできました。最初からここに注力していればリーンな起業となったはず。この本は実体験のあるわたしには納得の一冊です。
1 コメント 181人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 かさこ VINE メンバー 投稿日 2013/2/15
形式: 単行本
400ページ以上にも及ぶ本だが、
解説の4ページを読めば十分。
この4ページにすべてのエッセンスが詰まっている。
本文は長くてだるくてコンパクトではない。
この本こそリーン・スタートアップして、
端的にわかりやすくした方がいい。
大量生産を前提とした完璧な仕様書をもとに作られた、
まったくリーン・スタートアップではない、
悪い事例みたいな内容に思えてくる。

この本のポイントはたったこれだけ。

お金をあまりかけず、少人数で、
まずは商品やサービスを作ってみて、
その反応を見てから改良すればいい。
だから仕様書や稟議書や計画ばかりに、
莫大な時間やコストをかけるのは無駄。

以上。
1 コメント 191人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
人間誰しも全知全能の神ではありません。初めから、完璧なもの生み出すなんてことは誰にもできません。だったら、初めから完璧を目指すことは諦め、ちょっと好奇心の強い人たちが振り向いてくれればいい程度のものを作り出し、それにどんどんダメだししてもらえばいいじゃないか。リーンスタートアップの基本的な考え方はこんなところではないでしょうか。

「今回のプロジェクトは失敗は許されない。死ぬ気で立ち向かおう!」と言ったプロジェクトに限って大失敗し、それが誰が見ても大失敗なのに、失敗という言葉を口にすることがはばかられ、その失敗は地に潜ります。その失敗は、時をおいてまた再現する。そんな姿を嫌というほど見てきた方はたくさんいるのではないでしょうか。身の程知らずの馬鹿者がトップになり、トップダウンでことを進めると往々にしてこんな事態に立ち至ります。

リーンスタートアップはその対極をなすものです。「ボクは無知で未熟です。初めから、大ヒットするような商品なんて作れません。でも、一部のオタクな人たちが振り向いてくれそうなものなら何とか作れるかもしれません。そんな商品に色んなダメだしをしてもらい、そのダメだしから多くを学び、少しづつ商品を改善していく。こんなことなら、ボクにもできるかもしれません。」私なりのリーンスタートアップの解釈はこんなところです。
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2013/1/16
形式: 単行本 Amazonで購入
「つまりリーン・スタートアップとは、サイクルタイムの短縮と顧客に対する洞察、大いなるビジョン、大望とさまざまなポイントに等しく気を配りながら、『検証による学び』を通して画期的な新製品を開発する方法なのである」。

起業やイノベーションの成功率は一般的に低い。マネージメントに比べると、参考になる手法も十分確立されているとはいえない。本書は、社内での新事業立ち上げも含めた起業において、その成功率を高める方法について解説を試みた本である。著者は3社目の起業であるIMVUの共同創業者として名を上げ、その後ビジネス関連のイベントやビジネススクールで講演を重ねているという。

ベースになっているのは、トヨタの生産方式。そのプロセスを起業家のビジネスプロセス全般に応用したのが、「リーンスタートアップ」である。スタートアップにおいては、製品やマーケティングや業務改善のチューニングが頻繁で、そのために多くの時間が割かれる。このため、最初から複雑な計画を立てようとするのではなく、シンプルに始めると同時に構築―計画―学習のフィードバックループを意図的に継続し、ピボットと呼ぶ方向転換の可能性を念頭に置きながら、柔軟かつスピーディに、製品開発や企画やプロセスを調整してビジネスの成長エンジンを適切で現実的で力強いものに変えてゆくことを説いている。

...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック