通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
リーマン・ショック・コンフィデンシャル(上) (ハ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※ご注文の際は再度送り先のご住所(マンション・アパート名・部屋番号等)ご確認お願い致します。出荷前に検品をしていますが、中古品の為、折れ目、シミ、まれに書き込み等ある場合がございます。万が一、商品に不備がございましたら発送前にメールにて御連絡させて頂きます。(万一の見落としはご容赦下さい)出荷は御注文日の当日or翌日出荷を目指しています。出荷日から1日~4日以内にポスト投函されます。運送会社の遅延にて若干遅れる事もございますのでご了承お願い致します。万が一届かない場合は追跡番号にて検索致しますのでお気軽にメール下さい。経年劣化商品は全体的にヤケがある場合がございますが本編には問題ありません。ISBNナンバーで管理している為ごくまれに出版社が一緒でも表紙画像と異なる場合がございます。※ご了承の上ご注文宜しくお願い申し上げます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

リーマン・ショック・コンフィデンシャル(上) (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) 文庫 – 2014/2/7

5つ星のうち 4.6 23件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,160 ¥ 96
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,015
¥ 1,015 ¥ 110

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • リーマン・ショック・コンフィデンシャル(上) (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
  • +
  • リーマン・ショック・コンフィデンシャル(下) (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
  • +
  • 世紀の空売り―世界経済の破綻に賭けた男たち (文春文庫)
総額: ¥3,024
ポイントの合計: 93pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

気鋭のジャーナリストが鋭く抉りだすリーマン・ショックのセンセーショナルな内幕。800‐CEO‐READビジネス書大賞受賞作。《フィナンシャル・タイムズ》紙の年間ベスト・ビジネスブックに選出。金融ノンフィクションの傑作

みずからの利益か、世界金融システム破綻の回避か? 迫り来る未曾有の危機に際して、リーマン・ブラザーズCEO、ポールソン財務長官、バーナンキFRB議長、ガイトナーNY連銀総裁、ウォーレン・バフェット、そして巨万の富を稼ぐウォール街のトップは、何を考え、何を語り、いかに行動したか?

内容(「BOOK」データベースより)

みずからの利益か、世界金融システム破綻の回避か?迫り来る未曾有の危機に際して、リーマン・ブラザーズCEO、ポールソン財務長官、バーナンキFRB議長、ガイトナーNY連銀総裁、ウォーレン・バフェット、そして巨万の富を稼ぐウォール街のトップは、何を考え、何を語り、いかに行動したか?気鋭のジャーナリストが抉りだすリーマン・ショックのセンセーショナルな内幕。800‐CEO‐READビジネス書大賞受賞作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 476ページ
  • 出版社: 早川書房 (2014/2/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150504016
  • ISBN-13: 978-4150504014
  • 発売日: 2014/2/7
  • 商品パッケージの寸法: 15.6 x 10.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 51,393位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 アメリカの金融危機における、ベア・スターンズの破綻から、リーマン・ブラザーズの破綻、最終的な公的資金注入までの流れを詳細に追ったノンフィクション。取材が本当に徹底していると感心させられる。インサイダーと思われる情報も満載で、非常に興味深く読んだ。日本であれば関係者が口を閉ざしてしまうところだが、アメリカだとジャーナリズムへの対応が違うのだろうか。あるいは、著者の取材力なのだろうか。原注を見ると、政府関係の情報開示も多いようだ。
 非常に大部だが、小説仕立てで読ませるので、まったく苦にならず、上下巻を一気読み。正直、下手な小説より面白い。とくに、ポールソン財務長官、ガイトナーNY連銀総裁、ウォーレン・バフェット、さらには投資銀行のCEOたちのキャラクターがあまりに濃く、彼らの言動や行く末が気になって気になって仕方なかった。また、三菱UFJがモルガン・スタンレーに振り出した90億ドルの小切手の現物写真が生々しくて良い。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
(レビューは下巻を合わせての感想です。)
圧倒的な迫力で事実の確信に迫る著者の筆力にまずは脱帽。日本では何か事件があるとすぐに陰謀論などに飛びつくが、これを読めばわかる通り、人間の業というか欲というか、そのぶつかり合いが全てであり、そこにこそ真のドラマがあるという事でしょう。
金融ビジネスに詳しくない方には確かに難しいと思われますが、それでもこの人間ドラマを是非読んで欲しい。特に、一番のクライマックスは、リーマン救済の最後の最後で英国政府に裏切られた関係者の怒り、落胆(しかも英国系銀行であるバークレイズは結局リーマンのビジネスの一番おいしいところを破産後に安値でかっさらっていくのだから)、そしてリーマンCEOのファルドが「全ては終わった」と寂しく妻に報告するところなどで、それまでにさんざん儲けていただろうが、という批判すらどこかへ吹っ飛んでしまいそうなくらいに悲劇的で、同情の念すら湧いてきます。

関係者がよく証言しているのがアメリカ的という声も他のレビューワーの方からありました。確かにその通りでしょうが、本書を読んだ人には、日本の長銀破綻(とその再生)を書いたジリアン・テットの「セイビング・ザ・サン」や藤井良弘の「金融再生の誤算」という本も読み比べてみて欲しいです。本書ほどではないですが関係者の証言が多くの載っているので(ちょうど金融機関破
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
歴史的な出来事ゆえに、これまでにリーマンショックを題材とした本は数えきれない程出版されてきた。しかし、リーマンショックについて何かを語る時に、数多くある本の中、本書を読んでいないというなら、それはリーマンショックについてほとんど何も知らないと言っているのと同じではないだろうか?リーマンショックで本当に何が起こっていたのか?それを知るにはこの本を読むしかない。

著書では、200人近くに及ぶ当時の関係者へのインタビューから当時実際に交わされた会話内容や行動が克明に再現されており、詳細なドキュメンタリーとなっている。
 そして、その描かれた会話と行動が、当時の空気感や関係者達の心情を鮮やかに浮かび上がらせている点で秀逸だ。分刻みで変わるジェットコースターのような展開の中、翻弄される者、狼狽える者、または気丈にも立ち向かおうとする者、関係者ひとりひとりが登場人物として配役され、それぞれのドラマを織りなしている。そのドラマ性ゆえに、本書はドキュメンタリーでありながら極上のエンターテイメント小説として仕上がっているのだ。

例えば、Greed(強欲)の代名詞にもなったリーマンブラザーズの元CEOであるリチャード・ファルドひとりをとってみても、ワンマン、冷徹、強欲といったテレビや記事でよく見られた人物像とはまったく別の顔を見つける事が出来る
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 祭りの後 VINE メンバー 投稿日 2012/4/15
形式: 単行本
遅ればせながらという感覚で、このノンフィクションを読んだ。最近のギリシア危機やユーロ危機を見ると、いかにリーマン・ショックの影響が長く尾を引いているのかがわかり感慨深いものがある。多くの方々が既に解説されているように、この書物が第一級のノンフィクションであることに間違いはない。リーマン・ショックに関わった当事者達の証言は、ノンフィクションならではの醍醐味がある。出雲優生は小説「石神井橋」の中で、リーマン・ショックに翻弄された一金融マンの姿を描き、また株式市場に与えた影響を見事に解説してみせたが、「リーマン・ショック・コンフィデンシャル」はリーマン・ショックの震源地が舞台であり「石神井橋」では不明とされていた事実も明らかにされていてなるほどと頷いてしまう。不思議に思えるのは、ある意味リーマン・ショックの「原因」となった格付け会社の安易な格付けが、今は国家の債務に関わって未だにその影響力を失っていないということだろうか。国家の命運が、格付けのようないい加減なものに左右されていいものかと、首を傾げてしまう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック