通常配送無料 詳細
通常1~3週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 松栄(shouei)
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2014年。カバー、小口に多少の使用感があります。本文は書き込みもなく良好な状態です。【Amazonによる保管・管理・発送を行っておりますので、安心・迅速な対応はもちろん、代引きやお急ぎ便などの発送オプションも利用可能です】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

リーマン・ショック・コンフィデンシャル(上) (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) 文庫 – 2014/2/7

5つ星のうち 4.6 25件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,000 ¥ 92
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,015
¥ 1,015 ¥ 172

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • リーマン・ショック・コンフィデンシャル(上) (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
  • +
  • リーマン・ショック・コンフィデンシャル(下) (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
  • +
  • 世紀の空売り―世界経済の破綻に賭けた男たち (文春文庫)
総額: ¥3,024
ポイントの合計: 93pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

気鋭のジャーナリストが鋭く抉りだすリーマン・ショックのセンセーショナルな内幕。800‐CEO‐READビジネス書大賞受賞作。《フィナンシャル・タイムズ》紙の年間ベスト・ビジネスブックに選出。金融ノンフィクションの傑作

みずからの利益か、世界金融システム破綻の回避か? 迫り来る未曾有の危機に際して、リーマン・ブラザーズCEO、ポールソン財務長官、バーナンキFRB議長、ガイトナーNY連銀総裁、ウォーレン・バフェット、そして巨万の富を稼ぐウォール街のトップは、何を考え、何を語り、いかに行動したか?

内容(「BOOK」データベースより)

みずからの利益か、世界金融システム破綻の回避か?迫り来る未曾有の危機に際して、リーマン・ブラザーズCEO、ポールソン財務長官、バーナンキFRB議長、ガイトナーNY連銀総裁、ウォーレン・バフェット、そして巨万の富を稼ぐウォール街のトップは、何を考え、何を語り、いかに行動したか?気鋭のジャーナリストが抉りだすリーマン・ショックのセンセーショナルな内幕。800‐CEO‐READビジネス書大賞受賞作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 476ページ
  • 出版社: 早川書房 (2014/2/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150504016
  • ISBN-13: 978-4150504014
  • 発売日: 2014/2/7
  • 商品パッケージの寸法: 15.6 x 10.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 22,972位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
私自身、金融業界に勤めていることから、リーマンショックを思い出して、「いったいあれはなんだったんだ?」ということを強く感じていました。
本書は、まさにそれに全力で答えてくれました。

筆者は、ニューヨークタイムズのトップ記者が入念な取材をベースに、
・金融当局(連銀、そのボスのFRB)
・財政当局
・各米国投資銀行
・各米国商業銀行
を軸に、とても「人間くさい」、2年にわたるドラマを展開していきます。そこには、投資銀行のCEOも所詮は人間であり、陰謀などもなく、信用収縮を前に必死にその穴を埋めようとする人間の「あがき」がよく読めてきます。

問題を浮き上がらすため、各ステークホルダのルーツや歴史も深く言及されており、それぞれの行動パターンも読めてきたうえで、リーマンショック、その時を迎えるため、読者にとっては手に取るように状況が分かります。上下巻ともに大作ではありますが、頑張って読み通す価値はたぶんにあります。

「人間のあがき」とはいえ、みんなが高級住宅街からヘリで出勤するとかは、意味不明としか言いようがありませんし、いったい格付け機関はなんなんだという胸糞の悪さは依然残りますが、前を向いて日々働いていくしかありませんね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
世界金融危機についてなにか読みたいと思い本書を手にとった。

この本はあくまでリーマンショックが主題となっているため、アメリカ住宅バブルの発生起源の様子や
その貸付が金融商品になる仕組み(CDO)、さらにそれが焦げ付くことの保険(CDS)の説明などには
ほとんどページがさかれていない。
自分は世界金融危機とリーマンショックを混同していたため、それの学習のために
本書を手に取った為若干違和感というか、期待を裏切られたかのような感覚になった。
その点はネットで外延情報を補足しながら読んだ。

リーマンブラザーズの株価が急落していく様が膨大な証言資料を元に記されている。
あくまで証言者の主観と筆者の表現に依ることを差し引いても、臨場感を感じ、
経済小説のように読める。

ただ登場人物と所属会社が多く、それを都度確認しながら読まなかった為
誰がどういう立場(救う側か、救われる側か、買う側か、買われる側か)を見失ってしまった。
また時間軸であるが、後半はそれ通りに話が展開するが、前半に読みつつ時系列を見落としてしまい
どのような時間軸で話が進んでいるのかわからなくなってしまった。
さらに登場人物の出自が都度挟まれるため自分は
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 アメリカの金融危機における、ベア・スターンズの破綻から、リーマン・ブラザーズの破綻、最終的な公的資金注入までの流れを詳細に追ったノンフィクション。取材が本当に徹底していると感心させられる。インサイダーと思われる情報も満載で、非常に興味深く読んだ。日本であれば関係者が口を閉ざしてしまうところだが、アメリカだとジャーナリズムへの対応が違うのだろうか。あるいは、著者の取材力なのだろうか。原注を見ると、政府関係の情報開示も多いようだ。
 非常に大部だが、小説仕立てで読ませるので、まったく苦にならず、上下巻を一気読み。正直、下手な小説より面白い。とくに、ポールソン財務長官、ガイトナーNY連銀総裁、ウォーレン・バフェット、さらには投資銀行のCEOたちのキャラクターがあまりに濃く、彼らの言動や行く末が気になって気になって仕方なかった。また、三菱UFJがモルガン・スタンレーに振り出した90億ドルの小切手の現物写真が生々しくて良い。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
あたかもテレビ・カメラとマイクが入り込んでその場を記録したかのような詳細かつ稠密なディテールの積み上げが凄い。記者魂を感じさせる正に迫真の金融ノンフィクション。特に、当事者が互いに疑心暗鬼・自縄自縛となり、自分で自分の運命を決められなくなっていく様に、この手の危機の本質(あるいは人生の儚さ)を見た。

「噂は押しつぶさなければならない。噂を放置すれば、自己達成的な予言となる」(35頁)。
「ガイトナーは、クレジット・デリバティブ-投資家が取引相手の債務不履行から身を守るために買えるさまざまな形態の保険-の爆発的成長は、債務不履行のドミノ効果を生むことによって、最終的に投資家を守るどころか危うくする可能性がある、と長年警告を発してきた」(104頁、保険があるが故に早く債務不履行になってもらった方が債権を回収できてしまうという逆説)。
「彼(=ガイトナー)の考えによれば、リスクの分散は、それがなければ隔離できていた問題を悪化させる効果がある」(112頁)。
「彼(=グレゴリー)は全盛期においてさえ大きな取引を呼びこんだことがなく、みずから交渉するのも得意ではなかった。彼の仕事はいわばファルドの無二の親友でいることで、それが続くかぎり、あらゆる権限を手にしていた」(195頁)。
「グレゴリーは現状を知らなさすぎると彼らは思った。
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー