リーチング・イントゥ・インフィニティ(初回限定盤)... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,840
通常配送無料 詳細
発売元: T.K.M
カートに入れる
¥ 4,840
通常配送無料 詳細
発売元: WhiteHat (コンビニ決済,代引き決済,コンビニ受取,速達に対応)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

リーチング・イントゥ・インフィニティ(初回限定盤)(DVD付) CD+DVD, Limited Edition

5つ星のうち 3.9 17件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,840 通常配送無料 詳細
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、loopストア【迅速配送・年中無休】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:12¥ 3,117より 中古品の出品:4¥ 3,050より
この商品の参考価格は¥3,374(税込)です。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ドラゴンフォース ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • リーチング・イントゥ・インフィニティ(初回限定盤)(DVD付)
  • +
  • Unlimited Diffusion(CD+DVD)
総額: ¥8,085
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2017/5/17)
  • ディスク枚数: 2
  • フォーマット: CD+DVD, Limited Edition
  • レーベル: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 75 分
  • ASIN: B06XH1Z5NP
  • JAN: 4943674259557
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 1,969位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. リーチング・イントゥ・インフィニティ
  2. アッシィズ・オブ・ザ・ドーン
  3. ジャッジメント・デイ
  4. アストラル・エンパイア
  5. カース・オブ・ダークネス
  6. サイレンス
  7. ミッドナイト・マッドネス
  8. ウォー!
  9. ランド・オブ・シャッタード・ドリームズ
  10. ジ・エッジ・オブ・ザ・ワールド
  11. アワ・ファイナル・スタンド
  12. ヘイトリッド・アンド・リヴェンジ [BONUS TRACKS]
  13. イーヴル・デッド [BONUS TRACKS]
  14. グロリア (日本盤ボーナス・トラック)

ディスク:2

  1. ホールディング・オン
  2. ヒーローズ・オブ・アワ・タイム
  3. オペレーション・グラウンド・アンド・パウンド
  4. ホールディング・オン (マルチ・アングルズ)
  5. ヒーローズ・オブ・アワ・タイム (マルチ・アングルズ)
  6. オペレーション・グラウンド・アンド・パウンド (マルチ・アングルズ)

商品の説明

メディア掲載レビューほか

“LOUDPARK 14,15”での連続来日が記憶に新しい、グラミー賞“ベスト・メタル・パフォーマンス”部門ノミネートや、ハロウィンやアイアン・メイデンのサポート・アクトを務めた過去もある実力派バンド、ドラゴンフォースの7枚目のアルバム! (C)RS


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
今回はこれまでのドラゴンフォースの疾走感を残しつつ他のジャンルも取り込んだ少し新しい作風となっており、素晴らしいですし聞き応えもあります。作風を変えると頭の固いメタルファンにらしくない、昔の方が良かったと言われ、昔と同じような感じだとマンネリ化などと言われてしまいメンバーも大変とは思いますがこれからも唯一無二の作品を作っていって欲しいです。ボーナストラックのGloriaカバーは感涙ものです
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
みんな大好きDragonforceの2017年作です。
Helloweenの来日に前座で来たのを懐かしく思います。
今作を聴いてまず思ったのは、歌メロの質の低下です。
Dragonforceと言えば圧倒的な速度に、サビだと思っていたらその後がサビだったみたいな凄まじい歌メロが売りのバンドだったはずです。
今作は印象に残る歌メロが少ないように感じました。
Voのグロウルだったり新機軸はあるんですが、Dragonforceにはそれよりも圧倒的な速さの中に流れるクサすぎる歌メロを求めてしまいます。
その辺のバンドには到達できないような作品であることには違いないんですが、このバンドはそれ以上のものを作れるはずです。
聞き込みが足りないのかも知れませんが、現段階ではそう感じてしまいました。
14曲中、イントロを除く11曲で疾走していて速さの面では満足です。
ただ、10分越えの曲はいらなかったかもしれません。
Helloweenの『Halloween』のようだとインタビューで言っていましたが、あの曲のような完成度、高揚感は感じられませんでした。
ZIGGYのカバーは秀逸な出来です。
サムやヴァディムのDragonforceらしい曲がもっと聴きたいと思ってしまいました。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
フレデリックの曲が多く確かに幅は広がったと思います
でも私はやっぱりサムの作るくさいメロディ、ハイトーンであってこそdragonforceらしくて好きです
Maximum Overloadは結構ハイトーン多くて好きだったんですけどね、、
後、DVDのマルチアングルなんですが四分割されてるだけで微妙でした
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
メロディックスピードメタルバンドDRAGONFORCEの7thアルバム。1stから6thまでの範囲で選曲されたベストアルバムを挟んでの新作です。マーク・ハドソンが加入して3枚目のアルバムです。

疾走一辺倒ではなくミドルテンポのパートも設けて速いパートをより際立たせる聴かせるというマーク加入後の路線を引き継いでいます。ベタなバラード、スラッシュメタル系の激しい曲、11分の大作などバラエティ豊かですが、いずれもDRAGONFORCE色に染められていて聴き応えがありました。

日本盤ボーナストラックのZIGGYの「Gloria」はサビの部分でのマークの意外にも流暢な日本語歌唱とオリジナルを完全無視したテクニカルな間奏が印象的でした。

初回盤ボーナストラックは「Hatred And Revenge」と「Evil Dead」の2曲ですが、アグレッシブな「Evil Dead」が特に気に入りました。DVDに収められたライブ映像は3曲とも代表曲ですが、マルチアングルは要らないのでもう少し曲数が多い方が嬉しかったです。
1 コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
イギリスの高速メタルバンド ドラゴンフォース。正直興味もあまりなかったのだが、
なんだかモダンなジャケットを見て
バンドの本気度のようのものも感じて(謎)
興味がわいたので久々に聴いて見ました。
短いインスト#1の後、いつものように
爆走するするのかと思ったが
想像とは違う疾走の違いでちょっと意表を突かれる。
というか以前のような速さに任せて
疾走するという感じじゃないんだろう…。
…今までのようにただ速いだけのサウンドから
変化を加えてきたと思ったが、
#3になったらいつもの…、ブラストビートを絡めた
爆走&躁メロディ、そしてお約束の
ピロピロギターバトルという
我々が想像しているようなドラフォサウンドで
安心した。その後もハードコアと間違えそうなノリのような
爆走スタイルで疾走するわけだが。
というか今作に限ってはそういう部分が強く感じる。ZIGGYのカヴァー、グロリアをドラゴンフォースが、歌うとまさに、スピードメタル風のグロリアになっていて、結構良い。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー