通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
リーダーのための「レジリエンス」入門 (PHPビジ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■書き込みやマーカー等の線引きはございません。■ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■商品によってはAmazonの商品画像と異なる場合があり、発行年月日や翻訳者が違う場合がございますので事前にご連絡をください。また、帯は付帯していない場合がございますのであらかじめご了承ください。■ご注文確定後48時間以内に発送いたします。■発送は原則ゆうメールとなります(配送方法はAmazonの規定に沿って発送いたします)。※【返金返品について】商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたらAmazonの規定に準じて誠意を持って対応させていただきますのでご連絡ください。なお、コンディション、配送並びに返金返品につきましては事前にAmazonのヘルプページをご確認ください。【特記】ゆうメール(日本郵便)は日祝配送休み、追跡番号はありませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

リーダーのための「レジリエンス」入門 (PHPビジネス新書) 新書 – 2014/12/18

5つ星のうち 4.2 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 961
¥ 961 ¥ 98

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • リーダーのための「レジリエンス」入門 (PHPビジネス新書)
  • +
  • 世界のエリートがIQ・学歴よりも重視!  「レジリエンス」の鍛え方
  • +
  • レジリエンスの教科書: 逆境をはね返す世界最強トレーニング
総額: ¥4,417
ポイントの合計: 134pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

今話題の「レジリエンス」。ゴールドマンサックスやロイヤルダッチシェルなどの海外企業では、以前よりレジリエンス研修がおこなわれてきた。昨今、日本でもこれに続く企業が増えている。レジリエンスを意訳すれば「打たれ強さ」と置き換えられる。そして「打たれ強さ」こそが、今後のリーダーシップのカギになる。時代が変わり、カリスマタイプではない人物が活躍するときがやってきたのだ。「また新しいスキルを身につけるのか……」と思われた方には朗報だが、レジリエンスは誰にでも本来備わっている力である。要は、あるものを磨くことが課題となる。本書では、レジリエンス・リーダーの特徴として5つの強みを設定し、現在活躍するリーダーらの赤裸々な告白を交えながら解説する。「レジリエンス・リーダーになるための必読書15冊」や「レジリエンス・リーダーの7つの習慣」など、すぐに活かせる便利なまとめつき。

内容(「BOOK」データベースより)

「いかにもリーダー」なあの人より、「ちょっと自信がない」人のほうが、うまくいくという事実。ハイプレッシャー社会において、求められるリーダーは「強権型」から「打たれ強いタイプ」へと変容した!ゴールドマンサックス、ロイヤルダッチシェル…世界最強の企業も取り入れる「レジリエンス」とは?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 238ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2014/12/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569821677
  • ISBN-13: 978-4569821672
  • 発売日: 2014/12/18
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 41,019位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
★★★★
「レジリエンス」が求められるようになってきたのは、社会が知識労働で満たされ、変化のスピードが物凄くはやくなり、多様になったため。
経験に裏打ちされた従来型のカリスマ的なリーダーシップでは、最前線にいる社員をエンパワーし、組織やチームを前に進めることが難しくなってきている。
そんな社会の中で、様々なストレスに晒されながらも、強いリーダーシップを発揮できるためのテクニックを、身近な具体的な何人かのリーダーの例を紹介しながら、説明してくれている。
巻末の推薦図書、および【レジリエンス・リーダーのための7つの習慣】
は、リーダーとしての道を切り拓くのに役立ちそうなので、活用させてもらいます。
2015/11/10
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
参考になりました。特に飲食店経営者の方の青天の霹靂の出来事にも強い心で乗り越えたお話が良かったです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「レジリエンス」という最近よく見かけるキーワードが気になり購読しました。
一言で言うと『打たれ強さ』(類書では適応力・柔軟性・楽観性といった要素を挙げています)

本書でも「肝の据わった楽観力」(第1章)、「持続可能な熱意」(第2章)、「聖人君子でない利他性」(第3章)、「根拠ある自信」(第4章)、「意志の力が支える勇気」(第5章)が、レジリエンスの要素だと主張しています。

こういう要素は自己啓発では必ず出てくる基本だと思います。この本・著者の特徴は、こういう要素を「実例」と勝ち気を誘うカタカナ言葉で裏づけることでしょう。「グリット」「ハイポテンシャルリーダー」「ギバー」「ベイビーステップ」「トリガーイベント」……好き好きだと思いますが。
著者がやっているというセミナーでこういう言葉を聞くと、たしかにヤル気になれるのかもしれないと思います。

個人的には、「一流」「リーダー」をめざせ、とたきつけているような中身は、相当「昔」の価値観のような気がして、読んでいて息苦しくなりました。

書籍紹介によるとレジリエンスは、アメリカで開発され、欧州で研究が進められ、ゴールドマンサックスやロイヤルダッチシェルなどの海外企業でも研修に使われているのだそうです。日本で紹介されるのは著者の本が「初」
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
レジリエンスという言葉をちらほら目にするようになり、手に取った。
外資系バリバリの理論かと思っていたが、いい意味で予想を裏切られた。
この本ではレジリエンスを「打たれ強さ」と意訳している。そして、これから活躍できるリーダーは、カリスマ性があったり自信満々の人というよりも、苦難に耐え乗り越えられるタイプの強さをもっている人だという。変化に富む激動の時代には、レジリエンス・リーダーが必要だというのが著者の主張だ。
面白かったのは、レジリエンス・リーダーとして登場する様々な人物たちである。稲盛氏やテラモーターズの徳重氏など有名どころの他に、著者がかつて勤務していたP&Gの辣腕CEO(現在は退職)マクドナルド氏、さらには現役飲食店経営者や国内外企業のトップから社員まで、幅広い人物に焦点を当て深い洞察を行っている。ほとんどの人物に取材をしているところも好感がもてた。
巻末にレジリエンス・リーダーになるための習慣がまとめられており、こちらも個人的にとても参考になったが、この習慣が巻末ではなく、本編で紹介される各エピソードとひもづけられていたら、もっと理解が深まったのではないかと感じたので星1つだけ減。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
帯に書かれている“「打たれ強いタイプ」へと変容”というコメントに惹かれ購入。
自分自身、普段よく打たれているだけに。

レジリエンスリーダー=「打たれ強いリーダー」であり、
「打たれ強いリーダー」になるための考え方、方法が書かれている。

個人的な印象としてはレジリエンスリーダー“論”である。
世で活躍されている著者の方の周囲にいるリーダー達をモデルとして「打たれ強いリーダー」はこうあるべきという理論を展開している。
具体的な事例を元に話が進むため理解しやすい。
“論”と言ったのはご自身の経験ではなく、他者を研究した結果という認識のため。

本文に加えて
・【レジリエンスリーダーのなるための必読の15冊】で他者著の本が15冊紹介
・【今日からできる!レジリエンスリーダーの7つの習慣】
の付録付き。
特に【今日からできる!レジリエンスリーダーの7つの習慣】は総括して、とりいれるべき習慣が紹介されており、一読した後、行動、思考の習慣化をするのに役立つ。
裏表紙にまずは【今日からできる!レジリエンスリーダーの7つの習慣】からでもとあり、そうしてみたが、やはりひと通り読んだ後の方が納得感はある。

★を5つではな
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告