¥ 2,592
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシン... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
8点すべてのイメージを見る

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice) 単行本(ソフトカバー) – 2012/6/23

5つ星のうち 4.6 60件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 2,100

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)
  • +
  • プリンシプル オブ プログラミング3年目までに身につけたい一生役立つ101の原理原則
  • +
  • コーディングを支える技術 ~成り立ちから学ぶプログラミング作法 (WEB+DB PRESS plus)
総額: ¥7,636
ポイントの合計: 232pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「美しいコードを見ると感動する。優れたコードは見た瞬間に何をしているかが伝わってくる。そういうコードは使うのが楽しいし、
自分のコードもそうあるべきだと思わせてくれる。本書の目的は、君のコードを良くすることだ」(本書「はじめに」より)。

コードは理解しやすくなければならない。本書はこの原則を日々のコーディングの様々な場面に当てはめる方法を紹介します。
名前の付け方、コメントの書き方など表面上の改善について。コードを動かすための制御フロー、論理式、変数などループとロジックについて。
またコードを再構成するための方法。さらにテストの書き方などについて、楽しいイラストと共に説明しています。

日本語版ではRubyやgroongaのコミッタとしても著名な須藤功平氏による解説を収録。

内容(「BOOK」データベースより)

コードは理解しやすくなければならない。本書はこの原則を日々のコーディングの様々な場面に当てはめる方法を紹介する。名前の付け方、コメントの書き方など表面上の改善について。コードを動かすための制御フロー、論理式、変数などループとロジックについて。またコードを再構成するための方法。さらにテストの書き方などについて、楽しいイラストと共に説明する。日本語版ではRubyやgroongaのコミッタとしても著名な須藤功平氏による解説を収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 260ページ
  • 出版社: オライリージャパン (2012/6/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4873115655
  • ISBN-13: 978-4873115658
  • 発売日: 2012/6/23
  • 商品パッケージの寸法: 2 x 15 x 21 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 60件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 964位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
この本の最大の価値は、
「コードは、読むものであり、書くものではない」
という「視点の転回」をさせてくれることにあります。

その観点を底流に、
豊富なシチュエーションとその具体例をわかりやすく紹介することで、
確実に「読みやすいコードを書く力」を引き上げてくれます。
読んでおくべき書籍です。

------

ただし、(ここからはこの本の話ではありませんが、)
「この次」が重要だと考えます。

リーダブルであることはコードの最重要課題のひとつですが、
メンテナブルなコードを書くという意味では、これで十分ではありません。
まだやることはあります。

その力をつけるには、やはり
コンストラクション(実装、コーディング)の実践知識としての
「コードコンプリート」
プログラミング全般の理論知識としての
「プリンシプル オブ プログラミング」
の学習が必要になると思います。

リーダブルコードを含め、これらを抑えれば、
おおむねよいプログラマへの道筋の目途は立つと考えます。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本は本当に「読み易く」「面白い」本だった。
本書は名前もさることながら、目的も“本書の目的は、読みやすいコードを書くことである。”という具合に非常に「読み易い(理解し易い)」ものだ。また、本の中に1〜2週間程度で読んで欲しいと書かれていたが、届いてから4日、月曜日と水曜日は勉強会と懇親会に参加したので実質2日で最後まで読む事ができた。というか気になってしまって読み切ってしまったというのが正しいだろう。

自分もエンジニアの端くれとして、幾つかの原則に従ってコードを書いてきた。それは「グローバル変数は悪だ」、「短いことは良いことだ」、「コメントは分かる様に書く」等々。

しかし、本書を読み進めていくと、従っていたそれらが実はズレているということがまざまざと分かる。それも納得いかないというものではなく、その考えが自然と腹に落ちていくものばかりなのだ。

例えば、P.85 今も「ヨーダ記法」は便利なの?がそれだ。ヨーダ記法というのは、
if (NULL == obj) ...
という順番で書く記法である。
これは
if (obj == NULL) ...
を意図して書いたコードが以下の様に書く人が多かったので、
if (obj = NULL) ...
続きを読む ›
コメント 179人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ソースコードをきれいにすることは、以降の派生開発(ソースコードの変更)の際のQCD向上につながります。そのための、ソースコードを如何にきれいに作るかの方法論を述べた本です。

文章が平易なのと、図解 ( 漫画チックな絵で説明 ) が多く、非常にわかりやすいです。ソースコードの読み手( レビューア、派生開発の担当等々 )の負荷を軽減しQCDを向上するための知見を吸収できました。

自分が受け持ったコンポーネントで、リファクタリングが必要になり、知識を補強したかったというのが、読んだ経緯です。私はソフトの構造面から見直しを行いましたが、現場では開発フェーズに応じて選択肢が限られていることもあります。その点、本書の構成は、読み手の開発者が取組みやすい順に説明されています。取組みやすい順というのは、修正の影響リスクが小さい順ということです。

本書の説明内容は以下の三つに大別されます。

(1) 表面上の改善( 情報の密度向上 )
・ 命名の情報は必要十分で具体的に
・ 全般的な可読性向上
・ コメントにコードの意図付加など

(2) ループとロジック単純化( 全貌把握の容易化 )
・ 条件分岐の表現単純化、ネストを浅くする
・ 巨大な式の隠
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
プログラマとして経験を積んでいくと、どうしても我流な部分が出てくる。それは自分に最適化されたものなので、他人から見ると分かりづらいことが多い。この本はそういう自分最適化されたコードを最大多数が最大利益になるようにシフトする指南書となっている。
つまり、他人(未来の自分も含む)のためにコードを書くことは常に見えない監視者とともに書くことに他ならない。それを苦痛ととらえるか、義務ととらえるか(快感ととらえる人はいないだろう)は人次第。しかし、そこで払ったことに対する対価は必ず大きな利益となって戻ってくる。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック