中古品
¥ 1,300
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 表紙にわずかなスレ、使用感が確認できますが紙面の状態は非常に良好です。稀に値札シールがついている場合がございますが、納品書の記載価格となります。丁寧な検品、迅速な発送でゆうメールにてお届けいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

リヴァトン館 単行本 – 2009/10/16

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他(18)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 4,313 ¥ 1,637
単行本, 2009/10/16
¥ 1,300
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 4,238 ¥ 1,376
CD, Audiobook
"もう一度試してください。"
¥ 15,468
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

メイドが語る、由緒正しき貴族の館で起きた悲劇。
哀しく、美しいゴシック風サスペンス


「好きなものを全部詰め込んだ
『私の宝箱』のような作品。
作者が他人とは到底思えません」――森薫さん(『エマ』漫画家)推薦!


イギリス『サンデータイムズ』ベストセラー1位
amazon.comベストブック・オブ・2008

-------------------------------------------

由緒正しきリヴァトン館に仕えたメイドとしての日々。
笑いさざめく貴族の娘達、厳格な執事の小言、心躍る晩餐会、
贅を尽くした料理の数々――
死を目前にした老女の回想は懐かしい日々をめぐり、
やがてあの悲劇へたどり着く。
思い出というにはあまりに濃密な記憶・・・・・。

-------------------------------------------

老人介護施設で暮らす98歳のグレイス。
ある日、彼女のもとを新進気鋭の映画監督が訪れる。
1924年に「リヴァトン館」で起きた悲劇的な事件を映画化するにあたり、
ただひとりの生き証人であるグレイスにインタビューしたいと言う。
封じ込めていた「リヴァトン館」でのメイドとしての日々が
グレイスのなかで鮮やかに蘇る。
ふたりの美しいお嬢様、苦悩する詩人、厳格な執事、贅をつくした晩餐会――
そして、墓まで持っていこうと決めたあの悲劇の真相も。
死を目前にした老女が語り始めた真実とは・・・・・。

滅びゆく貴族社会の秩序と、迫りくる戦争の気配。
時代の流れに翻弄された人々の愛とジレンマを描いた美しいゴシック風サスペンス。

内容(「BOOK」データベースより)

老人介護施設で暮らす98歳のグレイス。ある日、彼女のもとを新進気鋭の映画監督が訪れる。1924年に「リヴァトン館」で起きた悲劇的な事件を映画化するにあたり、ただひとりの生き証人であるグレイスにインタビューしたいと言う。封じ込めていた「リヴァトン館」でのメイドとしての日々がグレイスのなかで鮮やかに甦る。ふたりの美しいお嬢様、苦悩する詩人、厳格な執事、贅を尽くした晩餐会―そして、墓まで持っていこうと決めたあの悲劇の真相も。死を目前にした老女が語り始めた真実とは…。滅びゆく貴族社会の秩序と、迫りくる戦争の気配。時代の流れに翻弄された人々の愛とジレンマを描いた美しいゴシック風サスペンス。イギリス『サンデータイムス』ベストセラー1位、amazon.comベストブック・オブ・2008。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 610ページ
  • 出版社: 武田ランダムハウスジャパン (2009/10/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4270005424
  • ISBN-13: 978-4270005422
  • 発売日: 2009/10/16
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 747,257位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 渡辺由佳里 トップ500レビュアー 投稿日 2009/5/12
形式: ペーパーバック
若き詩人R.S. Hunter の悲劇的な自殺を描く映画の製作者が、現場にいた者のなかで唯一の生存者である98歳のGraceに接触してくる。それをきっかけにGraceは忘れたかったRiverton Houseのことを思い出す。
第一世界大戦前の1914年の英国。母子家庭で育った14歳のGraceは、母が以前奉公していたRiverton Houseで住み込みのメイドになる。上流階級の者は使用人を人間として考慮しないのでGraceは透明人間のように家族の多くの秘密を目撃するようになる。無口な母との孤独な生活に慣れていたGraceが強く惹かれたのは、館の主Lord Ashburyを訪問していた孫のDavid, Hannah, Emmelineと彼らの秘密の遊び「The Game」だった。Hannahと同い年のGraceは、使用人の立場は超えないもののHannahの秘密の守り人として特別な親密さを与えてもらう。
Davidの高校の友人Robbie Hunterの訪問をきっかけに3人の兄妹の関係にひびが入り、その後の第一次世界大戦により、それまで安定していたRiverton Houseのupstairs(上流階級の家族)と downstairs(使用人たち)の世界はどちらも大きく変貌する。
GraceはHannahへの忠誠心のために自分自身の個人的な幸福をあきら
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
かつてジュリエット・ビノッシュとラルフ・ファインズの名作「嵐が丘」の冒頭のシーンで作者のエミリー・ブロンテが荒野にたたずむ廃墟を訪れ、かつての栄華と衰退そして歓喜と悲劇をイメージしたのと同様に、イギリスにはこういった廃墟や一般公開された城、そしてマナーハウスを訪れるたびに私自身もさまざまな映像をめぐらせては想像力を働かせて楽しんだりしている。
自分自身がこのイギリス/スコットランドに身を寄せてから、この地の歴史や文学そして文化が曲がりなりにもしみこんでいる現在。
コスチュームものは、ハリウッド映画よりもBBCの多くの優秀なドラマがちまたに溢れている。
年末になると、筆頭株主であるディケンズを先頭にジェーンオースティンやブロンテ姉妹、シャーロックホームズ、アガサクリスティーなどなどのコスチュームもののドラマが目白押しになる。
そういうモノを見慣れているせいだろう、やはり自分はこのイギリスの歴史を背負ったドラマが大好物である。

第一次世界大戦の足音が近づくイングランド。
男たちの思いを他所に上流貴族社会では華やかさに贅を尽くしていた。
母親が仕えてきたリヴァトン館へ14歳という少女グレイスが奉公に出る。
館には自分と同じ歳のハナがいた。
だが、彼女は上階で自分は下階。
ハナに
...続きを読む ›
1 コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mix juice VINE メンバー 投稿日 2010/6/30
形式: 単行本
元侍女がお嬢様やお嬢様のご家族について、回想形式で語るという、私としてはツボの小説。時代の描写もしっかりとして、こなれて無理がなく、寄り道ばかりのような話の内容も素晴らしくて惹きつけられる。かなり長い小説だが、一度も読むのを止めたいとは思わなかった。むしろ、終わらないでくれという気持ちになった。
こういった小説をどんどん翻訳してほしいので、あまり悪く言いたくはないのだが、正直なところ、翻訳者さんの文章がもうちょっと……とそこだけは残念だった。酔いしれたいときに、ここはこういうふうに書くべきだったのではと思ってしまうと、どうしても興醒めしてしまうので。読めないほどひどくはないです。意味がわからないというのでもないです。もうちょっとスムーズに読めればな、という贅沢な要望です、はい。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
若かった頃の出来事を新鮮に再体験できるのは老年の特権だと思う。100歳近い老女が、フラッシュバックで思い出す昔の出来事。貧しい母子家庭に育って、領主のお屋敷に奉公した14歳の少女の不安と期待、彼女の立場から観察したお屋敷の同年代のお嬢様達の生活、があざやかに描写されてます。当時は理解できなかった、いろいろな出来事や人と人のつながりが、最後にはピタッとすべてがあるべきところにはまって完成します。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告