リンダリンダリンダ [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 注)レンタル専用商品でディスクは1枚です。メーカーの承諾を得て販売している正規品です。★ケース交換、クリーニング済み。ジャケット、ディスクに若干のスレがありますが全体的に良好な状態です★レンタル用ラベルなど商品を傷つける恐れがある場合には剥がさずにそのままの形での郵送となります。(ディスクとケースのみの出品で特典等は付属していないのでご了承下さい)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,734
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 3,816
1pt
通常配送無料 詳細
発売元: FUNMUSIC
カートに入れる
¥ 3,817
通常配送無料 詳細
発売元: メディアショップ KONOMI 
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

リンダリンダリンダ [DVD]

5つ星のうち 4.0 133件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 3,824 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,360 (26%)
ポイント: 103pt  (3%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Media bankが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオリンダ リンダ リンダ¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • リンダリンダリンダ [DVD]
  • +
  • 空気人形 [DVD]
総額: ¥6,697
ポイントの合計: 103pt (2%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: ペ・ドゥナ, 前田亜季, 香椎由宇, 関根史織, 三村恭代
  • 監督: 山下敦弘
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バップ
  • 発売日 2006/02/22
  • 時間: 126 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 133件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000CDW8AA
  • JAN: 4988021124775
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 33,720位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   タイトルを聞いてピンと来る人は必見。そう、あのブルーハーツの代表曲がキーポイントになった青春映画だ。高校の文化祭のためにロックバンドを組んだ女子高生たち。しかし仲違いでボーカルが抜け、残ったメンバーは、韓国から来た留学生を誘う。ブルーハーツをコピーしようと決めた彼女たちだが、本番までは、たったの2日。必死の練習が始まるのだった。
   クールな存在感を放つ『ローレライ』の香椎由宇や、たどたどしい日本語と絶妙の「間」で笑いを誘う韓国のペ・ドゥナら、女優陣がすこぶる生き生きと輝いている本作。つねに屋上にいる留年の先輩など、脇役もすべて魅力的だ。ブルーハーツの歌詞が、登場人物それぞれの心情にかぶさるのも、さり気なく胸を締めつける。監督は『リアリズムの宿』などの山下敦宏で、彼ならではの“まったり”した空気感が、文化祭本番までの焦りと、それでもどこかゆったりと流れる高校生の時間を的確に表現。夜の校舎に居残るシーンを始め、この映画には、多くの人がノスタルジーを感じるであろう「高校時代」がビビッドに収められている。(斉藤博昭)

内容(「Oricon」データベースより)

文化祭前日に、韓国人留学生がボーカルのバンドを結成した女子高生たちが、ブルーハーツを演奏する物語を描いた青春ドラマ作品。ペ・ドゥナ、前田亜季、香椎由宇、関根史織ほか出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 クマ #1殿堂トップ50レビュアー 投稿日 2017/8/12
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
「色即ぜねれいしょん」(2009年)という作品を少し前に観たのですが、
この作品と似た設定の青春ドラマで、こちらは男子に焦点があてられ
ていて、途中の面白さという点では「色即~」の方に軍配は上がります。

「リンダ リンダ リンダ」はリアリティを重んじたドキュメンタリータッチ
の作品で、それが良かったのか悪かったのかは意見の分かれるところで、
「よし!」と意気込むのではなく、肩の力を抜いて観る作品なんでしょうね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
詳しい事はノベライズ版の方を見るとより深く理解できます。
恵は何故別れてしまったのか、とか、ソンの心情など、映画版ではカバーできなかった多くの事が書かれてます。

本編ですが、正直、
綺麗な爽快青春モノという感じではないです。どちらかと言うと、常に低速、そして少し閉塞感漂う感じで、本当に学校生活を送っていた時代を思い出します。
まるで、彼女たちの記憶にある出来事を私達が見ているようです。

また、バンドの4人が親友になる訳でも無く、後日談では卒業後は全員バラバラの道に進みます。ソンが韓国に帰る際にも、見送りに行けたのは恵だけ(残る2人は車校や用事で行けなかった)とか、そういう人間関係もまた胸が締め付けられます。

それは親友じゃないから嫌とかではなく、彼女たちが、あの文化祭でやり切ったから。だと思うんです。
決して仲違いした訳では無いと思います。ですが、あの文化祭で彼女たちの青春は区切りを迎えた。というか笑。

音楽という繋がりの上で残された最後の青春の風景、文化祭での生徒たちの倦怠感、またライブで終了というのも良いです。

涙や感動を誘う場面が無いのも、
この映画では凄く良いと思いました。
誘う場面は無いですが、青春を思い
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
頑張った練習の発表会場が、高校の普通の体育館。しかも、たまたま雨で生徒が集まっただけ。あっ、本当に学校祭に向けた努力だったんだ・・・とわかって、最後にここまでのすべてが輝いて見えました。十代っていいですね。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Amazonビデオ
よくある漫画的な流れになっておらず、平凡な内容がかえってリアルに感じる。
ところどころテンションが高くなったり低くなったりと話がバランスよく構成されていて飽きなかった。
最後まで淡々としていたけど、最後まで集中してみることができました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
私が中高生の当時、ブルーハーツは人気絶頂の時期でした。尾崎豊や渡辺美里とならんで、思春期の心の内を歌ってくれるバンドでした。センチメンタルになるだけでなく、ただ元気なだけでもなく、青春真っ只中で何だか分からないまま体と心からあふれてくるパワーを解放してくれるのはブルーハーツだけ、そのなかでもとくに「リンダ!リンダ!」だったのではないかと思います。
また、最後の演奏シーンの直前、土砂降りの雨の中を主人公4人が体育館に向けて走ります。土砂降りの雨の中を走るシーンを美しく力強く見せられるのは高校生活をテーマにした映画の特権かな…とも思ったりしました。そんな時期を思い出させてくれた映画でした。
私が高校生の頃、「ドブネズミみたいに、美しくなりたい 写真には写らない、美しさがあるから」とふと「リンダリンダ」のさわりを口ずさんだときに、そばにいた母親に「ドブネズミが美しいわけないだろう」と言われました。そのとき、「そうか、大人になるとドブネズミから美しさを感じ取ることができなくなるのか」と思いました。今、40歳が手に届く年齢になり、自分自身が高校生の頃にこのフレーズのどこに美しさを感じていたかも思い出すことができません。なにより、高校生活がテーマの映画を見ても「あの頃に戻りたい」なんて気分はもう起きなくなっています。
でも、若者のバンドや音楽をテーマにした映画は数
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
青春時代をブルーハーツで過ごしたり、学校イベントで告白されたりされなかったり、
そんなオッサン達が「あるある」と言いながら作ったであろうノスタルジー映画。

あの神聖な名曲をポップにアレンジしくさったタイトルからして
ガールズバンドブームに乗っかったくそしょーもない映画なんじゃないかという予想はラストシ-ンで裏切られた。

特にしっかり追うほどのストーリーや人物描写もなく、
これほどまでに観る人を物語に感情移入させずに突き放す映画も滅多にないので、確かにつまらないんだが、
そんな事はこの女子高生達には関係ないのである。
JKのそういう「理解できないがゆえに愛しい」魅力がある。
可愛いJKの話だから最後まで観たわけで、こんな演出で中年リーマンバンドだったら誰も観ないであろう。

そういう意味ではどM向けの変態映画とも言える。

ラストシーン、いかにもキラキラしたステージの商業的クライマックスではなく、
あえて誰もいない雨の学校風景が続いた時に、「もうあの頃に戻れない感」だけが押し寄せて切ない気持ちになった時に
ブルーハーツの歌が流れてきて、制作者の意図もわかった。

ここまでドラマツルギ―を排除したのは、女
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ペットボトルホルダー ショルダー

関連商品を探す