中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【本の状態】中古品のため経年による劣化等がある場合がございます。状態は読むのに支障がないと思われますが、使用感がございますので予め ご了承ください。 【対応】万が一不備があった場合は返金対応致します。 【配送】郵便局 にて配送いたします。土日祝の配送日及び時間指定はお受けできない場合がございますの で予めご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

リンゴの絆―“奇跡”を支えた真実の人間ドラマ 単行本 – 2010/2

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

“奇跡のリンゴ”知られざる感動秘話。不可能を可能にした“偉業”の陰には津軽の男たちの“友情の絆”があった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

木村/秋則
1949年、青森県中津軽郡岩木町(現・弘前市)生まれ。弘前実業高校卒。20代前半より農業を始め、当初は農協の指導に沿った通常のリンゴを栽培していたが、農薬により家族に被害が出始め、家族のために徐々に農薬を減らし堆肥を使用する減農薬・有機栽培を始める。その後、完全無農薬・無肥料での栽培を始めるが、10年近い無収穫時代を経験。その間、農作業を行いながら様々な仕事に従事し生計を立てる。40代前半に完全無農薬・無肥料栽培を確立させ、現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 166ページ
  • 出版社: 主婦と生活社 (2010/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4391138646
  • ISBN-13: 978-4391138641
  • 発売日: 2010/02
  • 梱包サイズ: 18.8 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 805,317位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
人は、何でも一人でできるわけではありません。

でも有名になったり、成功したりすると

すべてを自分の手柄にしたり、一人でやったと錯覚してしまう人、協力してくれた人のことを忘れてしまうずるい人がいます。

そこに人間性が出る気がします。。。

ほかのレビューでも書かれているように、人はいい時はどんどん寄ってきますが、

いい時に寄ってきた人は悪い時にはひいていきます。

困っていた時に、何もなかった時に協力してくださった方々のことを忘れない

木村さんはすばらしいと思います。

人は、成功してからのことを話したがることが圧倒的に多いですから。

奥様への感謝の言葉はすばらしかったです。

道がないところに道をつくるのは大変なこと。

道ができるまでが大変なんです。

継続することのすばらしさを教えてくれる本でした。

りんごの絆、いいタイトルだと思います。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
以前,著者の「奇跡のりんご」・無農薬、無肥料のりんごを育てるまでの
壮絶な挑戦の実話を読んだことがあります。
本著は、その不可能を可能にした“偉業”の陰で、ささえてくれた「友情」について
語られています。

奇跡のリンゴをフランス料理を通してPRしている「レストラン山崎」の山崎隆さん
おさななじみで、中古車販売の会社を経営している太田昭雄さん

極貧生活をしながら「奇跡のりんご」づくりに励んでいた木村さんを
陰に、日向に支えていらっしゃった方々との友情のお話です。

人は、いい時には寄ってきて、そして悪くなると、潮が引くかのように離れていきます。
誰にも相手にされない。。そんな時でも支えてくれた人たちとの熱い思いに心が
暖かくなります。

そして
本著の最後には、奥様の美代子さんに感謝する
「妻へ」というあとがきがあります。
奥様とお嬢様達に支えられ、苦労をかけたことへの感謝とねぎらいの言葉で
終わっており、ちょっと、うるっとしてしまいます。

志を持ち、生きていくというのは素晴らしいことです。
しかしながら、その陰では、時にはつらい思いをして支えてくれている家族た
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者の感謝の『ことば』が沢山詰ってます。

・親友(けやぐ)の方への感謝
・自然の恵みに感謝
・そして奥様への感謝

中でも印象的だったのは、最後に書かれていた
奥様への感謝の言葉です。

とてもジ〜ンときました。

支えてくれた身近な方への感謝の気持ち
自然への感謝の気持ち
大切にしたいと思います。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 bambooshoot トップ500レビュアー 投稿日 2013/8/10
形式: 単行本
けやぐと親友の事を呼ぶんだそうです。でも、木村さんの語るけやぐは親友よりもぐ〜んと心の距離近い感じです。幼馴染だったら長じても心が通い合うか、と言うと必ずしもそうではない。男女に関係なく、順風満帆の時は人が寄って来ますが、艱難辛苦を味わっている時は人は避けて通るものです。だから、けやぐとは真の友の事なんでしょうね。

この本には三人のけやぐが出て来ます。けやぐの方達に対する木村さんの思いを込めた文章とけやぐの方達の文章が登場。

一人目は中学時代の後輩、太田昭雄さん、けやぐ率は純粋で限りなく100%に近いです。『わのもの、なのもの、なのもの、わのもの』でべったり仲良しです。無農薬リンゴに取り組み、“かまどけし”となった木村さんから離れずに応援し続けた方です。

二人目のけやぐはレストラン山崎のオーナーシェフの山崎隆氏。木村さんのリンゴを食べて始まった、リンゴの木村さんの広報役です。しかし、単なる広報役では有りません。美味しそうな完成型リンゴスープは、郷土の産物を如何にフランス料理の中に溶け込ませるか、と言う発想の中、プロの山崎さんでも試行錯誤の連続だった様だ。何年も諦めず、りんごを丸ごと使えるスープと言うレシピを考案。正に相互研鑽、お互いを磨いて行く間柄の様にお見受けしました。

山'崎さんもこの本では
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告