中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■【通常24時間以内に発送】■コンディションに不備があった場合は、返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包し、迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

リンゴが教えてくれたこと (日経プレミアシリーズ 46) 新書 – 2009/5/9

5つ星のうち 4.7 95件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 1
新書, 2009/5/9
¥ 3,399 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

自然は全部知っている。私は自然が喜んでくれるようそっとお世話をしているだけだ。常識はずれの無農薬・無肥料・リンゴ栽培を成功させ、「奇跡のリンゴ」で時の人となった農業家が苦難の足跡をたどりながら独自の自然観を語る。

内容(「BOOK」データベースより)

自然には何一つ無駄なものはない。私は自然が喜ぶようにお世話をしているだけです―。絶対不可能と言われたリンゴの無農薬・無肥料栽培を成功させ、一躍時の人になった農業家が、「奇跡のリンゴ」が実るまでの苦難の歴史、独自の自然観、コメや野菜への展開を語るとともに、農薬と肥料に依存する農のあり方に警鐘を鳴らす。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 240ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2009/5/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532260469
  • ISBN-13: 978-4532260460
  • 発売日: 2009/5/9
  • 商品パッケージの寸法: 16.8 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 95件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 174,979位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
”奇跡のリンゴ”の木村さん自身の手による本。 

”奇跡のリンゴ”も、木村さんのリンゴ(の栽培法や、その背景)を知る上で
読んでいるほうが良いかもしれませんが、私は、断然、こちらをお勧めします。 

”奇跡のリンゴ”のレビューにも書きましたが、
左記の本では著者が”牧歌的なお人好しの木村さん”を創り上げた感が僕はしてました。
僕も木村さんが、とても献身的な夢追い人だとは思いますが、
彼は、苦労の末、この農法が”次の”もしくは”本来あるべき形”であるという提示をし、確信を持っています。
また、”がんばって、えがったな”的な人でもなく、専業として、
この農法が成り立たないといけないことも視野に入れています。

”人は自然の一部”、”農業の主従関係が逆(リンゴに実をつけてもらっている)”という「当たり前」な主張が
自然と究極の”エコ”であることを感じさせます。
どこぞの”エコ”と称して、毎日CMをしている企業との隔たりを、
本で木村さんが言いたいこととは、関係なく思ってしまいます。
(木村さんは”エコ”なんて言葉は一回も使いませんが。)

本人が書いてますから、木村さんが”観察すること”に重点を置いている内容も具体的です。

彼(木村さん)に興味がある方は、是非、こちらを読む事をお勧めします。
コメント 123人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
まず「奇跡のリンゴ」を読んで、木村秋則さんなる人物を知り、すごく感銘を受け、感動と強い印象を持ちました。
本書は、その木村秋則さん自らが綴った著作で、また違った角度からその人となりを見出させてくれます。
前半は無農薬リンゴ作りを中心に、長年に亘る辛く苦しく耐えがたい生活を続けながらも、描いたビジョンの芯がぶれずに、自然と対話して自然を観察し科学的根拠に基づいた持論を追求し遣り通したことを書いており、これを読んだだけでも強い感銘を受けることは間違い無しです。
後半は、リンゴができなかったその辛い時期に、無農薬の米や野菜作りの研究を成してきたことを理論的に解説してあり、教科書にある米や野菜作りの常識を覆して成功した事例をそのノウハウを一切隠さずにあけっぴろげに伝授したものです。
近代化の潮流にいるとつい自然と言うものをおろそかにしてしまい、つい楽な人工的なものに頼ってしまいがちですが、実は自然の摂理とは未だ解明していないと言うことが本書を読んでよく理解ができると思います。
自然と対峙するのではなく、うまく顔を合わせ、いっしょに生活を営むという原点を木村秋則さんは無農薬農業という気候と土、水、生き物といった自然の営みと同じ目線で向き合うことで、すでに遠きところに忘れてしまっていたことを再認識させてくれました。
そういったことは太
...続きを読む ›
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「奇跡のリンゴ」では、自然栽培に至るまでの苦労話を通じ、ご本人のお人柄が目に浮かぶように描かれ、時には面白おかしくもあり最後まで飽きずに一気に読まさせていただきました。
今回の本は、本人の言葉そのもので書かれていますので、メッセージがよりストレートに伝わりました。
本文での話はリンゴのみならず、米や豆といった農作物までにも及び、これをとりまく雑草、虫、動物、微生物の全てが各々に役割を持ち、その営みに無意味なものは一切無く、全てが自然という調和の元にあることが、よくわかります。

どうして、これほど多くの人が、単なるリンゴ栽培の話に感動させられるのでしょうか?

今までの農業は、生産効率と個人の利益を上げることのみを優先してきました。
その結果、自然環境は年々悪化し、有害物質の人体への過剰摂取により健康被害が拡大しました。
何かの間違いにうすうす気付き始めた読者が、この本を読み、自然の内なる声に耳を向け、そのメッセージに心を打たれたからではないでしょうか。
人生のどん底を味わいながらも、私利私欲に縛られず、自然に対して、どこまでも純粋かつ謙虚な姿勢を曲げずに生きてきた著者を、自然が己のメッセージの代弁者に選んだのかもしれません。
書かれている自然観察の描写には、まぎれも無い真実が描かれ
...続きを読む ›
コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 本書で木村氏の生き方が更にくっきりと浮かび上がる。
 「奇跡のリンゴ」を読んでも、DVD「プロフェッショナル仕事の流儀」を見ても、今一つ木村氏の全体像が掴みきれなかった。本書は著者自ら書き下ろしたものであるから、詳しい内容になっている。
 ようやく木村氏の真実につながったように思う。しかしながらかなり削って削ってまとめたような印象もあるので、次回はもっともっと細かく木村氏の人生を伝えてほしい。それが世間に誇れる立派な自伝であることは間違いない。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー