通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
リング (角川ホラー文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーデザインが画像とは異なります。 この商品はAmazon倉庫より発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

リング (角川ホラー文庫) 文庫 – 1993/4/22

5つ星のうち 4.4 77件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • リング (角川ホラー文庫)
  • +
  • バースデイ (角川ホラー文庫)
総額: ¥1,110
ポイントの合計: 34pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

こちらの商品は7/26にカバーデザインが変更となりました。
ご注文いただくタイミングによっては、
お届けする商品のカバーとサイトに表示されている画像が異なる場合がございますが、ご了承くださいませ。

“リング"の恐怖に連なる、カルトホラー!

同時刻に苦悶と驚愕の表情を残して死亡した4人の少年少女。
雑誌記者の淺川は姪の死に不審を抱き、調査を始めるが!?
見た者は死ぬという“呪いのビデオ"をめぐる、日本中を震撼させたホラー小説の金字塔!

内容(「BOOK」データベースより)

同日の同時刻に苦悶と驚愕の表情を残して死亡した四人の少年少女。雑誌記者の浅川は姪の死に不審を抱き調査を始めた。―そしていま、浅川は一本のビデオテープを手にしている。少年たちは、これを見た一週間後に死亡している。浅川は、震える手でビデオをデッキに送り込む。期待と恐怖に顔を歪めながら。画面に光が入る。静かにビデオが始まった…。恐怖とともに、未知なる世界へと導くホラー小説の金字塔。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 331ページ
  • 出版社: 角川書店; 28版 (1993/4/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041880017
  • ISBN-13: 978-4041880012
  • 発売日: 1993/4/22
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 77件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 69,722位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
15数年ぶりに再度読みたいと思い購入
やっぱり濃い内容のホラーはたまらない・・徹夜してでよんでしまいました。
リングは小説で読むべし
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
見た目は中古だったのでちょこちょこ痛んでいました。
大事なのは内容なのでそこまで気になりませんでした(^O^)
話の内容はすごく面白かったです、映画とは違うところが多々あって原作は原作で引き込まれるような感じでした。ループやらせんも購入しようと思っています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ISSY 投稿日 2016/10/16
形式: Kindle版 Amazonで購入
とても面白い。「ループ」を読んでからだと面白さは半減するけどね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この作品を初めて読んだのは、同シリーズの「ループ」が発売されてTV等でも取り上げられていた頃でした。
読書家の友人が「リング」と「らせん」までは読むべきだけど「ループ」は読まなければ良かったと言っていたので、興味を持ち購入しました。
ホラー自体にあまり親しみが無く、それまで読んだのはスティーブン・キングの「シャイニング」くらいだったのですが、その「シャイニング」と比較しても遜色無いほど面白いし怖かった。
どちらの作品もかなり荒唐無稽な部分があるのに、それを感じさせない語りの巧さがあります。
二度ほど繰り返して読んでから「らせん」も読みましたが、これも面白い!
「らせん」単体でも良作だと思いますが、「らせん」を書く為に「リング」を書いたのか?と思わせる程、この二作は関係性が深く「らせん」を読み終わると「リング」を読み直したくなり、続けてまた「らせん」を読みたくなるという繰り返しを4〜5回(我ながらしつこいw)してしまいました。
友人が言った通り「ループ」を読んでしまうと、そこまでのめり込む事が出来なくなるので、「リング」からの「らせん」の無限地獄にいたいなら「らせん」迄で止めておくことをオススメします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Axl☆Bach 投稿日 2014/3/4
形式: Kindle版 Amazonで購入
主人公が呪いのビデオの存在を信じる過程があまりにも早い。記者をやってるにも関わらず、姪が死んだ原因を映像を一回見ただけでこれだと確信してしまうのはいささか早計なのでは。。。現実的に考えて、都市伝説に擬えた殺人事件と考えるのが普通だと思う。しかも一緒に事件を追う相棒も医学部を卒業した上に哲学科に学士入学するほどのインテリなのにそのトンデモ話を簡単に信じる始末。もう少しその辺の(呪いのビデオの存在を信じる)過程をじっくりページを割いて書いても良かったのではないかと思う。一週間という時間設定が仇になったか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
多分ずいぶん昔に読んでの再読だが、この本は1991年に単行本で刊行されたのだが、まー、予備校生と高校生が箱根のホテルに泊まりに行ったり、車やバイクを持っていたり、主人公が三十代前半だというのに都内に2DKのマンションを持っていて、しかもそれを7000万円で売って欲しいと不動産屋から電話がかかってきたりと、随分とバブリーな背景だった。この頃は、まだ余裕のある中間層がいたんだねーって感じの小説。所々、同じシーンで視点人物が移動する(視点の乱れ)と、主人公の推理と物語の展開に少し飛躍が合って、<?>な感じがあったが面白く読めた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
映像化された際に貞子がテレビから這い出してくる場面のインパクトによりホラーの定義で括られることが多い作品だが、そのディティールの作りこみや、物語の起伏など、ジャンルを超えた名作として起立しえる作品だ。

もし、ホラーの印象のため敬遠している人がいるなら騙されたと思って手に取ってほしい。
夜、トイレに行くのに勇気を振り絞らなくてはならなくなるので読んだことを後悔はするかもしれないが、面白くなかったとは思わないはずだ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
初めて読んだのは中学1年。映画化云々ではなく、何気なく適当に手に取った。
そして、何度も何度も読み直した。本当にツボにはまった小説だったなぁ。

元々、横溝正史賞に応募された作品なので、ホラーというより、ビデオの断片映像をヒントに、
真相へ一歩一歩近づいていく探偵推理モノって感じ(オドロオドロしさも横溝ばり)。
そして、100%解明されたと思いきや、大どんでんがえしのラスト・・・。
当時の私には圧巻でした。

映画は話題の割に駄作。続編も全部読んだが、“セカイ系”っぽくて嫌い。
僕の中では『リング』で完結している。リングはそれ以上でもそれ以下でも無い(と私は勝手に思う)!
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー