この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

リング コンプリートBOX [DVD]

5つ星のうち 3.7 13件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:12¥ 3,630より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 松嶋菜々子, 真田広之, 中谷美紀, 沼田曜一, 雅子
  • 監督: 中田秀夫
  • 形式: Color, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 4
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2003/04/16
  • 時間: 387 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 13件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00008NX33
  • JAN: 4988013485501
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 59,768位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

鈴木光司原作によるホラー映画4作品をパッケージ化! Hi-Bit版「リング」「らせん」と過去に発売された「リング2」「リング0~バースデイ~」(販売元:アスミックエース)を収録。

レビュー

[1]エグゼクティブプロデューサー: 原正人 プロデューサー: 河井真也/一瀬隆重/仙頭武則 アソシエイトプロデューサー: 石原真 監督: 中田秀夫 原作: 鈴木光司 脚本: 高橋洋 撮影: 林淳一郎 照明: 前原信雄 美術: 斉藤岩男 ビジュアルエフェクトスーパーバイザー: 松本肇 編集: 高橋信之 音楽: 川井憲次 出演: 松嶋菜々子/中谷美紀/竹内結子/佐藤仁美/真田広之[2]エグゼクティブプロデューサー: 原正人 プロデューサー: 河井真也/一瀬隆重/仙頭武則 アソシエイトプロデューサー: 石原真 監督・脚本: 飯田謙治 原作: 鈴木光司 撮影: 渡部眞 照明: 保澤正二 美術: 斉藤岩男 ビジュアルエフェクトスーパーバイザー: 松本肇 編集: 阿部浩英 音楽: LA
FINCA 出演: 佐藤浩市/中谷美紀/佐伯日菜子/鶴見辰吾/小木茂光/真田広之[3]エグゼクティブプロデューサー: 原正人 監督: 中田秀夫 原作: 鈴木光司 脚本: 高橋洋 出演: 中谷美紀/佐藤仁美/深田恭子/松島菜々子/真田広之[4]エグゼクティブプロデューサー: 原正人 監督: 鶴田法男 原作: 鈴木光司 脚本: 高橋洋 出演: 仲間由紀恵/田辺誠一/麻生久美子/田中好子
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

リング2がこの中では一番ヒットした作品ですが、今となってはなくてもいいかなって思います。最初のリングが怖くて面白いって評判になったのでかなり割をくった感じはありますが、らせんってかなり良い映画なんじゃないかな。呪いを科学的に描いたのが嫌だとか、怖くないとか、かなり叩かれましたが観直してみると面白い作品だと思います。死の呪いから逃れたい、死んだ子供を取り戻したい、など登場人物の恐怖心や欲求を利用して世界中に呪いをばらまく貞子の邪悪さはこっちの作品の方がよく出てたと思います。そして佐藤浩市さんや真田広之さんの抑えた芝居のおかげで本当に安心して観ていられます。中谷美紀さんが二つのキャラを演じてますが後半の悪女な感じが良い感じだと思います。
あなたのせいよ、あなたが私を抱いたから…ってセリフ言う時がなんかかっこいいなあって思いました。貞子に翻弄された人達もラストでそれぞれに新しい人生を始める事になります。愛する人を取り戻すために呪いをばらまき世界を裏切る。世界中に邪悪さと憎しみが満ちていこうとも、自分の大切な物しか見ていない、愛する人以外はどうなってもいい。これが人生を取り戻せたと言えるんだろうか? かなり暗い陰がさしているラストは高山の言うずっと先に来る安息ってなんだ?って思ってしまうと同時にこれから破滅していこうする世界を予感させるカッコいいラストだと思いました。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
既発売のジュエルケース版『リング』『らせん』はビットレートが低くて、
暗がりのシーンなどを中心にブロックノイズが出るという酷い画質だった。
今回の再発売はシャープな映像になってまずまず良かった。
が、音声に通常のドルビーデジタル5.1chを入れず、DTS対応のみの6.1chにしてしまったのは何故か? 
せっかくのサウンドの恩恵にあやかれないユーザーもいるはずである
(今時のDVDソフトは大体、2ch、ドルビー5.1ch、DTS5.1chと3種類は収録している)。
またジュエル版にはあった映像特典(劇場予告編と台湾版TVスポット)まで
オミットしてしまったのも疑問。
せっかくのリニューアルの割には肝心なところが手薄の印象だ。
ボックスならではの映像特典ディスクなどプラスアルファの付加価値!が欲しかった。
付属のブックレットは可もなく不可も無くのオマケ。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
説明が全くないので、まずリングコンプリートBOXのことからお話しします。これには、「リング Hi-Bit Edition」、「らせん Hi-Bit Edition」、「リング 2」、「リング 0 ~バースデイ」の4本が収録されています。(The Ringも入れてくれれば良かったのにとは読者の感想。)「Hi-Bit Edition」とは映像と音声データのみに容量を割り当てた高画質、高音質にこだわった仕様だそうです。
リングは以前「リング完全版」と言うタイトルでテレビ放送されました。これは原作に忠実な内容で、話は「らせん」引き継がれます。しかし、中田監督が手がけた「リング(映画版)」。これがあまりにもインパクトが強く、怖さが尋常では無さすぎた。(最後の歌も怖かった。)おかげで「すみません!「らせん」は無かったことにしてください!」となって「リング2」が収録され、原作ファンにとっては残念な事になってしまいました。「リング2」は「リング」をあまりにも意識してしまったために、空回りしてしまった印象があります。むしろMEIMUさんのコミックリメイクの方が良くできていると感じました。さらに、話は貞子の生きていた時に遡って「リング0」が収録されます。このときの貞子は仲間由紀恵さんが演技しており、まさしく絶世の美女となっています。ここまで来ては「リング0」は物語を完結するためのメロドラマで
...続きを読む ›
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
私自身が思うに、4作品の出来不出来が結構あるように思う。
個人的な嗜好の問題なのかもしれないが。

若いときの竹内結子が見れるのはめっけもの。
また、私の父は、テレビで「リング」を見た日(当時65を過ぎていたが)は、
怖くてトイレに行けなかったと話していた。

先日リングを見た子どもが放った一言、
「液晶テレビからは出てこれないやろ」
私が返した言葉、
「3Dテレビで見たら、めっちゃこわいんちゃう」
ということで、3D版を望みます。

黒電話と同じように、
貞子が出てくるあの機械って、
「ひょっとしてテレビ?」と平気で聞く子供が出てくるんだろう。

いい意味でも悪い意味でも、平成の日本映画を語る上では、避けて通れないシリーズ。
とりあえず見てみよう。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。final fantasy