リンカーン [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

リンカーン [DVD]

5つ星のうち 3.9 66件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,533
価格: ¥ 927 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 606 (40%)
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:12¥ 926より 中古品の出品:4¥ 960より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でリンカーン(字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『デッドプール』、『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • リンカーン [DVD]
  • +
  • アミスタッド [DVD]
総額: ¥1,745
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ダニエル・デイ=ルイス, サリー・フィールド, トミー・リー・ジョーンズ, ジョセフ・ゴードン=レヴィット, ハル・ホルブルック
  • 監督: スティーブン・スピルバーグ
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2014/02/05
  • 時間: 151 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 66件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00H1GZG8W
  • EAN: 4988142977427
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 16,765位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

2013年アカデミー賞(R)主演男優賞ほか2部門受賞
スピルバーグ監督が限界に挑んだ感動エンターテイメント!
映画の言葉“今、何をすべきか知るのが最も難しく何よりも重要なことだ"


<キャスト&スタッフ>
エイブラハム・リンカーン…ダニエル・デイ=ルイス(宮本 充)
メアリー・トッド・リンカーン…サリー・フィールド(野沢由香里)
タデウス・スティーブンス…トミー・リー・ジョーンズ(菅生隆之)
ロバート・リンカーン…ジョセフ・ゴードン=レヴィット(内山昂輝)
プレストン・ブレア…ハル・ホルブルック(稲垣隆史)

監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:トニー・クシュナー
原作:ドリス・カーンズ・グッドウィン
製作:スティーブン・スピルバーグ/キャスリーン・ケネディ
音楽:ジョン・ウィリアムズ
●字幕翻訳:松浦美奈 ●吹替翻訳:原口真由美 ●翻訳監修:土田 宏

<ストーリー>
1865年1月、奴隷解放の賛否をめぐり起こった南北戦争は4年目に突入し、多くの若者の命が奪われていた。“すべての人間は自由であるべき"と信じるリンカーン大統領は、自由実現のために憲法修正が必要だと考え、合衆国憲法第13条を議会で可決させるべく、なりふり構わぬ多数派工作を進めるのだった。しかし、長期化する戦争の影響で形勢は極めて不利になるが、リンカーンはあらゆる策を弄して敵対する議員の切り崩しにかかる。そんな中、息子ロバートは父の反対を押し切り軍に志願し北軍に入隊してしまい一人の父親としても大きな試練に直面していくのだった。自分の理想のために失われていく多くの命、人間の尊厳と戦争終結の狭間に立たされたリンカーン。合衆国大統領として、一人の父として、国家の危機を乗り越えることができるのだろうか――。

<ポイント>
●2013年アカデミー賞(R)主演男優賞ほか2部門受賞! 世界で大絶賛され各国の映画祭にて88部門受賞、257部門にノミネートされた、スピルバーグ監督の集大成である感動巨編が遂に登場!!
●「偉大な指導者が求められる今こそ知って欲しい物語」スティーブン・スピルバーグ
12年もの月日をかけ完成されたアメリカ史上最も愛された大統領の知られざる物語。
●主演のダニエル・デイ=ルイスは史上初となる3度目のアカデミー賞(R)主演男優賞を受賞。全身全霊でリンカーン大統領を演じ切る。
●さらに、サリー・フィールド(『フォレスト・ガンプ/一期一会』)、トミー・リー・ジョーンズ(『告発の時』)、ジョセフ・ゴードン=レヴィット(『ダークナイト ライジング』)など実力派俳優たちの豪華共演からも目が離せない。
●南北戦争が激化する時代。自由を求める代償は若き命……。指導者(リーダー)として、父として―、人類の歴史を変える決断が下される。
●If slavery is not wrong, nothing is wrong.―Abraham Lincoln, in a letter dated December 1865(もし奴隷制度が間違っていないというなら、間違っていないものなど存在しない-エイブラハム・リンカーン、1865年12月付の手紙より)

内容(「Oricon」データベースより)

1865年1月、奴隷解放の賛否をめぐり起こった南北戦争は4年目に突入し、多くの若者の命が奪われていた。“すべての人間は自由であるべき”と信じるリンカーン大統領は、自由実現のために憲法修正が必要だと考え、合衆国憲法第13条を議会で可決させるべく、なりふり構わぬ多数派工作を進め…。2013年アカデミー賞(R)主演男優賞ほか2部門受賞!スピルバーグ監督が限界に挑んだ感動エンターテイメント巨編!!

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray
冒頭に戦闘シーン。一瞬「プライベート・ライアン」を思い起こしました。けれどその後、戦闘場面は出てきません。戦争アクションシーンには定評のあるスピルバーグが監督で、南北戦争を取り扱った作品でもあるというのに。

描かれるのは、苦悩する、ときに過剰な子煩悩で、ときに政治上エグイこともする、そしてときには俺のために働け、などとキレてしまう、とても人間くさい、リンカーンの人生最後の数か月です。この作品はスペクタキュラ―なシーンなどほとんどなく、むしろ密室の政治劇が中心の地味な人間ドラマです。リンカーン役ダニエル・デイ・ルイスが迫真、渾身の演技で大変に見応えがあります。彼の無言の後ろ姿にですら何とも言えない説得力があり、まるで本物のリンカーンが降臨して憑いていたのではないか、とさえおもえてしまいました。彼はこれで実に三度目のアカデミー主演男優賞受賞ですが、オスカーにふさわしい圧巻の演技です。彼のこの演技を見るだけでも、充分に価値があるとおもいます。助演を多くの実力派が支えています。中でも、リンカーンと同じ共和党議員なのですが困った存在の急進改革派を演じる大ベテラン、トミー・リー・ジョーンズがすばらしい熱演です。最近日本ではむしろ缶コーヒーBOSSのCM「宇宙人ジョーンズ」でおなじみですが、もともと90年代にはアカデミー助演男優賞にも輝いた実力派の脇役。実にあじわい深い、渋
...続きを読む ›
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
この映画では、たとえばネイティブ・アメリカンへの迫害と虐殺を全く描かないなど、史実よりもリンカーンが美化されているようだが、それでも彼が正しかったと納得することはできない。

それは、南北戦争の正当性が分からないからだ。たしかに、奴隷廃止は米国が絶対に果たさなければならない義務であった。しかしそれは、南部の連邦議員も含めた採決によるのでなければ、国民の民意とは言えなかった。それに、北部の正しさを主張する大義名分として奴隷制廃止があったとしても、そのために70万もの人々を殺す必要は無かった。南北戦争がそれほどの大量殺戮に拡大してしまった責任はやはり大統領にあったのだから、彼を英雄として崇める歴史観は非常に危険なものだ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
三回目のオスカーはいかがなものかと思い購入鑑賞致しました(安くなるまで待ちました)。
確かに演技は素晴らしい、雰囲気も最高、主役を支える周りの役者さんも凄く良い、
でも購入する価値が有るか、と言えば・・・ん~借りて鑑賞で良いかもですね。
ダニエル・デイ=ルイスが好きな方は購入を、他の方は借りて鑑賞の方が・・・・
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/6/27
形式: Blu-ray
本作品は、150分という割と長めの作品ながら、南北戦争終了間近の1865年の数ヶ月という、「奴隷制撤廃」のための憲法修正案可決をテーマに焦点を絞ったところが、逆に作品全体を引き締め、長さを感じさせない良作となったと感じています。

【憲法修正第13条の意味】
本作品の概略は、「リンカーンが、奴隷制撤廃のため、アメリカ合衆国憲法(以下、「憲法」と呼びます)の修正第13条の成立に尽力する」というもの。
では、憲法の修正というなら、もとの第13条には、何が書かれていたのでしょう?
「奴隷制を認める」とでも書かれていたのでしょうか?
答えはノー…というよりも、憲法にはそもそも「第13条」など、なかったのです(制定時は第7条まで)。
アメリカでは、憲法を修正する際、もとの条文を変更せず、修正第何条として、条項を追加していきます。
だから、本作品の「修正第13条」とは、13番目の憲法修正という意味なのです。

そして、ここからが重要な点ですが──当時、憲法のどこにも「奴隷」という言葉は使われていませんでした。
「修正第13条」の中で初めて、「存在してはならないもの」として「奴隷」という言葉が登場します。

アメリカの憲法は、民主主義の理念に基づいています。
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
モヒカン族のダニエル・デイ=ルイスさんがリンカーンを演じるなんて、
なかなか洒落が効いてると期待しましたが、
残念ながら、奴隷制度に関する話のみで、いい人に描かれてます。

伝記なんか読むと、かなりダークサイドな幼少期、
ネイティブ虐殺&迫害など、奴隷制度廃止に繋がる
エピソードも多いのに、そのあたりは、スルーです。

リンカーンを美化し過ぎてる印象を受けるので、作品としては嫌いですが、
ダニエル・デイ=ルイスさんの見事な演技は一見の価値があると思います。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す


フィードバック