中古品
¥ 100
+ ¥ 250 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版。表紙カバーに値札シール有り。表紙カバーに小イタミ・スレ有り。本文は概ね状態良好ですが、中古品につき商品の多少のヨゴレ・使用感・ヤケ・スレ等のイタミはご容赦ください。※迅速に発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

リフレが正しい。FRB議長ベン・バーナンキの言葉 単行本 – 2013/5/24

5つ星のうち 3.0 7件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 15,049 ¥ 3,024
単行本, 2013/5/24
¥ 1
click to open popover


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

【金融政策の世界的権威、ついに「アベノミクス」に結論を下す! 】-----

米連邦準備制度理事会(FRB)のベン・S・バーナンキ議長は
2013年2月26日、「デフレ脱却に向けた日本の取り組みを支持する」
とアベノミクスを評価する発言をしました。

FRB議長が他国の金融政策を評価するのは異例のことです。

本書は、金融政策の世界的権威にしてFRB議長のバーナンキ氏の講演集です。
収録した講演は、内容的には高度でありながら、
とても平易な文章で誰にでも理解できるように工夫されています。
しかも、金融政策や日米経済に関する彼の考え方のエッセンスが凝縮されており、
その主張は日本に対して非常に有益な示唆に富んでいます。



【バーナンキ氏の薫陶を受けた高橋洋一氏が解説! 】-----

監訳・解説を担当するのは、1998年夏から2001年夏までの3年間、
プリンストン大学に在籍し、当時、同大学の経済学部長だったバーナンキと
身近に接していた元財務官僚・高橋洋一氏。

日本の読者のために、それぞれの講演に対して解説も加えてあります。

バーナンキは、プリンストン大学教授時代から日本の金融政策を批判していました。
高橋氏によれば、物静かであからさまに批判するようなタイプの人物
ではなかったそうですが、日銀の金融政策については「異様に貧弱・下手」
などとはっきり語っていたといいます。

バーナンキ議長は、2013年3月に日銀総裁になった黒田東彦氏とも親交があります。
黒田日銀の次の手を読むのにも、バーナンキ議長の金融政策の理解は欠かせません。



【「リフレが正しい」――これが結論だ】-----

いま世間の人が肌で感じている「デフレ予想からインフレ予想への大転換」を
支えているのが、黒田日銀の新たな金融政策です。

デフレを脱却して緩やかなインフレへの復帰を目指す政策は、日
本では「リフレ政策」とも言われます。
高橋氏は解説中でこう語っています。

--
リフレが日本経済にとって正しいのは、もちろん言うまでもない。
一刻も早く、正しいリフレ政策が当たり前になってもらいたいと願うばかりだ。
--

それでは、当のバーナンキ議長は、どう考えているのか?

本書でぜひおたしかめください。



【バーナンキ氏プロフィール】-----

ベン・バーナンキ(Ben S. Bernanke)

第14代連邦準備制度理事会(FRB)議長、経済学者。
1953年、ジョージア州生まれ。1975年、ハーバード大学経済学部卒業。
1979年、マサチューセッツ工科大学にて博士号を取得(経済学)。
スタンフォード大学経営大学院、ニューヨーク大学(客員教授)などで
教鞭をとったのち、1985年、プリンストン大学経済学部教授に就任。
1996~2002年には同学部で学部長を務める。

2002年にブッシュ政権下でFRBの理事に指名される。
その後、米大統領経済諮問委員会(CEA)委員長を経て、2006年2月にFRB議長に就任。
2010年1月に再任し、現在に至る。
2008年の金融危機の際のゼロ金利政策、2009年3月以来の4度にわたる量的緩和(QE)など、
積極的な金融緩和政策を実施する。
2012年1月25日には、インフレ目標をアメリカで導入した。



内容(「BOOK」データベースより)

インフレ目標とは、中央銀行の独立性とは、デフレの害悪とは。金融政策の世界的権威、アベノミクスに結論を下す。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 255ページ
  • 出版社: 中経出版 (2013/5/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4806147583
  • ISBN-13: 978-4806147589
  • 発売日: 2013/5/24
  • 梱包サイズ: 19.3 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 312,188位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2014年8月9日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年5月23日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年9月22日
形式: 単行本
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年10月1日
形式: Kindle版
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年9月9日
形式: 単行本
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年8月12日
形式: 単行本
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年7月16日
形式: 単行本
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告