通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
リヒテルは語る (ちくま学芸文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 鶴港万才堂
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 2014年1刷。全体的に良好。カバーに淡いヤケ、微擦れ。その他カバー、本体ページ使用感少なく良好です(折り目、書き込み無し)。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

リヒテルは語る (ちくま学芸文庫) 文庫 – 2014/3/10

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2014/3/10
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 950
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • リヒテルは語る (ちくま学芸文庫)
  • +
  • 文庫 リヒテルと私 (草思社文庫)
総額: ¥2,538
ポイントの合計: 77pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「ショパンのスケルツォ第4番。あれはまだ飛び方を習得していない天使を描いている」―日本との関係も深い20世紀最大のピアニスト、スヴャトスラフ・リヒテルが、駆け出しの演出家に語った驚きの言葉のかずかず。音楽作品が描き出す物語、他の芸術分野への連想、著名な人たちの思い出などがいきいきと語られる。プルーストやシェイクスピアを引用し、フェルメールやピカソを評し、フェリーニやクロサワを讃える。天才の想像力が全開する類いまれな一冊。文庫化に際し、「八月を想う貴人」を増補。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ボリソフ,ユーリー
1956‐2007。キエフ生まれのロシアの演出家・映画監督。名優オレク・ボリソフの息子。レニングラード音楽院に学び、モスクワ室内歌劇場等でオペラ・演劇の演出多数。オペラの台本も手がけた

宮澤/淳一
1963年生まれ。青山学院大学総合文化政策学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 399ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2014/3/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480096140
  • ISBN-13: 978-4480096142
  • 発売日: 2014/3/10
  • 梱包サイズ: 15 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 220,590位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ボヘミャー 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2014/12/10
最も「ピアノを弾く」ということを自分に引き寄せ、
それと一体化していたピアニスト・リヒテルが、
「語る」という。

何を? どんなふうに? 

リヒテルという名前は、クラシック音楽愛好者にとって、特別な響き、輝きを持っている。
独学でピアノ演奏を習得した後、名伯楽ネイガウスの教え子となる。
長らく鉄のカーテンの東側で知られざる存在だったが、
ベートーヴェンのテンペストでアルバム・デビューし、
カーネギーホールなどのアメリカ公演は、絶賛で迎えられる。

大ホールでのコンサートよりも、旅を重ねる中での小ホールコンサートを愛し、
膨大なレパートリーを持ちながら、まとまった全集録音はほとんど行わなかった。
その分、行く先々でのライブ録音が、数多く残されている。

この本を読むまで、「語るリヒテル」というのは、想像ができなかった。
あの音楽への没入感は、ことばを拒否しているかのようだったから。

でも、ここでのリヒテルは、文字通り語っている。
著者の横で、ピアノの前で、散歩しながら、語り続ける。

音楽史を飾る作曲家たちや、クラシック音楽についてはもちろんのこと、
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ロシアが生んだ最大のピアニストの、興味尽きない聞き書き本の面白さ! その教養の深さに一驚します。音楽のみならず、文学、絵画、演劇、映画エトセトラ、
自由自在に語って興味津々。わがクロサワの評価も高く、特に「翻案物」を絶賛。「蜘蛛巣城」はもちろん、ロシア人として「白痴」「どん底」を評価。わが国の映画評論家に読ませたいね。文庫化されたのは大歓迎! 今年2015年は生誕100年、各社から録音集成が発売されていますが、本書の巻末に収録されたレパートリー一覧がまた興味津々ですぞ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
内容はわかっていましたが、思ったよりはるかにきれいでした。満足。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告