中古品
¥ 955
中古品: 良い | 詳細
発売元 take book
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯、カバーに多少のスレキズありますが状態は概ね良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

リナックスの革命 ― ハッカー倫理とネット社会の精神 単行本 – 2001/5/26

5つ星のうち 3.4 7件のカスタマーレビュー

その他(6)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本, 2001/5/26
¥ 589
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2018 大賞作品決定!
大賞は 『SHOE DOG(シュードッグ)』 その他の受賞作は>>こちら

商品の説明

商品説明

   フィンランド生まれの天才ハッカーが開発、インターネットでボランティア活動によって育てられ、現在ではビジネス市場でも認知され急成長を遂げているユニックス系のフリーOS、「リナックス(Linux)」。本書は、このリナックスのオリジナル開発者として有名なリーナス・トーバルズと28歳にしてカリフォルニア大学バークレー校の客員教授を務めるペッカ・ヒマネン、全米の情報社会学の重鎮マニュエル・カステルの3人によってハッカーのスピリッツがつづられた、ネットエイジ必携のバイブルだ。

   IT化が急速に進む社会で、リナックスに代表されるオープンソースの思想を軸に、どんな変化が起きているか、ポスト資本主義の精神を分析する。終身雇用、大企業の神話が崩れた社会では、自分が何のために働き、何のためにお金を得て、何のために生きるべきかという新しい哲学が必要とされている。ハッカーたちが社会に挑戦する動機として、何かを新たに作りだすことや、それがもたらす結果を楽しむためなどがある。本書では、常に時代の基盤となるテクノロジーを生みだしてきたハッカーたちのこういった視点や倫理観のなかに、新しい時代にふさわしい新しい哲学を求めている。

   速くて大きな変化に満ちた情報化社会のなかで、どのようにして新しい枠組みを作っていくか、そしてその新しい枠組みのなかでどうやって生きていくかを考えるための1冊。(近藤大介)

内容紹介

ハッカーたちが、未来を変える。
ポスト資本主義の精神を徹底的に分析した、ネット・エイジに贈るバイブル!

 組織の力に頼ることなく、「個」で勝負する時代。問題は、従来の価値観の中で競うことではなく、21世紀という時代を生きるスピードだ。常識にとらわれない新しい価値観やアイディアを、素早く実現できるのか。変化に迅速に対応できるのか。
 それを、軽々とやってのけているのが、ハッカーたちだ。
 10年前、ひとりの学生(であり、バリバリのハッカー)の発想から生まれたオープンソース・フリーソフトウエアの リナックス。今、新たなビジネスモデルとして世界中から注目されている。
 この本の中で、創始者リーナス・トーヴァルズはこう語る。
 「楽しくなくちゃ、仕事じゃない。真剣に遊ぶ、これがいいんだ」
 ハッカー=リナックスに代表される、ネット社会の仕事とお金の新しい哲学が必要だ。
 もちろん、誰もが気づいている。終身雇用が崩れ、大企業が崩れ、自分が何のために働き、何のためにお金を得て、何のために生きるべきかを考える時がきている、と。
 著者のヒマネンは、インターネットとウエッブ(併せてネットと呼ぼう)が基盤となっているこれからの社会で、「ハッカー」とは、情報を皆がシェアすることがポジティブなことであり、オープンソースのプログラムを発展させることこそが命題と考えその義務を果たす人のこと、と定義し、さらにコンピュータに限らず何かに熱中することができる人こそ、ハッカーと呼ぶにふさわしい、としている。
 この定義をもっと拡大解釈すると、何が見えてくるだろうか。ハッカーたちの挑戦は何を意味するのだろうか? ハッカーの論理でこの情報化社会を見ると、労働に対する新しい倫理観が見えてくる――いわば、マックス・ウェーバーの『プロティスタンティズムの倫理と資本主義の精神』に対する21世紀の『ハッカーの倫理とポスト資本主義の精神』が見えてくる。
 ハッカーたちの社会に対する挑戦は、仕事に対する価値観の他に、お金に対する倫理観もある。ハッカーたちが活動する動機は、必ずしもお金ためだけではない。何かを創りだすこと、それがもたらす楽しみのため、などがある。もうひとつは、ネットで自由に表現をすること=すべてのネットへの自由なアクセス――ネシック(ネット倫理、とでも呼ぼう)にある。この3つ――労働に対する価値観、金銭に対する価値観、ネットの倫理――が、本書の3つの大きなテーマである。
 この本は、リーヌスの友人でもあり、20歳の若さでヘルシンキ大学哲学博士号をとり、現在、28歳にしてカリフォルニア大学バークレー校の客員教授であるペッカ・ヒマネンと、全米の情報社会学の重鎮、マニュエル・カステル、そしてリーナスの3人が、1998年同校のシンポジウムでこのテーマについて意気投合し、始まった企画だ。論理は明快で、その姿勢は、ポジディブ。まさに、ネット・エイジのバイブル的書物である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2001/5/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309242456
  • ISBN-13: 978-4309242453
  • 発売日: 2001/5/26
  • 梱包サイズ: 19 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 312,372位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2017年7月29日
形式: 単行本|Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2005年5月15日
形式: 単行本
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2009年3月10日
形式: 単行本
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
VINEメンバー
2009年7月24日
形式: 単行本
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2005年5月15日
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2005年1月24日
形式: 単行本
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2001年8月17日
形式: 単行本
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告

この商品のレビューをもっとご覧になりますか?