中古品の出品:3¥ 1,295より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 600MP3アルバムを購入

リトル・デュース・クーペ Original recording remastered

5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:3¥ 1,295より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ザ・ビーチ・ボーイズ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック



登録情報

  • CD (2001/6/16)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Original recording remastered
  • レーベル: EMIミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 25 分
  • ASIN: B00005HYGC
  • JAN: 4988006791985
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 686,451位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. リトル・デュース・クーペ
  2. バラード・オブ・オール・ベッツィ
  3. ビー・トゥルー・トゥ・ユア・スクール
  4. カー・クレイジー・キューティー
  5. チェリー・チェリー・クーペ
  6. 409
  7. シャット・ダウン
  8. スピリット・オブ・アメリカ
  9. 僕等のカー・クラブ
  10. ノー・ゴー・ショーボート
  11. ア・ヤング・マン・イズ・ゴーン
  12. カスタム・マシーン
  13. ビー・トゥルー・トゥ・ユア・スクール (シングル・ヴァージョン) <ボーナス・トラック>

商品の説明

Amazonレビュー

   アルバム『Surfer Girl』からわずか1か月後にリリースされた『Little Deuce Coupe』。ビーチ・ボーイズは、なんとデビュー・アルバムから1年経たないうちにこの4作目を発表したのである。ブライアン・ウィルソンとバンドが、時代に追いつくためのたゆまぬ努力を注ぎ込み、またコンセプト・アルバムというアイデアに触発されて、新たな顔を見せようとしたのがこの作品だ。『Little Deuce Coupe』によってビーチ・ボーイズが守備範囲とする題材は拡がった。1963年当時のアメリカで熱烈な愛好の対象となっていた、クルマをテーマにしたアルバムなのだ。タイトル・トラックや「409」など、すでに発表済みだった曲に加え、魅力的な新たなマテリアル(その多くはブライアンとDJのロジャー・クリスチャンの共作)が収められた。ハイライトは、ジェームズ・ディーンに捧げられたア・カペラの曲「A Young Man Is Gone」(ボビー・トゥループによる美しい曲「Their Hearts Were Full of Spring」のリメイク)で、ブライアンの天才的なアレンジ能力とバンドのコーラスの素晴らしさを存分に証明している。(Jerry McCulley, Amazon.com)

メディア掲載レビューほか

アメリカ西海岸の若者文化を代表するロック・バンド、ビーチ・ボーイズ。1963年10月発表のホット・ロッドへのトライビュート・アルバム、「リトル・デュース・クーペ」「バラード・オブ・オール・べッツィ」他に、「ビー・トゥルー・トゥ・ユア・スクール」を追加収録の日本企画盤。 (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
1→シャッフル・ビートがたまらないタイトル・チューン。短いけど名曲だ。2→古い車への愛着を、熟女との恋に例えた歌詞が最高。曲はブライアンらしいバラード。3→アルバムバージョン。軽快なロックンロール。4→「ラン、アラン、ドゥランラン」が最高。サバイバーズ「パメラ・ジーン」の替え歌。5→「ランド・アホイ」の替え歌。ミドル・テンポの曲。6→「サーフィン・サファリ(シングル)」のB面。洗練されてはいないが良い曲だ。7→「サーフィンUSA(シングル)」のB面。マイク・ラヴの低音ボーカルとサックスが最高。8→世界最速の男のことを歌ったバラード。9→アルバム「サーファー・ガール」にも入っている曲。ハル・ブレインのドラムが最高。10→ミドル・テンポの曲。11→「心には春がいっぱい」の替え歌で、ジェームス・ディーンのことを歌っている。12→アニメソングみたいでかっこいい曲。13→シングルバージョン。チアガールの声が入っていたり、間奏でマーチが引用されていたりするので、アルバムバージョンより派手。僕はこっちの方が断然好き。 総括→オールディーズ好きにはたまらないアルバム。普通の人は鼻で笑うかもしれないが僕は大好きだ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ござねぶり トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/10/22
形式: CD
ビーチボーイズのジャケットにはメンバーが写ってるのが比較的多いけれど、
これは、ホットロッド仕様の空色のクーペが主役を張っている。
写真、文字、数字が絶妙のバランスでデザインされて、これだけでも欲しいと思わせる。
その頃、小遣いでLPを買うのは簡単なことじゃあなくて、ラジオで音楽を聴いて
レコードショップのお姉さんに試聴させて貰って、それで満ち足りていた。
このCDにも入っているけれど、当時ホットロッドのエンジン音が背景に入った曲が多く
ヒットチャートに登場していたし、アメリカの青春映画はサーフィンとホットロッドが
定番だった。聴き直しているけれど、コーラスの本当に上手いグループだったんだ。
収録時間は短いけれど中身は濃い。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
「サーフ」サウンドに成り代わって、当時ヒップ(納得いかないが「ナウい」と訳すか)だった「ホッドロッド」サウンドを、それを支持した時代の熱気を、堪能できる一枚ではある。『ヤング・マン・イズ・ゴーン』なんて曲を作り出しちゃうところに、シニカルで一筋縄ではいかないブライアン・ウイルソンの視点がある。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ビーチ・ボーイズの4枚目で1963発表されている。
この年は既に「Surfin' USA」と「Surfer Girl」を出しており、一年に3枚とは恐れ入るし、ブライアンの才能が本格的に花開いた年でもあるのだろう。
アルバム自体、既に発表済みの曲も含まれているが、全10曲中ブライアンが作曲に携わったのが9曲で、アレンジとプロデュースはブライアン1人だ。
すなわち彼のワンマン・バンドってわけだ。
テーマは今までのサーフィンから車に路線変更されている。
何れにしろ、当時のカリフォルニアの若者に受けるネタではあったのだろうが。
実際の音を聴いても大衆受けする楽しいサウンドが並んでいるが、突出しているのがブライアンの作るコーラス・アレンジの巧みさだ。
特にそれが最高に輝くのがラストを締めくくる「A Young Man Is Gone」。
この曲をだけでもアルバムを買う価値ありだと思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 寒木瓜 投稿日 2012/8/24
形式: CD
「Little Deuce Coupe」ノリ、コーラス、非常に元気な曲。コンサートでも大うけ。「Ballad of Ole` Betsy」「Spirit of America」伝説の名車に捧げた傑作バラード。「Be True to Your School」代表曲のひとつ。アレンジしてシングルにして大ヒット。ただこの曲だけ車が出ません。「Our Car Club」語って聞かせるような、それでいてテンポもいい曲。ちょっとおしゃれ。「A Young Man Is Gone」ジェームス・ディーンに捧げた曲。アカペラです。高い技量のコーラスワークです。彼らのルーツのひとつであるコーラスジャズメン、フォー・フレッシュメンの曲をカバー。このアルバムは、急造したものなのですが、すでに才能を開花させていたビーチボーイズは、それを感じさせない出来栄えにしています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー