Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,242

¥ 301の割引 (20%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[高野 登]のリッツ・カールトンとBARで学んだ高野式イングリッシュ
Kindle App Ad

リッツ・カールトンとBARで学んだ高野式イングリッシュ Kindle版

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,242

【50%OFF】Kindle旅行本フェア
対象の旅行関連本が50%OFF。GWに向けて春のお出かけに、Kindle版で手軽に持ち歩こう! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

長野の戸隠村から世界最高級のリッツ・カールトンへ!
リッツ・カールトンの舞台裏英語を初公開!
表(ホテル)と裏(BAR)で学んだ高野式体当たり英語満載。
文法ガチガチの日本人が世界の舞台で活躍するには、中3までの英単語で十分!
ブロークン英語でも心が通うキラーフレーズが満載!

出版社からのコメント

著者は、長野県戸隠村に生まれ、単身NYに。
NYでは、ザ・キタノ・ニューヨーク、バレーフォージ・ヒルトン、スタットラー・ヒルトン、NYザ・プラザ・ホテル、LAボナベンチャーホテル、SFフェアモントホテル、
そして、ザ・リッツ・カールトン・サンフランシスコ開業に尽力。
94年にザ・リッツ・カールトン・ホテル日本支社長となり、97年の大阪(梅田)、07年の東京開業をサポートしてきました。
世界中の超一流ホテルやストリートバーで、英語を通じてどんな会話が繰り広げられているのか。
また、日本にリッツ・カールトンが知られていない時期に、いかにしてブランドを定着させたか。
特に大阪開業時の話は非常に興味深く、著者が初めて明かすエピソードが満載です。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1164 KB
  • 紙の本の長さ: 191 ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2011/11/10)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00ET0L76I
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 175,665位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
『ブロークンイングリッシュ』と言うと、マイナスなイメージが浮かびますが、
『グロービッシュ』(グローバル+イングリッシュ)=「日本人を含め非ネイティブが話す英語」も立派な英語。

一流ホテルマンとして働いてきた著者の失敗談や海外体験を読み進めていくうち、正確な文法よりも「とにかく伝える」気持ちがあれば、まずはOKと自信が湧いてきます。
「英会話初心者さん」も「英会話ブランクさん」も「話す勇気」がもらえる一冊です。

また、単なる英会話練習本というだけでなく、相手の気持ちに寄り添う「ホスピタリティ」を学べる教科書でもあります。
ホテルはもちろん、カフェやバーといった飲食店でふだんから外国人の接客をするかたにもお薦めです。
きっと前より一歩踏み込んだ心の通い合うコミュニケーションが生まれるのではないでしょうか。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
とかく言われる日本人が英語に抱く完璧主義、そしてその弊害。
著者の英語に関する経験を綴っていくことで、その解消を図る本。

英語を話さざるを得ない環境に身を置く必要性を感じつつも、
日本においてもできること、意識の持ち方が満載。
英語を話すことのできる友人を持ちたいとも思える。

英語に対する気持ち面でのハードルを下げてくれる内容で、
英語習得を目指している方には、一読してもらいたい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ホスピタリティ、生きた英語についてはよく理解できましたが、いろんな英語のフレーズをこの本で得ようと思うと少しものたりないかも。要は、実戦あるのみ、ということでしょうか・・・
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
高野先生の本はとてもわかりやすくて、他にも読んでいます!英語と言うより、英語に対する考え方が勉強になります!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover