中古品
¥ 1,957
中古品: 良い | 詳細
発売元 BOOK HIRO
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆初版発行。◆カバーにスレ、キズあり。◆天地、小口にヤケあり。◆本の中は、開き癖のある部分もありますが、書き込み等はなく良好です。◆無水エタノールでクリーニングし、保護用のビニールで包装、迅速・丁寧に発送します。◆尚、コンディションに相違があった場合や、ご満足いただけない場合は、評価の前に、ご連絡ください。返品、返金等で迅速に対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

リック・フレアー自伝 トゥー・ビー・ザ・マン 単行本 – 2004/12

5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,189
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

アメリカで発売されたフレアー氏の自伝「To Be The Man」の日本語訳版。
単なる自伝だけでなく、レスリング・ビジネスに関しても書かれており、歴史的資料としての側面も持ち合わせている。驚愕のエピソード満載のプロレス本。

内容(「BOOK」データベースより)

“Woooooo!”この得意気な雄叫びで知られる“ネイチャーボーイ”リック・フレアーは史上最も偉大なプロレスラーになろうとしている。長い選手生活では同じようにカリスマ性があり、彼以上に話術が巧みなレスラーがいたかもしれない。だが、30年間にもわたってトップに君臨し続けた者はいなかった。ファンにとっては“ブロンドの神”である。ホウキが相手でも最高の試合ができる。そして16度も世界王座に就いた男だ。ひとたびリングに上がれば、対戦相手をスターへと押し上げてきた。テレビカメラの前では、次の試合を見逃せば人生における貴重な体験を逃すと観客を煽っていた。さらに対戦相手にはこの言葉を突きつけていた。“最高の男になるためには、最高の男を倒さなければならない”会場から一歩外へ出れば“最高の男”であるための葛藤があった。自信喪失に陥り、家庭崩壊の危機にも直面した。そして“リック・フレアー”に撤するために友情を失うこともあった―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 501ページ
  • 出版社: エンターブレイン (2004/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757721536
  • ISBN-13: 978-4757721531
  • 発売日: 2004/12
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 3.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 550,641位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
初めて見たときは「なんて弱っちぃチャンピオンだ」と思ったものだ。
しかし私が浪人して、大学に入った時も、卒業して社会人になっても
彼はチャンピオンだった。
そうして彼の偉大さ、巧さを少しずつ理解する事でプロレスをより楽しめるようになったし、
私自身の基本的な物事に対する考え方自体も成長したと思う。
で、この本はフレアー氏自身のキャリアや他のレスラーのエピソードを
楽しむことも出来るし、ビジネスとしてのアメリカン・プロレスの歴史
を理解できるという意味でも、実に興味深い内容。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon カスタマー #1殿堂トップ500レビュアー 投稿日 2016/2/6
形式: 単行本
大変に充実した内容の自伝だったと思います
アメリカンプロレスの偉大さを知りました
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今年、惜しまれながらもプロレスから引退したリック・フレアーの自伝本。
アメプロを好きな人も、彼が常連外国人として日本のリングにあがっていたころの
ファンの人も、是非読んでいただきたい一冊です。
少し特異な出生環境にはじまり、プロレスに魅入られた青年時代、
全米・世界をめぐったNWA全盛期、絶望と葛藤の末WWEで再びレスラーとして
復帰するまでがつづられています。
1970年代〜の米国プロレス界の雰囲気を感じ取るにも最適。Hでハチャメチャで、
でも最高にかっこいいリック・フレアーはプロレスそのものだと改めて感動できますよ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
70年代後半より30年近くトップで活躍し続けた
プロレス最高のレジェンド『リック・フレアー』の自伝本。
彼の長く濃いレスラー生活同様に、301ページの分厚い内容です。

世界各地のトップレスラーを相手に60分引き分けドローを演じ続けた技量。
アメリカのMSGだろうが、日本の田舎町だろうが、北朝鮮だろうが、
いつも変わらぬ『リック・フレアー』という道化を演じ続けたプロ意識の高さ。
どれをとっても感服させられます。

ある意味「アメプロ」という伝統芸能を体現する人間国宝みたいなレスラー。
プロレスに人生を捧げた一人の漢の一代記、一読の価値あり!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告