中古品:
¥ 588
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 未開封中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

リチャードを探して [DVD]

5つ星のうち 3.9 16件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 3,980より 中古品の出品:9¥ 216より

この商品には新しいモデルがあります:

リチャードを探して [DVD]
¥ 991
在庫あり。

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でリチャードを探して (字幕版)を今すぐ観る ¥ 199 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: アル・パチーノ, アレック・ボールドウィン, アイダン・クィン, ウィノナ・ライダー, ケビン・スペイシー
  • 監督: アル・パチーノ
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
  • 発売日 2006/01/13
  • 時間: 113 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 16件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000CBNWN4
  • JAN: 4988142338525
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 194,971位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   アル・パチーノがシェイクスピアの『リチャード三世』を舞台化するまでのプロセスをドキュメンタリータッチで映画化した画期的な作品。役者やN.Yの街の人々にシェイクスピアについて語らせ、戯曲に取り組む役者たちのディスカッション、リハーサルなど、舞台の裏側も徹底的に映し出し、そのドキュメンタリーの合間に戯曲『リチャード三世』を挿入させる。あらゆる視点からシェイクスピアの魅力に迫っていくパチーノの情熱に圧倒されること必至。とはいえ、役者たちのユーモアたっぷりの本音は楽しく、N.Yの街に飛び出して取材を敢行するパチーノの素顔も微笑ましく、シェイクスピアの世界をわかりやすく伝える演出のうまさも光る。パチーノ監督の知性とユーモアと類まれな才能に思わずひれ伏す傑作ドキュメンタリーだ。ケビン・スペイシー、ウィノナ・ライダー、アレック・ボールドウィンなどスター役者の友情出演も見逃せない。(斎藤 香)

内容(「Oricon」データベースより)

シェイクスピアの「リチャード3世」を題材に、アル・パチーノが主演、監督を務めた作品。“2枚で¥1,990 第6弾”対象商品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
いわば『メイキング・オブ・「リチャード三世」』ともいえる半ドキュメンタリー作品。

これを見るとやはりシェイクスピア作品は現代アメリカにおいても必ずしも受け入れられやすいテーマとは言えないことがよくわかる。
監督を兼ねるアル・パチーノは、街中を歩き回って巷の人々にシェイクスピアの印象を尋ね回るがそれは必ずしも好意的なものではない。
ひとつ笑ってしまったのは「日本人までシェイクスピアをやるんだぞ!経済でアメリカを抜いたと思ったら今度はシェイクスピアか?!」と嘆く通行人がいたことだ。
たぶんNINAGAWAだろうと思うけどね〜。確か90年代の初めに『マクベス』と『テンペスト』をアメリカでやっているはずだから。

それはともかくその後には役者どうしで役づくり、演出方法などについて、いかに現代に通じるシェイクスピアをつくりあげて行くかという見応えのあるディスカッションがあり、その狭間に実際の映画としての『リチャード三世』が組み込まれて行く。
そして役づくり、演出方法には当然ながらご本家イギリスよりジョン・ギールグッド(RADA代表)とピーター・ブルック(RSC代表)がインタビュイーとして関わってくるのだ。

ほんとうに飽きさせない、エキサイティングな作品だった。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
1.主にアメリカ人がシェイクスピアをあまりしらず 興味がなく 否定的で
また アメリカの俳優も シェイクスピア劇を演じることへの根源的な劣等感をもっている
と語られている。イギリスで庶民に聞くとまったく異なる意見がでてきたかもしれない。
そういえば、あらためて日常生活のあらゆる面で アメリカはシェイクスピアを味わう基盤がないと思われる。
日本は それとくらべると イギリスや ドイツ、ロシアにシェイクスピア受容において近いのではないか。
2.リチャード3世は、語りが長く、話も複雑で 最小限の知識を仕込んでおかないと
 基礎的な骨格も理解しがたい劇であるゆえ、この映画で まず 主要なストーリーを つかむのが有用。
3.リチャード3世を見ることで、逆に ハムレット、マクベス、オセロー、リア王、ベニスの商人などは
 基本的なストーリーが 立体的で 見やすいことが わかる。
4.シェイクスピア劇は、実は非常に複雑でかつ深いことが 改めて理解されてくる。
 つまらないのではなく 超一級であるゆえに 簡単に 味わうことができない。
 そのことが この映画が よく 表現している。絶妙な構成、アルパチーノの才能が光る。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
パチ―ノのシェ―クスピアに対する少年のような憧れがひしひしと伝わってくるドキュメンタリー風映画。押しつけがましさは微塵もなく、ねえ、みんな僕はシェ―クスピアが好きなんだ、みんなも仲間になりなよ、というアプローチが心理的バリアをぐぐっと引き下げる。集まった俳優たちも必ずしもシェ―クスピアを熟読玩味しているわけでもなく、かなり手探り状態でああだこうだとやりあっているのが意外でもあり、親近感も増す。いちばんの見所はパチーノの街頭突撃インタビュー。一般人にも気さくに話しかけるパチーノの姿には、マフィアの親分的イメージとは違う新鮮味を感じる。この映画をみて、劇中途切れ途切れに演じられるリチャード三世のフルバージョンが見たくなった。完全にパチーノマジックに魅せられたようだ。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: VHS
アメリカ人でもシェークスピアは難しいらしい・・・ 眠たい、難しい、退屈な内容だという街頭インタビュー、大学の専門家の解釈、役者の台詞あわせ、などさまざまな様子を巧みに交えながら、リチャード三世のストーリーを展開するドキュメンタリーのような手法は見るものをあきさせませんでした。 是非見てください。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
これはフィクションだけど、シェイクスピアが大好きなアル・パチーノが
「リチャード3世」を舞台化するまでを描いたドキュメンタリー映画です。

最後のほうに劇中劇があるけど、それまではその舞台に出演する俳優たちが
ディスカッションする様子など舞台裏を描いています。

とはいえ、出演キャストがとにかく豪華。
劇中劇の舞台ではパチーノがリチャード三世、アレック・ボールドウィンがクラレンス公、エステル・パーソンズがマーガレット妃、アイダン・クインがリッチモンド伯、ウィノナ・ライダーがレディ・アンを演じるのだが、
さすがは演技派ぞろい。
このまま普通に「リチャード3世」を映画化しても、すばらしい映画になったんじゃないかというくらいの出来です。

見どころはほかにもあって、やらせの気もしますがアル・パチーノが街頭突撃インタビューをしたりもします。
「ゴッド・ファーザー」のなんだか近寄りがたい雰囲気のアル・パチーノがこの映画だと全然違う人に見えておもしろい。
彼の素顔を垣間見れた気がします。

演出家や俳優が舞台を作っていく様子なんかがわかるので、こういう世界に興味をもっている人は勉強になるんじゃないでしょうか。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。face mask