中古品
¥ 418
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★★★★☆ おおむね良好です。2009年初版。ハードカバー仕様。カバーありません。切り抜き、書き込み等はありません。本文は良好です。表紙に細かいスレがあります。表紙は丁寧に殺菌を実施しています。絵本にやさしくスムーズな配送を心がけます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

リタとナントカ (リタとナントカ1) (リタとナントカ 1) 大型本 – 2009/7/25

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 417
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

フランス生まれのほのぼの絵本が日本上陸。リタは6歳の女の子。自分勝手で、気まぐれで、すぐ命令します。大人から見れば、「こんな子いるいる、いる」という感じのかわいい女の子ですけれど・・・。ある日、リタは誕生日にもらった犬に、いろいろ考えたあげく「ナントカ」という名前(?)をつけてしまいます。ナントカは、寝るのが大好きで、おくびょうだけど、実は人間の言葉を話すことができる、とってもヘンな犬でした。この凸凹コンビのゆる-い日常を描きます。

内容(「BOOK」データベースより)

リタは、げんきでおしゃまな女の子。ごっこあそびとめいれいすのがだいすき。とぼけた犬のナントカは、たべるのとねるのとズルっこがだいすき。フランスで大人気のキュートな絵本。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 25ページ
  • 出版社: 岩崎書店 (2009/7/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4265069118
  • ISBN-13: 978-4265069118
  • 発売日: 2009/7/25
  • 商品パッケージの寸法: 19.8 x 17.4 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 621,881位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 mintjam トップ500レビュアー 投稿日 2009/9/3
形式: 大型本 Amazonで購入
「ナントカ」というのは、リタが誕生日にもらった子犬につけた名前。
フランス語の原題では「machin」  英語訳を検索したら「thing」とでました。
ふーん、なるほど。そういうニュアンスですね。

彼女がさんざん悩んだあげく、ナントカひらめいた名前でもありますが、
当の犬自身も、それならいいかと認めてくれました。

という感じで2人を中心に続いていくシリーズの第一作目は
出会いのエピソードが中心になっています。まあ、これからに期待というとこか。

力の抜けた線画とシンプルな色づかいに、シャレた子ども心を感じました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
フランスで大人気となりアニメ化もされたユーモア絵本の日本初紹介の一冊目です。この本を見てすぐに思い出したのは、講談社から出ている「コンスタンスとミニ」という絵本でした。本書と作者は違いますが、こちらもフランス産の作品で天邪鬼な女の子コンスタンスと大きな化けもの猫ミニが活躍するブラック絵本でした。そこで気づいたのは、これは絶対に偶然の一致ではなくフランスの子ども達の心の中にはこういうちょっと不真面目で意地悪な女の子のスタイルがすごく大好きな性格があるのだなという発見でした。
おめでたいはずの誕生日になぜか女の子リタはごきげんななめなのでした。プレゼントがたくさんありすぎて手がつけられない!でも考えたら何てぜいたくな悩みなのでしょう。やがて、プレゼントの箱のひとつがゴソゴソ動いて逃げ出したからさあ大変!リタが必死で後を追いかけます。
超不機嫌で性格の悪そうな女の子リタとお気楽でなまけものみたいなのんびり犬ナントカの正反対の二人では、どう考えても上手く行く訳がないだろうと思っていたら、これが意外にもそんな事はなくて、互いにバッチリと意気投合するのですから本当に不思議な物ですよね。その心理を私なりに分析しますと、幾ら憎まれ口を叩いて怒っても一向に怯えもせずに揚句の果てには反応すらしない脱力系の犬の態度に、結局は本気で怒っていられなくなるのだと思いますね。相性の良さが成立
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ひこ・田中 トップ500レビュアー 投稿日 2011/1/26
形式: 大型本
 シリーズ一作目。
 扉を開いた最初のページで、オリヴィエの巧さにうなりました。
 「きょうは リタの たんじょうび。でも リタは ごきげんななめなの。」という言葉が置いてあるのですが、いかにもごきげんが悪いリタが右下隅にいて、左ページ上には大人二人の足があるだけ。
 間のページでならこれはありますが、いきなり来るか、これが。
 いきなり私たちはドラマの中央に、つまりは大人と、ご機嫌が悪いリタの間に投げ込まれてしまいます。
 やられてみれば、なるほどなのですが、なかなかやれません、これは。
 ストーリーは、もうリタの個性全開で、文句なし。これはヒットするわ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告