¥1,650
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり)
Kindle版は今すぐお読みいただけます。Kindle無料アプリがあれば、さまざまなデバイスで読書が可能。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
リスボン 坂と花の路地を抜けて (KanKanTr... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
7点すべてのイメージを見る

リスボン 坂と花の路地を抜けて (KanKanTrip) (KanKan Trip) 単行本(ソフトカバー) – 2013/5/18

5つ星のうち3.7 16個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本(ソフトカバー)
¥1,650
¥1,650 ¥493
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • リスボン 坂と花の路地を抜けて (KanKanTrip) (KanKan Trip)
  • +
  • 光の街、リスボンを歩く (KanKanTrip15)
  • +
  • madame FIGARO japon (フィガロジャポン) 2019年2月号[懐かしくて可愛いポルトガル。]
総額: ¥4,094
ポイントの合計: 55pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ポルトガルの小さな古都リスボンの旅の小箱をそっと開けてみる。そこにあるのは栄光の残照と、人々の懐かしい暮らし。太陽に打ちのめされたあとには、謎めいた青い夜が来て、街灯に照らされる金色の光を流したような石畳。南ポルトガルに住む著者ならではのリスボン街案内。

著者について

東京生まれ。脚本家・ライター。パリ、ローマに始まり、カナダ、ニューヨーク、メキシコ、モロッコ、スペインなど、海外在住は30年にわたる。現在、南ポルトガル在住。劇団「天井桟敷」の創立メンバー。
著書◎『私は指をつめた女』(文春ネスコ)、『女ざかり男あさり(』テレビ朝日)『、南ポルトガルの笑う犬(』書肆侃侃房)他。共著◎『コーヒーカップ4杯分の小さな物語』(書肆侃侃房)等

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.7
星5つ中の3.7
評価の数 16
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

ベスト500レビュアー
2017年8月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
review imagereview image
2017年6月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2019年9月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2013年8月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年7月23日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年8月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年5月31日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年12月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告