中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ♪『土日祝日も営業中!!』 ○こちらの商品はクリーニング済みですが若干の汚れ、傷み、日焼けはご了承下さい。 ※当店では出荷時課金制を適用しております。24時間以内に日本郵便ゆうメールで発送し、その際にAmazon上より出荷通知をお送り致します。 【注意】この商品は店頭でも販売している為、タイミングによっては稀に売切れの場合がございます。その場合はお取引をキャンセルとさせていただきます。予めご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

リスボンの小さな死〈下〉 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 文庫 – 2000/9

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

コエーリョたちの捜査により、殺された少女の奔放な男性関係が明らかになる。犯人はその男たちの中にいるのか?ある目撃証言を得て捜査は大きく進展し始めた。やがてフェルゼンとその関係者の刻んだ歴史が現在の少女殺害事件と交差する時、事件は予想もしない展開をみせた…少女殺害の謎とその背後にひそむ真実を、半世紀にわたる壮大なスケールで描いた注目の話題作。英国推理作家協会賞ゴールド・ダガー賞受賞作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ウィルスン,ロバート
1957年生まれ。オックスフォード大学卒業後、アフリカで海運、広告、貿易等の仕事に携わるかたわら、アジア、アフリカ、アメリカ各地を旅してまわった。’94年にそれまでの旅の経験をもとにガイドブックを著わす。その後’95年から毎年小説を発表し、5作目にあたる本書で、’99年に英国推理作家協会賞ゴールド・ダガー賞を受賞した。現在ポルトガルの小村レドンドに居を構え、執筆活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 391ページ
  • 出版社: 早川書房 (2000/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4151720022
  • ISBN-13: 978-4151720024
  • 発売日: 2000/09
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,259,347位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
20世紀末に起きたリスボンでの小さな少女殺人事件。しかし、その根は深く、半世紀も遡のぼらねばならない。第二次世界大戦、ナチスの台頭、その中でのポルトガルという国の微妙な立ち位置。実業家が暗躍し、戦後も隠然と存在感を顕している。その過程でひとつの綻びが生じ、それが、「リスボンの小さな死」に繋がっていく。

警部に言った言葉が印象深い。
「忘れがちな事ですが、警部さん、歴史というものは、書物に記されているものとは違います。そこには個人の要素が大きくかかわってきます。人間は復讐心をもつ動物であり、それが歴史を教訓にできない理由のひとつなんです」
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
登場人物の感情や心理が網のようにあらまりあいつつクライマックスへ。ポルトガル滞在に読み始めたのですが、リジュボア近郊が舞台なので風景が目にうかびました。伏線がたくさんあるので、2度読みがお勧めです。
ポルトガルに滞在したことがあって、なおかつ歴史ミステリファンにお勧めします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/3/16
形式: 文庫
裏切りや復讐が物語りの軸となるので、やや暗い感じは否めませんが、非常に重みがり、読み応えのある 作品です。50年の長きにわたる物語ですが一気に結末までひっぱられ、さまざまな伏線が慎重に張られ ていたことに驚きをもって気づかされます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック