中古品
¥ 107
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

リスクマネー・チェンジ 単行本 – 2003/9

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 107
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

半世紀かけて築き上げられた金融の一大常識が非常識になりつつある。なぜその常識が覆されるのか。投資家はどうすべきか。マネーフローの現在、未来を精密分析。

内容(「MARC」データベースより)

半世紀かけて築き上げられた金融の一大常識・現代ポートフォリオ理論が非常識になろうとしている。なぜこの常識が覆されてきたのか。投資家はどうすべきか。マネーフローの現在、未来を徹底分析。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 278ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2003/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492731679
  • ISBN-13: 978-4492731673
  • 発売日: 2003/09
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,360,775位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
21世紀当初の投資環境に於いて、世界的に「デレバレッジ」が進展するという著者の主張は、本書中、様々な角度から繰り返し縦横無尽に論じられており、思わず引き込まれてしまう説得力を持っている。本書は、資産運用の「プロ」向けに書かれた挑戦状的な本であるが、金融業界に就職を目指している若者向けにも、プロのストラテジストがどのように投資環境を分析して投資戦略を立案するのか垣間見ることが出来て非常に有益であろう。
特に、第3章で、主要国の人口動態の変化が金融市場に与える影響を分析している箇所は、類書に例がなく、この分野に関心を持つものにとって必読の文献であると言える。
同じ著者の「金利史観」(ISコム社)もあわせて読めば、一層説得力が増すと思う。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
欧米の機関投資家や企業の動向、コア世代の人口推移分析からリスクマネーのフローを分析し予測した野心作。投資家ならば読んでみて損はない良書ではあるが・・・
本書が出版されて1年半、予言されていたデレバレッジによるリスクマネーの減少は発生せず、株式市場は復調した。後出しじゃんけんのようで心苦しいが、残念ながらハズレ、である。
尤も、イールドカーブのフラット化は進んでおり、その意味では機関投資家の行動には変調が見られるのかもしれない。本書の問題点は、増大する個人によるリスクマネーの供給という視点を欠いている点にある。例をあげると
・米国では確定拠出型年金加入者が確定給付型加入者を1993年に上回り、老後に備えたミューチュアルファンドや変額年金の残高も90年代以降波はあるが増大している。機関投資家のシェアは減少し続けている
・本書が取り上げる成長セクターへのリスクマネー供給問題だが、減少どころか過剰投資になっている。日本の新興市場におけるPERを見よ。ボラタイルな投資姿勢を好む個人のリスクマネー流入がその原因。
債券、株式、為替市場に共通して発生しているのは、デレバレッジではなく、過剰流動性の発生とボラタイルの減少(新興市場では増大)である。
個人主導のリスクマネーという視点さえ欠いていなければ予測は外れることはなかったし、掛け値なしの良書となっていただろう。次回作に期待する。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
お金の流れについての話はこれまでいくつかの本でなれてきたが、だいたいのケースが、数字をだらだらと列挙しただけ、もしくは、このままではアメリカやばい、というおのであった。しかし、この本には、ストーリーがある!そして、なにしろ、歴史的な観点からの考察がある!素人めには、(著者の一人は機関投資家のようだが)機関投資家にとっては極めて有用な本だと思うのだが、如何なものだろうか。唯一の疑問点は、たしか、ITバブルというリスクに対してゆるゆるのときには、いろいろな投資信託会社で、個別企業の発掘に血道を上げていたような記憶があるが、リスク回避的傾向が強まる後、個別企業発掘能力が重要になるという見方はどうなのだろうか。素人だからよくわからない。でも、筆者の高いクリエイティビティが感じられる一冊です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告