この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

リスクアセスメント―ヒューマンエラーはなぜ起こるか、どう防ぐか 単行本 – 2000/9

5つ星のうち 2.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 20,617 ¥ 999
click to open popover


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

列車事故や化学工場の事故のような、大規模の災害や、事故が起こると、多くの人が、事故に関して、人間のエラー、管理の欠陥、あるいは安全に関する文化の欠陥、技術的な問題など、さまざまな観点からいろいろな“原因”を論じる。 このように、リスクが解析され定量化される際、そのアセスメントに使われる方法論は“正しく”かつ完全である、という暗黙の了解があり、“リスクと事故の因果関係を説明する”にはさまざまな論理的アプローチがある。本書では、この理論的アプローチに関する研究と事故の因果関係のモデルを記述する。 このような論理的アプローチを確固たるものにするためには、安全に関する文化、ヒューマンエラー、安全管理とリスクアセスメントとの間に相互の関連を築くことが重要である。本書ではこれらの関係を目に見えるものにする手段を述べる。また、リスクのパフォーマンスの尺度を導入する。 ; リスクのない技術はなく、絶対安全を求めると資源と労力の無駄使いになる。したがってリスクと正面から向き合う必要がある。人為事故をいかに防ぐかを解説。〈ソフトカバー〉

内容(「BOOK」データベースより)

本書を読むと、リスクアセスメントの根幹が分かる。つまり、ノウハウやスキルではない根っ子の思想が書かれている。わが国は、明治以来欧米の科学技術を輸入してきたが、その元となる思想を顧みることはほとんどなかった。しかし、リスクアセスメントの上澄みだけを導入しても、わが国には根付かないであろう。それは、リスクアセスメントは著者が指摘する通り純粋科学ではないので、その思想を知るのと、知らないのとでは有用性に著しい差が生じるからである。その意味で、本書はリスクアセスメントに関心のあるすべての人々に読んでもらいたい。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 118ページ
  • 出版社: 丸善 (2000/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4621047868
  • ISBN-13: 978-4621047866
  • 発売日: 2000/09
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 656,064位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち2.0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2016年11月11日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ドッグフード ロイヤルカナン