Facebook Twitter LINE
この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 378 (21%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 1,458
Kindle版
¥ 1,836
単行本(ソフトカバー)の価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 378 (21%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
  • ポイント: 111pt (6%)
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
リスクと生きる、死者と生きる がカートに入りました
+ ¥ 440 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [特記]ゆうメールにて配送のため日祝配送不可。配送日及び時間指定はできません。また郵便追跡はできませんのでご了承ください。■中古商品の場合、擦れ・日焼け・多少の汚れ等、経年による劣化ががございます。帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っているものとなります為、事前の状態・仕様のお問い合わせにはお答え致しておりません。詳しくはAmazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインをご確認下さい。「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物のない場合がございます。■ご注文後、駿河屋からメールが届かない場合はメールアドレスの誤登録、受信拒否設定の可能性がございますのでご確認ください。■弊社サイトと併用販売を行っているため、品切れの場合はキャンセルとさせていただきます。■毎朝7時の受信のため7時を過ぎてからのお問い合わせ、ご注文は全て翌日の扱いとなります。■お客様ご都合のご返品の場合、送料と手数料を差し引いた金額のご返金となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


リスクと生きる、死者と生きる 単行本(ソフトカバー) – 2017/8/24

5つ星のうち 4.4 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本(ソフトカバー)
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 1,105

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「1111」を入力すると最大12%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • リスクと生きる、死者と生きる
  • +
  • 丹羽宇一郎 戦争の大問題
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 127pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

数字では語れない、あの日の出来事――。

岸政彦さん、星野智幸さん、推薦!

「被災地」は存在しない。「被災者」も存在しない。 土地と人が存在するだけだ。
「それでも生きていこうとする人々」の物語が、胸を打つ。
(岸政彦)

ここには、あなたを含め、この本に書かれていない被災した人すべての物語が、ぎっしりと詰まっている。
その見えない言葉に目を凝らして、読んでほしい。
(星野智幸)

「リスク論」からこぼれ落ちる生を探し求めて、東北、そしてチェルノブイリへ――。
若き記者による渾身のノンフィクション。

【目次】
序章

第1章 科学の言葉と生活の言葉
なぜ農家は米を捨てたのか
もう住めないといわれた村で
「帰りたい」が言えない
間に立つ言葉

第2章 死者と対話する人たち
死では何も終わらない
言葉の揺らぎ
揺らぎの先に

第3章 歴史の当事者
観光者のまなざし
災厄のモニュメント
原発と個人の歴史
歴史を託すということ
原爆ドームはなぜ残ったのか

終章

【書評・メディア情報】
朝日中高生新聞(9月24日)/書評(花田菜々子氏・パン屋の本屋)
福島民報(10月14日)「中国新聞」(10月29日)(大林由香子氏・フリーライター)
読売新聞(10月15日)/書評(稲泉連氏・ノンフィクションライター)
朝日新聞(10月29日)/書評(佐倉統氏・東京大学教授)
週刊現代(10月7日)/武田砂鉄氏が紹介
小説新潮(11月号)/西きょうじ氏が紹介
WEDGE Infinity(9月29日)/著者インタビューが掲載
President Online(10月22日)/著者インタビューが掲載
昨日、なに読んだ?(WEBちくま)(10月25日)/書評(山田航氏・歌人)
朝日新聞(10月29日)/書評(佐倉統氏・東京大学教授、科学技術社会論)
中國新聞(10月29日)/書評(大林由香子氏・フリーライター)
毎日新聞(11月19日)/短評
産経新聞(3月24日)/書評(東ちづる氏・女優)

内容(「BOOK」データベースより)

「リスク論」からこぼれ落ちる生を探し求めて、東北、そしてチェルノブイリへ―。若き記者による渾身のノンフィクション。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 280ページ
  • 出版社: 亜紀書房 (2017/8/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4750515205
  • ISBN-13: 978-4750515205
  • 発売日: 2017/8/24
  • 梱包サイズ: 19 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 126,151位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

6件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.4

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

6件中1 - 6件目のレビューを表示

2017年10月10日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年9月1日
形式: 単行本(ソフトカバー)
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年12月31日
形式: 単行本(ソフトカバー)
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年12月1日
形式: 単行本(ソフトカバー)
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト1000レビュアー
2017年10月10日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告