通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 新明商店
コンディション: 中古品: ほぼ新品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

リアル 8 (ヤングジャンプコミックス) コミックス – 2008/10/29

5つ星のうち 4.9 15件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • リアル 8 (ヤングジャンプコミックス)
  • +
  • リアル 9 (ヤングジャンプコミックス)
  • +
  • リアル 10 (ヤングジャンプコミックス)
総額: ¥1,944
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが御利用できます。


登録情報

  • コミック: 209ページ
  • 出版社: 集英社 (2008/10/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088775392
  • ISBN-13: 978-4088775395
  • 発売日: 2008/10/29
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
不定期連載の方はあえて読まないで、コミックになるのを1年に1度楽しみにしています。
こんなに1ページ1ページ大事に読む作品は他にないです。
今回は高橋くんのお父さんが「息子と繋がっていたい」とメイルを始めます。

主人公の3人だけじゃなく、その周りにいる人達一人一人の小さな成長も丁寧に描写しているとこがこの作品の素晴らしいとこの一つです。

また来年の秋が待ち遠しいです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
8巻は清春・野宮・高橋も少しずつ前を向いて、自分らしく自分の道を
進み始めています。〈彼らの現実〉を彼らが受け入れて、
「しんどいなあ。きついな。でも、ま、やってみますか」
と、他ならぬ自分のために、がんばっている姿が描かれています。
そして、そのがんばっている姿が、また他のへばっている誰かを元気
づけている。読んでいると読者の私まで、明るい気持ちになってきます。

歩けないのは辛い。動いていた身体が、動かないのも辛いです。でも、
それを受け入れて、
「こんな自分もOK。こんな自分で生きていくぞ」
と思えるようになってきたのかな…と、清春や野宮、高橋の成長を感じます。

バスケのシーンは読んでいて、ワクワクします。登場人物たちは、本当に楽
しそうにバスケしてる。辛かったり、楽しかったり、泣いたり、走ったり、
笑ったり。日常のフツーのことの中に、大切なものがある。そう教えられま
した。強さ…って、何か。それもきっとフツーのことの中に、答えがあるん
だと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ドリームスをあと一歩の所まで追いつめたものの敗退したタイガース。しかし、それをきっかけに彼らは、「来年のドリームス撃破」という新しい目標を胸に再スタートを切る。会社の倒産で生きる指針を失いつつあった野宮は、彼らを目の当たりにして、己の再起も計ろうとするが・・・。

このマンガは車椅子バスケを題材にあつかっているがために、読んだことのない人からは「そういうもの」がテーマとなった作品なのだと思われがちである(「そういうもの」というのは、僕たちが常日頃染まっている偏見やらヒューマニズムやらなにやらいろんなものだ)。しかしながら、このマンガがテーマとするその本当の射程は障害に止まらない、もっと大きくてもっと普遍的なことであって、そのメッセージは誰にだって届くべきものではないだろうか。

「失う」ということを、元来僕たちはネガティブにとらえてきた。もちろん今だって依然、失うことは恐いし、願わくは避けてとおりたいことだ。
しかし、あまりに多くのものを失ったが故に、逆に見えてくるものもあるんじゃないだろうか。たった一つの残されたものであるが故に、真剣に取り組めることだってあるんじゃないだろうか。
もちろん、障害を負った人の一生癒えることのない喪失と、僕が感じるちっぽけな「喪失」を一緒くたにすることなんてできはしない。でも「喪失したという
...続きを読む ›
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 リキテン 投稿日 2008/11/3
形式: コミック
『リアル』の8巻。
戸川たちタイガースの東京都予選後と
自分の道を模索する野宮、そしてひたすらリハビリの高橋を描く。

本当にわずかだが高橋は前に進んだと思う。
先天的であれ後天的であれ下半身不随はとてもつらい事だ。
だが、より絶望を感じるのは後天的(事故や病気)ではないだろうか。
ふつうに生活できた日常がいきなり終わり、車椅子の生活という現実は、考えただけでも耐えられない。その高橋もこれまでその生活を奪われたことで自虐的になり、現実を直視しない姿(叫びや諦め)が描かれていた。

今回高橋は「床トランス」という基本に挑戦するのだが
その中で同じく床トラに挑む人の話を聞くことになる。彼は信号待ちのときに飲酒運転の車が突っ込み今の状態になったと話す。それを聞く高橋の中には共感とか同情とか優越みたいな気持ちはない。ひたすら人の言葉を聞き、人を認め、人の交わりを体感している高橋がそこにいる。人の「生」を感じ取ろうとする姿が印象的である。

高橋ばかりになってしまったが描写がとても丁寧なのだ。
彼のプライドが落ちたそのときから、彼の「生」の有り様がとてもリアル。
高橋には願わくば戸川と出会い、バスケをしてほしいと思う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー