通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
リアル・シンデレラ (光文社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■ご注文通知から1営業日以内に発送。■水ヌレ、ヨゴレ、キズ防止の為、エアキャップまたはクッション封筒に入れて発送いたします。■万が一、こちらの商品説明及びガイドラインで認められている範囲以外に不良点がございましたら送料及び商品代金を全額返金いたします。■商品の状態 【カバー】多少のキズ・ヨゴレあり。【本体】カキコミなし。多少のキズ・ヨゴレあり。【付属品の不足】問題なし。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

リアル・シンデレラ (光文社文庫) 文庫 – 2012/6/12

5つ星のうち 4.6 41件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 741
¥ 741 ¥ 24

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • リアル・シンデレラ (光文社文庫)
  • +
  • ツ、イ、ラ、ク (角川文庫)
  • +
  • 桃―もうひとつのツ、イ、ラ、ク (角川文庫)
総額: ¥2,064
ポイントの合計: 65pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容紹介

誰もが知っている「シンデレラ」の物語。その物語をテーマに文章を書こうとしていた私が紹介された一人の人物――倉島泉。複数の関係者から話を聞いた私は、彼女に興味を持つ。多くの証言から浮かび上がってきた彼女の人生とは? 本当の幸福を知りたい人に贈る、姫野カオルコ待望の長編小説。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

童話「シンデレラ」について調べていたのを機にライターの“私”は、長野県諏訪市に生れ育った倉島泉について、親族や友人に取材をしてゆくことになる。両親に溺愛される妹の陰で理不尽なほどの扱いを受けていた少女時代、地元名家の御曹司との縁談、等々。取材するうち、リッチで幸せとは何かを、“私”が問われるようになるドキュメンタリータッチのファンタジー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 432ページ
  • 出版社: 光文社 (2012/6/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334764290
  • ISBN-13: 978-4334764296
  • 発売日: 2012/6/12
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 41件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 21,922位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
そういえば直木賞候補になったんだよなあ、きっと取るよなって思ってた。
でも取らなかったのって、なぜ? 
文芸論はよくわからないけれど、こんなに地味だけど、でも人の幸せの本質をこんなにするっと教えてくれた本ってあったっけ?

今、自分が自分がって言う人ばかりで、競争ばっかりで、そんなときに「人の幸せを幸せと感じられること」について考えることってどんなにか大切なことだと思う。
内容は多くの方が書いているような本当に地味な女性の話。
それが、泉ちゃんのことを思い出すと涙が出ちゃったり、彼女と小口とのデートが本当に理想の幸せなデートだなって思えるくらい、なんだか私はのめりこんでしまった。
一人でも多くの人に読んで欲しい。
そうしたら、悲しい事件がもっともっと減ると真剣に思う。

なんで取らなかったのかなとおもって直木賞の選評を立ち読みしたら、浅田次郎と宮部みゆきが絶賛していて、特に宮部みゆきが「姫野さん、この作品を書いてくれてありがとう」って書いていた。
私もそう思う。姫野さん、ありがとう。
選評読むと「なるほどー、この人が反対したんだー」って思いますよ(笑)。
コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「リアル・シンデレラ」、面白かったです!
地味なテーマだし、波瀾万丈展開も、ミステリアスな謎もあるわけでもないのに、読み始めるとやめられず、それどころかどんどん夢中になってしまいました。

こんな地味な話が、どうしてこれだけ自分を引きつけるのだろうと、
とても不思議になりました。
そして読み終えてみて、タイトルの『リアル・シンデレラ』という言葉が、
「ああ、そういう意味だったのか」と、腑に落ちる思いでした。

世の中の人は「シンデレラ」を幸せというけれど、
泉のような、普通の人からみたら、「鈍感」とか、「不気味」とか、
見えるのかもしれませんが、こういう生き方っていいな、と素直に思えました。

倉島泉という女性は、私にとって「超好み」です。
自分の世界を持っていて、一人で楽しむことができる女性というのは、
素直に「格好いい」と思えます。
20歳くらいまでの自分だと、女性のそういう魅力がよくわからなかった。
大人になるとよくわかる。わかれてよかった。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
冒頭で、童話「シンデレラ」の胡散臭さが語られる。シンデレラも意地悪な母や姉妹と同一の価値観を持っているのではないかと言うのである。常に常識や権威を疑う作者らしい発想である。これに対し本作は、本当の「富み善き美しきお姫様の物語」として書かれたもの。全編の底流を奏でるのはアート・ガーファンクルの物悲しく切ない調べ「Mary Was An Only Child」。

ヒロインは1950年に諏訪の旅館の長女として産まれた泉。物語は、作者の分身とも言える雑誌記者の"筆者"が泉の関係者達にインタビューした結果を再構成して、泉の一生をドキュメンタリー形式で綴るという体裁を持つ。矢作俊作氏の実名が出て来る所から、泉のモデルとなる女性が居たのかもしれない。泉には周囲から美しいと呼ばれる妹がおり、その妹と常に比較され揶揄される上に、母からは辛く当たられる。シンデレラと同じ様な設定だが、泉は無私である。卑下もしないし自身の責任と考える旅館経営以外の欲望も持たない。その上、様々な宿泊プランを用意した湯治専用の中期滞在型旅館、有機栽培野菜を用いた料理、手作りの草鞋など新基軸のアイデアを次々と出す聡明さを持つ。そして、自ら泥まみれになりながら畑を耕し、野菜を育てる。服装にも構わない。しかし、関係者達の中で泉を先入観なしに見る人にとっては、泉は「垢抜けた飛び切りの美人」なのである。人が持つ価
...続きを読む ›
1 コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
童話「シンデレラ」について調べていた編集プロダクションのライターが、「シンデレラは幸せになったのか」と疑問を持つことに端を発するリアリズム小説です。
この疑問に意気投合したプロダクションの社長から、知り合いの女性「倉島泉」を紹介され、取材を始めます。
「幸せになったシンデレラ」とは、本当はこのような人の事を言うのではないか。
物語は、筆者より若干年上に設定された「倉島泉」の半生を描いています。

僕には、倉島泉が、シンデレラ、と言うよりは、聖人に思えました。
例えば、悪人を「人の不幸を積極的に願う人」と定義するならば、
倉島泉は、その逆で「人の幸せを積極的に願う人」。つまり、善人です。
僕は、常日頃から「悪人」ではなく「善人」でありたいと、ぼんやり思っていますが、この小説を読んで思ったのは、「倉島泉のようにはなれない。」です。
倉島泉は常人の域を超えた善人。言うなれば聖人の範囲に入ると思います。

それならば、倉島泉になれない僕は、せめて、倉島泉が幸せになることを期待しながら読みました。
親にぞんざいに扱われ、かわいがられた妹の影のように育った泉が、せめて大人になって後は幸せをつかんで欲しい。
そう期待しながら読みました。

物語は、
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック