中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■【通常24時間以内に発送】■コンディションに不備があった場合は、返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包し、迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

リアルヘヴンへようこそ (角川ホラー文庫) 文庫 – 2005/3

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

語り得ぬ世界に、少年は立ち向かう。
無機的な郊外の住宅地で静かに、しかし確実に増幅していた悪意。不穏な気配を察していたのは一握りのホームレスと孤独な少年だった…。生理的、心理的、現実的、あらゆる種類の恐怖を詰め込んだ牧野ワールドの原点。

内容(「BOOK」データベースより)

無機的な郊外の住宅地。最新の通信環境を備えたマンションで、静かに、しかし確実に増幅していた悪意。やがて「ウエルカム・トウ・リアルヘヴン」と銘打った謎のホームページを媒介に、日常は次第に恐怖に侵されていく。不穏な気配を察していたのは一握りのホームレスと孤独な少年ただ一人。彼らのあまりに絶望的な戦いの行方は…?生理的、心理的、現実的、あらゆる種類の恐怖を詰め込んだ牧野ワールドの原点。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 374ページ
  • 出版社: 角川書店 (2005/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 404352207X
  • ISBN-13: 978-4043522071
  • 発売日: 2005/03
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 862,057位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
ホームレスと孤独な少年が邪悪な力に立ち向かう話。社会から疎外された者が特殊な力を持って危機に立ち向かう話は昔から多く、特段目新しい内容はないはずだが、読み終わって数ヶ月経過した後でもストーリーが記憶に残っている。

大変恥ずかしい話であるが、自分でも何を高く評価しているのだかわからない。でも、ホラーを愛する人には一読を勧めたい。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 horror88 投稿日 2005/12/7
形式: 文庫
 ホラーとして恐怖もあり、グロテスクな感じも強いけど、その怖い人や物が何だか異常すぎて滑稽にみえるほどでした。
「だからつまらない」という訳ではなく、ストーリーの展開がテンポよく変わって面白く、終わり方も自分的には良いと思いました。
長めの話ですが、読み終えられると思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
すげえぇ!なんやこれ
というのが読了直後の感想となった99年発の長編作。角川ホラー文庫から刊行されている著者作の中では、これがマイベストとなりました。あんまりの吸引力に、身体の不調を忘れて一気読みして熱が上がってうなされた。山野をごっそり切り拓いて造成されたニュータウン/E-ヴィラ恵比寿台を舞台に置いた、現代の病理渦巻く百鬼夜行、腐肉と汚泥/腐臭と絶叫で塗り固められた毒曼荼羅、あるいは、、あるいは、、、まぁいいや。

とにかく強力、濃密。牧野式毒電波が過去最強濃度で乱反射。S.キング的ホラーに対抗すべく、牧野修が文字通り「造り出した」陸の孤島における怪奇恐慌譚。黒電話片手に「くるえくるえ」と輪唱する女の呪詛が紙面を真っ黒に塗り潰す導入からして異様な期待感に包まれるが、今作はその特濃なる期待感を最後まで裏切ない。団地内で頻発する怪現象や惨殺事件を序奏に、アチラの世界とのトビラが開き、あれやこれやの異形がわんさかと噴出していてこます。毀れた人間の描写には毎度異様なリアリティがある牧野氏ですが、本作ではその手の人間がスパイス程度でなく、それこそてんこ盛りでご登壇。何より本作がスゲーのは、そのコワレっぷりが飾りじゃなく、本筋にガツンと絡んでキテるところ。学校では虐められ、帰宅してからはホームレスウォッチングの成果をWEBで公開する15歳の少年、あるいはそのホー
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
誰にでも怖がられるものを目指したそうです.

確かに,恐怖満載の小説です.

呪い女のエピソードや,暗闇で自らの妄想によって恐怖を増してしまう描写は,

確かに怖いと思いました.

ホラー作品で主人公が自ら怖いところに行くのは,

そこに何もないことを確かめたいからだそうです.

ちょっと納得しました.

怖いことばかり考える自分に,ストップをかけたくなるのかも知れません.

しかし,グロイ描写があまりにも多いため,あまり現実味がありませんでした.

これだけグロイものが続くと,慣れてしまうのかも知れません.

恐怖満載すぎて,逆に怖くなくなってしまったので,☆3個です.
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告