Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 432

¥ 31の割引 (7%)

(税込)
ポイント : 90pt (20%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[オクショウ, 渡辺静]のリアルアカウント(1) (週刊少年マガジンコミックス)
Kindle App Ad

リアルアカウント(1) (週刊少年マガジンコミックス) Kindle版

5つ星のうち 2.9 32件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] リアルアカウント(週刊少年マガジンコミックス)の12の第1巻
その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 432
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 463 ¥ 1

紙の本の長さ: 192ページ

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ



商品の説明

内容紹介

国民的SNS『リアルアカウント』を舞台に、新世紀型デスゲーム開幕!! 『リアルアカウント』の世界にネット依存の柏木アタルほか1万人が、突如吸い込まれた! 「フォロワー0で即死亡」「中の人が死ぬとフォロワーも即死亡」という条件のもと、彼らは人とのツナガリを問う過酷な「ゲーム」に挑む!! 最初のゲームは「リアルフォロワー診断」!!

著者について

渡辺 静
出身:愛媛県、血液型:B型、デビュー:『学舎オーバードライヴ』(マガジンSPECIAL 2004年No.7)、受賞歴:第72回新人漫画賞・入選受賞、作品:『イロコイ』(マガジンSPECIAL 2005年No.2~No.6) 、マガジンKC『CHIMES』全5巻、『この彼女はフィクションです。』全4巻。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 51082 KB
  • 出版社: 講談社 (2014/5/9)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00K1ZQSEQ
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
作品内容は他のデスゲーム作品にありがちな理不尽なゲームに巻き込まれ有無を言わさず殺されるものです。

目新しさはなく頭脳戦を売りとしているのに読者に十分なルール説明をしないまま話を進行し挙げ句の果てには途中でルール変更を行う。登場人物の死に対する倫理観もめちゃくちゃで台詞回しも寒く(wwwと草を生やすなど)、はっきり言って面白い作品ではないです。

SNSを題材にした話題性のみで成り立っている作品です。ある程度漫画を読んでいる人間にとってはページをめくることさえ億劫に感じます。

この漫画を絶賛している人は普段漫画をあまり読まない小学生か中学生あたりの人だと思われます。
世の中には素晴らしい漫画作品がたくさんあるので無駄な出費をするくらいなら他の作品を買うことをオススメします。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2015/1/8
形式: コミック
いわゆるデスゲーム系の中で、SNSというキャッチーな題材でアホを釣っただけの問題作。私は「デスゲーム」という格好いい呼称が嫌いなので「人がたくさん死ぬ系」と呼んでいます。

死ぬ系作品の醍醐味と言えば、死にたくないという原初的感情、恐怖心や絶望感の表現にあります。あとは機転や工夫で死を回避する希望ですとか。何にせよ、死を扱っている以上、軽い作品にはできません。

その点、リアルアカウントはライト過ぎます。
同じ場で人が死んでいるとは思えないくらい平然としている。冗談を飛ばす。割りとすぐに状況を受け入れる。そのくせ思考はトロい。
しかも舞台は異世界!(個人的にはこれが未知のウイルスや記憶改竄並みに苦手)

作者側が売りにしているであろう、実際のSNSの問題に目を向ける……といった部分についてですが。これも面白味に欠ける。それくらい言われなくても皆わかってるよ、というのが感想です。あまりに普通すぎて、書いていないのと変わりないくらい。さっぱり頭に残りません。エグさ皆無。

なんかもう色々と安易でどうしようもない。本も映画も漫画すらもロクに手に取らないような小学生〜中学生くらいの子が好きそうな一品です。
週刊に移ったようですが、月刊でこの絵なのに週刊で描けるのかと心配しておきます。
コメント 70人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
私は書店でこの本のテロップに惹かれ2巻まで購入したのですが、今まで買った漫画の中で最も買ったことを後悔する様な漫画でした。
死と隣り合わせになった時、他人には目もくれず一心不乱で自分だけが生き残ろうとする人間の本質、汚さがどれだけ描かれるか、というのがデスゲームを取り扱った作品の魅力の一つだというのに、それが全然描かれてません。また、主要なメンバーを生き残らせる、今後都合の良い展開にする為か、明らかにやらせだろと思う様なシーンがあり、一巻から萎えました。舞台も、あくまでSNSでTwitterとFacebookが混ざってる様なよくわからない世界で、そこら辺の設定ももっとちゃんとして欲しかったなぁという感じです。
イラストもとりあえずグロくしとけば良いやって感じで、謎のグロシーンが多数。
何かもう売り込みの仕方しか褒めるところがないので星一つ。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
1巻だけは素直に面白いと思いました。
その面白さに惹かれ、最新刊の5巻まで一気に買ってしまいましたが、2巻以降は失速します。
SNSを使用した斬新なデス・ゲーム、現代の人間関係に対する皮肉・・・切り口は本当に面白いんです。
でも、その持ち味を引き出していたのは1巻までであり、2巻以降のストーリーは蛇足です。
特に3巻からは週刊連載に以降した都合か、第二部になって登場人物も変わり、
全体的な雰囲気も甘くなってしまったのが残念。
何故ここで2巻以降の話をするかというと、タイトル通り1巻だけで十分だからです。
「1巻を読んで全巻買ったら私のように後悔するぞ」という意味合いです。
星3にしたのも、皆さんに2巻以降への期待を持たせないためですね。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
大筋はちゃんとした設定だと思うが、
その上にのっかってるストーリーが陳腐。
SNSという着眼点は、
良い意味で時代性を反映していて共感を持てるが、
悪い意味で「単なるあるある」に成り下がっているのが残念。
それ以外の設定面も「結構大切そうな」部分をざっくり消化しつつ、どうでもいいディテールに拘ってしまっていて何とも節操ない作品に見えてしまう。

ストーリーは(書き手の)行き当たりばったり感があり、
困った時には『お色気シーン』という、
今時の中学生でも喜ばないような内容満載。

また、他の方のレビューにあるように
人の死や負傷が非常に軽く扱われており
(倫理的な問題は無視しても)
ゲームにおける緊迫感が薄くなっている。
比較的早い段階から
この人の描く「死」が怖くなくなり
途中からお茶漬けのように
サラサラ流れる軽妙な印象になりました。

中盤?以降話の雰囲気も変わり、
主人公の甘さなどが消えていきますが、
この流れは「トモダチゲーム」などの方が
きちんと描かれている。
そのトモダチゲームですら
デスゲーム系の中では中の中程度の評価なの
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover