ラーメンズ第17回公演『TOWER』 [DVD] がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ラーメンズ第17回公演『TOWER』 [DVD]

5つ星のうち 4.1 42件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,500
価格: ¥ 2,784 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 716 (20%)
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 2,784より 中古品の出品:5¥ 1,930より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ラーメンズ第17回公演『TOWER』 [DVD]
  • +
  • ラーメンズ第16回公演『TEXT』 [DVD]
  • +
  • ラーメンズ 第15回公演 「アリス」 [DVD]
総額: ¥8,352
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ラーメンズ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2010/09/15
  • 時間: 100 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 42件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003VKZM04
  • EAN: 4988013425026
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 18,585位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

ラーメンズ第17回公演『TOWER』、待望のDVD発売決定!

オリジナリティ溢れる笑いを追求し続け、カリスマ的な人気を誇るコントグループ・ラーメンズ。
最小限だがアーティスティックな舞台美術と照明、シンプルな衣装と音響で緻密に計算された笑いを演出し、
圧倒的なクオリティを生み出す彼等の、第17回公演『TOWER』が、遂にDVDとBlu-rayで発売決定!

2009年4月1日~6月28日に及ぶツアーで42,000人を超える観客を動員しながら、
チケットは全公演すべて秒殺完売で入手困難となった超プレミアムライブ、ラーメンズ第17回公演『TOWER』から、
東京グローブ座で行なわれたステージの模様を、ハイビジョンで完全収録!

作・演出:小林賢太郎
出演:ラーメンズ(片桐仁・小林賢太郎)

(C)2010 TWINKLE CORPORATION

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

カリスマ的人気を誇るコンビ・ラーメンズが行ったツアーの中から、2009年6月の東京グローブ座の模様をDVD化。最小限だがアーティスティックな舞台美術と照明、シンプルな衣装と音響で緻密に計算し演出された彼らの笑いを堪能できる1枚。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
私の「ラーメンズDVD」シリーズの最後に購入しました。今までのコントをずっと見てきて、いつも「ラーメンズはがんばってるなぁ。」と励まされていましたが、この「TOWER」は集大成という感じで、本当に良かったです。
特に音楽が、今までのコントではサティを使ったりしていましたが、「TOWER」は完全にオリジナルでしょう?オープニング曲すごく好きだし、と、最後のこれまでのキャラクターが階段を上がっていくシーンでは涙すらにじんできました。私の観た彼らのDVDの中では、これがいちばん好きです。最初から最後まで続けてみると、感動します。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ダン 投稿日 2010/10/28
Amazonで購入
楽しみに楽しみにして購入しました、
今回のDVD!

期待をかけすぎたかもしれません。

しかし、ラーメンズファンの私としては
楽しかったです。

しかし、ラーメンズを知らない人に紹介するなら
別のDVDを勧めると思います。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 平主任 VINE メンバー 投稿日 2010/9/20
「売れてるものが良いものだったら、世界一うまいラーメンはカップラーメンだ」と甲本ヒロトは言いました。皮肉ですね。というわけで、世界一うまいラーメンズはやはりラーメンズただ一組なのです。

脳科学者の茂木先生との対談が読める「広告批評 (NO.321(2007DEC)) 」にて。「学生たちが学園祭でラーメンズの脚本をやってもある程度は面白くできるが、ラーメンズがやるのが一番面白い」。それは脚本が小林賢太郎ありき、片桐仁ありきだから当然であり、一番大事なのは舞台で起きる想像以上の「答え」。

「コメディアンが舞台に立つのは、外科医が全然練習しないでいきなり手術するようなもんだ(ジェリー・サインフェルド)」つまり観客がどう反応するか分からないから、笑いは練習できない。ラーメンズの出したひとつの答えは「質を追い求める」ということ。

脚本においても「事件とか起こしたくないんですよ。人が死ぬとか銀行強盗とか大惨事とか、そんなのドラマがあるに決まってるじゃないですか。それがない状態で同じような見応えを作ることができるなら、絶対そっちのほうが上質だと思うんです。」と小林賢太郎は語ります。「見応え」というブランディングにおいて、セットや衣装がシンプルなのにもキチンと信念があるのです。

今回の第17回公演「TOWER」
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 「ATOM」くらいまでは最高峰の完成度だと思うのですが、それ以降は小林さんのソロも含めて迷走気味ではないかというのが正直なところ。シュール、芸術的といった評価に囚われ、以前に見られたストーリー展開の意外性、どんでん返しといったものがどんどん少なくなっている様に思います。中でも1本目後半の、ナレーションの指示を2人が解決するような展開はちょっともう食傷気味かなと。
 結局彼らには笑いを求める私のようなタイプにとってはあやとりの時の下らなさや、「やめさせないと」の後半の意外ながらほのぼのとさせるまとめ方のほうが、よっぽど面白いと思うのですが・・・
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ここまで引き込まれる舞台は他にあるのでしょうか。
特に終り方が最高です。ピアノの演奏に、これまで出たキャラクター達が階段を登って舞台を出て行く演出。
改めてラーメンズの舞台はただのコントライブでない事に気付かされました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ラーメンズのDVDはすべて持っていて大ファンです。

今回も計算された素晴らしいコントであり、ことば遊びやパントマイム、テンドンなどラーメンズ節が見れます。

ただしいて言えば、好みの問題もあるかと思いますが、前回のTXETほどの感動や前々回のアリスほどの笑いはありませんでした。

ラーメンズのDVDの中では、中の上か上の下位だと感じたのが素直な感想です。(あくまで個人的なものです)。

次回に期待を込めてあえて厳しく星3つにしてみました。が、同意してくれる方もいるかと思います。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 key 投稿日 2010/12/23
Amazonで購入
『ALICE』、『TEXT』を経て、2009年のラーメンズが表現したのはカオス。
初期の公演を意識したのか解らないが、今回は何となく失敗しているような印象を受けた。『ALICE』では「小林賢太郎のプレーヤーとしての欲求を満たすため」と「いつも通り片桐仁がおいしい存在になる」と云う二つの条件をクリアするために、ラーメンズらしさをより強めた脚本が練り上げられていたし、『TEXT』は、日常に転がる『言葉』をもはや神々しいものに感じさせるような、ラーメンズの今のところの最高到達点だった。
しかし、今回の『TOWER』はどうだろう。シュールなアイデア一本を巧いこと構成し押し通していくようなお馬鹿コントが多めで、それはそれで構わないのだが、だったら初期の『home』『FLAT』『news』のころのほうが断然面白かった。
一本目の『タワーズ』は、謎の天の声から出題されるお題に沿って箱を組み立てていくと云うものだが、あまりにも使い古された手法だし、新鮮さもなく、途中から退屈になってしまう。ただその分、二本目の『シャンパンタワーとあやとりとロールケーキ』は面白かった。三本目の『名は体を表す』はさらに面白く、片桐のはっちゃけっぷりと小林の器用な変声と女海賊クリムゾンメサイヤの架空の活躍には爆笑した。だが、四本目の『ハイウエスト』では、『タワーズ』以上の退屈を感じてしまい、
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック