ラヴ・ミー・バック がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態】:帯・ライナー付き。ケース・盤面・ジャケットとも、概ね問題なく、非常にきれいです。検品・清掃をさせていただいておりますが、あくまで中古品のためその他に経年劣化等ある場合があります。◇丁寧迅速・送料無料+保証付【Amazon倉庫より発送の商品につき、お急ぎ便・代引き・コンビニ受取対応。 コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edyによる支払いも可能です。】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,600MP3アルバムを購入

ラヴ・ミー・バック

5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,376 通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 1,540より 中古品の出品:3¥ 1,280より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ジャズミン・サリヴァン ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ラヴ・ミー・バック
  • +
  • Fearless (Sba2)
  • +
  • Reality Show
総額: ¥5,924
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2010/12/8)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: SMJ
  • 収録時間: 44 分
  • ASIN: B003X03CJ0
  • EAN: 4547366056181
  • その他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 369,360位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
3:36
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
2
30
3:07
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
3
30
4:02
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
4
30
3:29
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
5
30
3:12
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
6
30
3:51
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
7
30
3:33
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
8
30
3:53
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
9
30
3:10
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
10
30
4:43
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
11
30
3:40
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
12
30
3:22
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 

商品の説明

内容紹介

あの頃と今をつなぐ音楽-現代に蘇ったソウル・ディーヴァ待望の2nd

08年に全米R&B4週連続No.1のデビュー曲「ニード・ユー・バッド」でシーンを轟かせたグラミー・ノミネートR&B/ソウル・シンガー。若干11歳でアポロシアターを経験、高校生で“ブラック・リリィ”(ジル・スコットやザ・ルーツなど多くのアーティストを輩出してきた“若きアーティストの登竜門”として有名なパーティ)に史上最年少でレギュラー出演と、早くからその頭角を現していた。ミッシー・エリオットが温めつづけた逸材とあって、歌唱力/センス/パフォーマンス性のどれをとっても、ここ数年の新人の中で一歩抜きに出た存在であるジャズミン。そんな彼女が全米R&BチャートNo.1獲得の『フィアレス』から約2年、遂に世界中のミュージック・ラヴァーズが待ち望んだ新作を発表する。最新シングルは、ヒップホップ/R&Bを通ってきた人なら誰でも呻る90s的アプローチの名曲。プロデュースには前作に引き続きミッシーを中心に、Ne-Yoやスターゲイトらも参加予定。これはアルバムへの期待を高めずにはいられない!

<対訳あり>

※スペシャル・プライス \2,310(税込)
※国内盤のみボーナス・トラック収録予定

メディア掲載レビューほか

歌唱力、センス、パフォーマンス性のどれをとっても抜き出た存在であるジャズミン・サリヴァンのセカンド・シングル。ミッシー・エリオットを中心に豪華プロデューサー陣が参加し、ヒップポップ/R&Bを通ってきた人なら誰でも呻る90年代的アプローチの名曲を収録。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 cure 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアー 投稿日 2010/12/4
形式: CD Amazonで購入
2年前のデビュー作「Fearless」でいきなりグラミーに複数部門ノミネートされたりと早くも脚光を浴びたJazmine Sullivan。し
かし彼女が持つオールド・スクール風情のハスキー声はどちらかというと玄人受けする硬派な印象があり、ここまでメジャー
な存在になったのは前作の総合プロデューサーMissy Elliottの後押しなど話題性の部分も大きかったと思う。それだけにメ
ジャー・レーベルから2枚目がリリースされるか心配したが、相変わらず存在感抜群の歌を聴かせる2作目が発表された。

元々優秀なソングライターでもあるJazmineのこと、自らの骨太な声が映えるメロディ造りに長けており、どの曲も強く印象に
残る。本作も全11曲40分と驚く程潔い造りだが、その中の音楽の密度は相当濃いと言ってよい。音創りは古びたピアノの音
やチープなシンセサイザー音を織り交ぜたりと、何処か懐かしさを感じさせるプロダクションを意図的に施した曲が多い。しか
し過激な音が溢れている現在本作の様なサウンドは逆に新鮮ささえ感じ、何
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
2008年に発表された1st
Fearlessが傑作だったため
この2ndがどの様になるのか
かなり心配していたが
その心配は無用でした。

リードシングルにもなった
Missy姐さん作の
#1.Holding You Down
からして最高!!
#3.Good Enough では、
Chuckが良いお仕事してます。
#4.Don't Make Me Wait は、
80年代を感じさせる
MonicaのIf You Were My Man を
彷彿させる様なトラックに
軽快に歌声がのる様子が
なんとも心地よい曲です。
そして、このアルバムの
ハイライトの1つであろう
#6.Redemption は
かなりドラマティックな曲。
#8.U Get On My Nerves は
NEーYOとのデュエット。
歌詞にある

Busted Your Window

と言う一節に、思わずニヤリと
してしまいました。笑
#9.Stuttering は、
タイトルが意味する通りで、
<
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 夢人 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/9/23
形式: CD
 デビュー時点でタダ者じゃないと踏んでたが,相変わらず「歌力」が凄い。
 ハニードリッパーズに,NAS,ダグ・E・フレッシュ&MCリッキー,メアリー・J・ブライジと豪華サンプリングの「Holding You Down(Goin’ In Circles)」では,しっとりと物憂げなメロディーを凛と歌い上げ,セツナ系アップテンポ「Don’t Make Me Wait」では,胸がキュンと鳴るようなキュートな歌声。ジャジーでブルーな「Redemption」では,スムースなラップにビター・スウィートなシャウト。
 Ne-Yoとデュエットしたそよ風のようなバラード「U Get On My Nerves」では,包容力を感じさせ,壮大なスケールの「Famous」では,シンフォニックなサウンドにも負けない伸びやかで存在感のあるヴォーカルに圧倒される。
 これだけでも傑作に値するのだが,本作のハイライトは「Excuse Me」。古きよきソウル・ミュージックを想起させる甘美でドラマティックなスロー。クライマックスの熱唱は鳥肌モノ。
 エンディング「Catalogue Girl」は,ショー・ビズの世界の厳しく哀しい現実をシニカルに歌い上げている。でも,ジャズミンには当分の間,この歌とは無縁のサクセス・ストーリーを突っ走って欲しいもの。
 ヴォーカル,サウンドともに充実した会心の1枚。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す


フィードバック