通常配送無料 詳細
残り15点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ラヴクラフト全集 (1) (創元推理文庫 (523... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。s6547_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ラヴクラフト全集 (1) (創元推理文庫 (523‐1)) 文庫 – 1974/12/13

5つ星のうち 4.2 45件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 756
¥ 756 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ラヴクラフト全集 (1) (創元推理文庫 (523‐1))
  • +
  • ラヴクラフト全集 (2) (創元推理文庫 (523‐2))
  • +
  • ラヴクラフト全集 (3) (創元推理文庫 (523‐3))
総額: ¥2,030
ポイントの合計: 59pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

幻想と怪奇の作家ラヴクラフト。その全集第一巻! 彼の生みだしたクトゥルフ神話が怪しく息づく傑作「インスマウスの影」そして「闇に囁くもの」、デラポーア家の血筋にまつわる恐るべき秘密を描いた「壁のなかの鼠」、彼の知られざる一面を垣間見せるブラック・ユーモアの「死体安置所にて」の全四編を収録、怪奇小説ファン必読の書!

●収録作品
「インスマウスの影」
「闇に囁くもの」
「壁のなかの鼠」
「死体安置所にて」


登録情報

  • 文庫: 317ページ
  • 出版社: 東京創元社 (1974/12/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4488523013
  • ISBN-13: 978-4488523015
  • 発売日: 1974/12/13
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 11 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 45件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,469位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
巻末に驚くほど詳しく「ラヴクラフト」や、「クトゥルー神話」に対する写真つき解説が載っていて、文庫とは思えぬ豪勢な全集です。まさしく「決定版」です。
彼は「ウィアード・テイルズ」というSF三文小説誌(今の日本でいったら、少年サンデーとかみたいなもの。アメリカではマンガではなく、小説が娯楽の中心。)で、独特の文体を駆使した恐怖物を書きつづけていました。これら短編は一作一作が独立したストーリーですが、同一の世界観を持ち、それを「コズミック・ホラー」と呼びます。
基本的考え方は・・・・
この地球も、宇宙も、実は眠れる邪悪な存在に支配されていて、人間などその宇宙の歴史の中で偶然生まれたものに過ぎない脇役(旧支配者の慰み物として「作られた」という展開もあり)!
彼らが目覚めたとき、人類など痕跡すら残すことなく消え去るであろう。
人類に救いは無い。
そして今も彼らは目覚めようとしている。
という、「人類は神の寵愛を受け産まれた」と、キリスト教的観念を結構まじめに信じていた1930年代のアメリカ人にとっては「衝撃的」なストーリーでした。
(諸行無常の日本人にはこの考え方はさほど衝撃ではありませんが、それでもこの小説群は素晴らしい!)
このコアな世界観はSF、ファンタジーのファンにウケ、「シェア・ワールド小説」
...続きを読む ›
コメント 97人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
怪奇小説傑作集の「ダンウィッチの怪」が大変おもしろかったので、こちらにも挑戦。

ホラー小説は色々読んできましたが、その内容が夢に出てきてしまったのはこれが初めて。
読んでいる間も 海の生臭さや川の泥の臭いなどが感じられて、気味悪く嫌な気分を味わい(味わえ?)ましたが
夢はもっと怖かった!
「ダンウィッチの怪」だけで止めておけばよかったと思う今日この頃です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 birdsong VINE メンバー 投稿日 2016/5/20
形式: 文庫 Amazonで購入
この巻は大西尹明さんの名訳で読み応えありますねー。

ただし、「闇に囁くもの」の中に一カ所理解できない個所があるはずです。最初の手紙の引用部分です。それは元のテクストに問題があって、昔流通していた版だと

If I knew as little of the matter as they, I would feel justified in believing as they do.
(もし私もまた、この件のことを知らなければ、彼らと同じくその説に納得してしまっただろう)

で、この後の部分とつながりませんでした。最近流通している版だと

If I knew as little of the matter as they, I would not feel justified in believing as they do.
(もし私もまた、この件のことを知らなければ、彼らとは違ってその説には納得できなかったのではないか)

と not がついていて、これだと意味が通ります。大西さんは前者によって訳したのですね。大西さんは故人ですし、著作権が生きてる間は修正できないのが残念です。新しいテクストで青空文庫の誰かが訳さないかな(笑)
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
文章としては飾り表現が多く言い回しも古臭いのでなかなかとっつきにくいのだが、一種独特な世界観を読者に伝えるのには必要だったんじゃないでしょうか。翻訳の良し悪しがよく評価の対象になってますが、自分が読み終えた感想としては「臨場感あふれる作品。ページがスルスル進む。じつにおもしろい。」といった具合です。読みにくさはさほど問題にならないと思うのですが・・・。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
40年前に知ってから、何度も読み返している2人の作家の内の1人です(実際は2人じゃないけど)。もう一人は夢野久作。繰り返し読むのに耐えうる作家です(少なくとも私には)。中には陳腐な作品もあったのですが、今ではもう陳腐だと思えなくなっているので、このレビューは正当な評価にはならないかも…(笑)。
アメリカ東海岸の下の方、馴染みのない所が主なる舞台と言うのも私には新鮮でした。いや、新鮮です。
ホラー小説ではなく怪奇小説です(私の中の分類では)。ぐるぐる回る、怪奇なる回転木馬!
なんで子供騙しの怪物が出て来るのに、こんなに読ませるのか!
何を書いても読ませる力がある。これを文学と言うのでしょうね。
顎が長いのも夢野久作と似ています。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック