通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ラヴクラフト全集 (1) (創元推理文庫 (523... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★帯なしです。★表紙に、スレ等若干の使用感が見られます。★中身は、書き込みや破れ等もなく、状態良好です。★発行年等により、表紙がイメージと異なる場合があります。★ご不明な点などございましたら、お気軽にお尋ねください。★ご注文後、防水のためクリスタルパックにて梱包し、迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ラヴクラフト全集 (1) (創元推理文庫 (523‐1)) 文庫 – 1974/12/13

5つ星のうち 4.2 46件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 756
¥ 756 ¥ 71

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ラヴクラフト全集 (1) (創元推理文庫 (523‐1))
  • +
  • ラヴクラフト全集 (2) (創元推理文庫 (523‐2))
  • +
  • ラヴクラフト全集 (3) (創元推理文庫 (523‐3))
総額: ¥2,030
ポイントの合計: 62pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

幻想と怪奇の作家ラヴクラフト。その全集第一巻! 彼の生みだしたクトゥルフ神話が怪しく息づく傑作「インスマウスの影」そして「闇に囁くもの」、デラポーア家の血筋にまつわる恐るべき秘密を描いた「壁のなかの鼠」、彼の知られざる一面を垣間見せるブラック・ユーモアの「死体安置所にて」の全四編を収録、怪奇小説ファン必読の書!

●収録作品
「インスマウスの影」
「闇に囁くもの」
「壁のなかの鼠」
「死体安置所にて」


登録情報

  • 文庫: 317ページ
  • 出版社: 東京創元社 (1974/12/13)
  • ISBN-10: 4488523013
  • ISBN-13: 978-4488523015
  • 発売日: 1974/12/13
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 11 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 46件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 13,258位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
文学に全く精通していない素人目線で感想を述べさせていただきます。
情景描写が非常に細かくまさにそれを今見ている気分になりました。ただしその描写には硬くて難しい言葉がそこそこ多用されているので一気に読み切るのはとても疲れると思います。時間をかけてじっくり読む物ではないでしょうか?
描写と裏腹にストーリーは割とよくある感じでした。ですが別に面白くないというわけではないです。ストーリーより描写の詳細さを味わいたい人に向いているかもしれません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 はいでぃよ トップ100レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/11/28
形式: 文庫 Amazonで購入
話の筋はかなり面白いのですが、文章が日本語としてとても読みにくい。
 一文が長くて、修飾が多いからなのか、会話文などで文法的に?なところがあるからなのか、読みにくい。しかし、今風の簡潔明瞭な文章にしてしまうと、物語の異質感、ドロドロ、くどくど感がなくなって魅力も減るような気もする。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
アメリカのホラー作家ラブクラフトの代表作『インスマスの影』所載。
ラヴクラフトの世界観を表すクトゥルフ神話の初めとなった小説。

と,ここまでは百科辞典の受け売り。
ホラー、クトゥルフ神話あたりがキーワードとなって、
それが気になったので読んでみたがせっかちなぼくには合わなかったようだ。
この小説は何ページまで読み進めば怖くなるのだろう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ぱっと見で印象的だったのは、独特な文脈による言い回し。
時代的なものか、書き手の味か、理解しやすいかは読み手で違ってくると思うから、万人受けで現代向きかと聞かれると、うんとは即答しにくい。

ただ、その不気味さ、文脈に醸し出される異様な空気、何か不穏なものがにじり寄ってくるような雰囲気は逸品。
特に一話目に収録されている『インスマウスの影』は、当初なだらかだった丘が、徐々にこう配の荒い悪路に変じていくような起伏があり、ハラハラドキドキする緊迫のシーン、予測不能な展開によって最後まで飽きさせない。
読み終えた時には鳥肌を立たせながら唖然とし、最後のページを何度も読み直してしまう、そんな意外性に満ちている。

難点としては、文字が小さくぎゅうぎゅうに並べられているので読みにくい、また目が疲れやすい事だろうか。
異次元的で非現実な世界観なので、現実主義(懐疑論者)には理解できないかも知れない。
また、文章が細かく区切られ、長文な説明や言い回しが多い事から、じっくり文と向き合う根気がない人には向かないかも。

想像力によって形を成す、恐怖と奇怪さと面妖さで溢れるこの作品は、サイレントヒルなどの精神世界を好む者にはお勧めではないかと思う。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
奥付を見て驚いた。私が生まれた年に初版が出て今年の一月に出たのが56版。翻訳者(名前が読めなかった、“ただあき”)が21世紀初頭に物故されているが、何故生前に改訂版を出されなかったのだろう。この回りくどくて勿体をつけた極めて読みにくい戦前の翻訳調の文体であればこそ、ラヴクラフトの世界を堪能できるのだ。みたいな変な定着が出版界と読者との間で成立しているのだろうか。あの分厚いスティーヴン・キングの小説を読破させてくれた契機となった白石朗の翻訳で読んでみたい。日本において再発見、再評価されても良いのではないだろうか。ラヴクラフトとフィッツジェラルドの執筆期間が重なる部分がある。チャップリンの「街の灯」が上映された頃。アメリカの大恐慌があった頃。その頃にあのような作品を生み出したラヴクラフト。とても凄いと思うしすごくカルトだけれど、もう少し敷居の低い間口の広いカルトにして欲しいです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
クトゥルフ神話に興味があったので
これを買いました
SAN値がゴリゴリ減りましたが面白かったです
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
アンソロジーで何作か読んでいるが、まとめて読んで見た。中編二作と短編二作を収録。
『インスマウスの影』不気味な海辺の町を支配しているのは、奇怪な亜人類だった。
徐々に真相に迫っていく筆致は迫力があり、引き込まれる。
が、異なる民族に対する嫌悪感たっぷりの描写は、読んでいて気分が悪くなる。作者はひどい差別主義者だったそうだ。
おっさん、他人の事いえるか?あんたも写真で見るかぎり、かなり気持ち悪い顔してるぞ。

『壁のなかの鼠』逆転が技あり。近代的なセンスを感じる。
『死体安置所にて』陰惨なコント。暗いO・ヘンリーとでもいうか。わりと好き。

『闇に囁くもの』ホラーというより、混合型トンデモ話だ。
人類が発生する前の地球に、冥王星から恐怖の邪神がやってきた。
ちょっと待て。宗教は人間が作ったものだろ。恐怖は人間だけが感じる感情だ。人類発生以前に神と恐怖が、どうやって存在できるんだ。
クトゥルフ神話とやらがやたらと評価されているが、SFやファンタジーならともかく、
ホラーを体系的に創作することなんか、できるだろうか。
あと2冊ほど読んでみるけど、あまり期待していない。本書は小説として、まずまず面白かった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー