中古品
¥ 337
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ランチは儲からない 飲み放題は儲かる 飲食店の「不思議な算数」 (セオリーブックス) 単行本(ソフトカバー) – 2008/4/10

5つ星のうち 4.3 19件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 337
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

飲食店の現役オーナー兼コンサルタントが明かす裸の数字。グルメファン、開店希望者が知ってトクするお店の真実、大公開!

お店の本当の台所事情とは――
●「おひとり様」のお客さんがどんなに大切なのか
●「常連さん」は1500人いないと苦しい?
●「潰れるお店」の特徴第1位は?
●「予約キャンセル」にお店側のホンネは?
●「賞味期限」は飲食店の場合どうなっているのか
●「カード払い」はやっぱり嫌がられるのか
●「おススメは?」のひと言は意外に困る/ほか

内容(「BOOK」データベースより)

銀行のファンドマネージャーから、飲食店オーナー、そしてお店のプロデューサー&コンサルタントに転身した筆者が見てきた「飲食業界の裏側」。お酒や料理が好きな人から、開店希望者まで、飲食に興味のあるすべての人に「現場のホンネと数字の真実」を教える。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/4/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062146258
  • ISBN-13: 978-4062146258
  • 発売日: 2008/4/10
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 15.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 324,944位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 geec VINE メンバー 投稿日 2009/1/25
形式: 単行本(ソフトカバー)
飲食業のビジネスを主に数字(損益分岐点、坪単価売上、収益還元法などなど)でわかりやすく解説した本。

自分のような飲食業に無縁の者から、これから飲食業を始めようと思う者まで、読んでおいて損はないだろう。

「飲食ビジネスは原価率(材料費率)が30%で儲かっていいなぁ」と思っていたが、実際は損益分岐点ぎりぎりで商売している実情がわかり、興味深かった。

たった1組の客が増えるだけで飲食店がとても助かる理由や、年に一度でも通えば常連といえる理由、ランチ満席が当たり前の理由などなど・・

ちょっと飲食店に甘い夢を見ていた自分には、どこでも商売の厳しさは一緒だなぁとガツンときました。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
客、スタッフ、経営者のあらゆる立場から「良い店を作り、長続きさせるには」について考えた、とても読みやすく為になる本でした。数字を使った例も分かりやすく書かれていて、飲食店経営に興味がある人には、特にお勧めの本です。

("〜は儲かる、〜は儲からない"、というタイトルは何処かで聞いた事があるようなタイトルで、この本には合わないタイトルだと思いました。)
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
飲食店経営を見直したい方、飲食店経営をこれからお考えの方、
飲食店経営を支援する方、におすすめの一冊です。

本書は飲食店経営を「数字」の簡単で、
具体的にわかりやすく語られております。

・「常連さん」は何人必要か?

・「カード払い」は嫌われるのか?

・開業資金はいくら必要なのか?

・「最初の3ヶ月」でその後の結果が変わる

などなど、興味深いテーマが盛りだくさんです。

事例が20〜30席程度の小さなお店が中心で、
わかりやすいです。

一般的な売上構成から、人件費、飲み放題の数値と
飲食店の独立開業の夢を現実に落とし込むのに
とても参考になります。

第二の人生で、自宅を改装して喫茶や居酒屋を
したい方にも参考になると思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
日々のランチ、大体1000円がボーダーラインです。
初めて行って(たまたまその時)サービスが悪かったりすると
二度と行かなくなる店があります。
もちろん、美味しい・不味いは、気にします。
注文してから(ちょっと)時間がかかるとイライラする先輩がいます。

価格、サービス、料理、内装、立地…
ランチに限らず、お店(飲食店)を選ぶ際には色んな要素を加味してるかと思います。
その色んな要素をお店の立場で事実として判りやすく説明してくれてます。
お店はこんなにガンバってるんだ、お客さんも気付いてよ!ということではなく、
お客の立場では知る機会が少ないお店の実情が書かれています。

こういうことを知ると、お店選びの基準が少し変わるのではないでしょうか?
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本は業界のバイブルです。
こんなノウハウが、1470円で手に入るなんて、信じられん。
数字を挙げて詳細に説明してるのに、難しくない。
外見は安っぽい本だが、内容は数万円(数十万)してもおかしくない。

自分は業界人じゃないので、軽く読んだが、もしこの業界に行く時が
きたら、もう一度じっくり読もうと思う。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mfhty トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/1/30
形式: 単行本(ソフトカバー)
 「飲食店の不思議な算数」という副題のついた本だけに、飲食店経営を数字で分析しながら、(a)どれだけの常連客が必要か、(b)値段設定はどの程度でなければならないか、(c)材料費や家賃・光熱費・人件費などの比率はどの程度が標準か、などを解き明かしています。
 また、飲食店を開店・経営するときの注意点もさまざまに書かれています。

 私は飲食店経営にかかわる者ではなく、単に利用するだけですが、飲食店経営は意外に利幅がないこと、趣味の延長でできるようななまやさしい業界でないことなどがよくわかりました。
 大事なことをとても簡単にやさしく書いてある本です。素人でこれから飲食店を経営しようという人にとっては非常に貴重な有益な本と思います。

 なお、私は「『お通し』はなぜ必ず出るのか―ビジネスは飲食店に学べ (新潮新書・2009年5月刊)」を読んでからこの本を読みました。両者は、似たタイプの本ですが、どちらかというと「ランチは儲からない〜」のほうが、飲食店を経営する人向けの色彩が濃いと思います。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー