ラプンツェル がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,250
通常配送無料 詳細
発売元: MUSIC HOUSE アマゾン専用在庫
カートに入れる
¥ 2,250
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 2,376
通常配送無料 詳細
発売元: イーブックスパイダーFBA支店:新品のCD・DVD・DVDBOX等を販売
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,100MP3アルバムを購入

ラプンツェル

5つ星のうち 4.8 26件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,132
価格: ¥ 2,250 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 882 (28%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Enezealが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の Cocco ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ラプンツェル
  • +
  • サングローズ
  • +
  • ブーゲンビリア
総額: ¥6,736
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2000/6/14)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 収録時間: 54 分
  • ASIN: B000059HUX
  • EAN: 4988002400171
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 37,108位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
5:00
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
2
30
4:43
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
3
30
4:30
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
4
30
5:28
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
5
30
3:28
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
6
30
3:10
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
7
30
5:26
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
8
30
3:37
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
9
30
4:19
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
10
30
5:17
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
11
30
4:15
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
12
30
5:20
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 

商品の説明

Amazonレビュー

   セカンドアルバムから2年を経て発売された、サードアルバムである。ジャケットの作品は彼女本人によるものだ。ちなみに、『ラプンツェル』とはグリム童話にある髪長姫のこと。
   <1>はシャウトする場面もあり、いきなり引きずりこまれる。中盤で静まったかと思いきや、<8><9>でまた揺さぶられる。全体的に見て激しい部分は減ったが、その分童話のような幻想的な部分や、高く祈りを捧げるような崇高な印象が強まった。(藤本真由美)

メディア掲載レビューほか

甘く残酷な詩を美しい音楽に綴る沖縄出身のシンガー、Coccoのサード・アルバム。グリム童話にある髪長姫の物語を表題とした本作は、激しいシャウトを聴かせる「けもの道」、「雲路の果て」「樹海の糸」他を収録。おとぎ話のように幻想的で残酷な詩世界が広がっている。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
終わりから2曲目、「海原の人魚」が一番好きですね。
『私なんか死ねばいいと思ってた
 でもどこかで
 私だけが生き延びることだけ
 信じてきた』
なんかどっかで自分が思ってたことでした。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
いきなり歪んだ激しいギターサウンドから始まるこのアルバム
「けもの道」「水鏡」「雲路の果て」はとにかく人間の醜い部分に
重く、真正面からぶつかってくる

幼き日を歌った「T' was on my birthday night」
中盤で再び激しさを見せる「ねないこだれだ」「かがり火」
"私なんて死ねばいいと思ってた でもどこかで私だけが生き延びることだけ信じてきた"
という人間の核心をつくかのような「海原の人魚」など
アルバム曲にも隙がありません

そして「樹海の糸」「ポロメリア」「しなやかな腕の祈り」では
すべてが罪が慈愛に包まれ許されるように、醜い自身が禊がれていく感覚になります

"おやすみなさい このしなやかな腕に体を横たえ 泣きなさい"

じっくりとアルバムを聴けば、「怖い」なんて感想はとても持てない
むしろ、優しく愛に満ち溢れたアルバムで、間違いなく「名盤」です
1 コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
始めに「けもの道」の激しい音、そして悲鳴。
息をつく暇もない程の狂気。
静かな曲も、愛しい程の旋律も頭を駆け巡って余韻を残していく。
ラスト二曲は甘く切ない、Cocco独特の歌声で
物語を唄い終える、と言った風。
狂気も愛も優しさも孤独も哀愁もぎっしり詰まったアルバムの中で
最もストーリー性があるアルバムだと思います。
題名のラプンツェルは長い長い髪を垂らしたCocco自身かも知れない、なんて思っています。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 アルバム中の曲の統一感といい、演奏と歌い手の一体感といい、4枚のアルバムの中では、一番と感じています。アルバムを通しての聴き易さ(耳当たりのよさ、と言った方が正しいかな)も、一番と感じています。そして、歌い手であるcoccoの精神状態も、このアルバムが一番いいんじゃないのかな?
 このアルバムから、聴き始めるのを、個人的には、お勧めしますね。
 そして、詞の内容の怖さとか、このアルバムに関しては、感じる事がありませんでした。
 怖い、とい感覚は、ちょっと違うんだな、なんて最近は感じ始めています。優しさの裏返しと言ったらいいのかな。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
個人的にこのアルバムは、彼女の歌を知る上で一番手っ取り早い気がします。

「けもの道」での狂気、「熟れた罪」「水鏡」「雲路の果て」「ねないこだれだ」「かがり火」の深く行き場のない怒り。

「白い狂気」の願い、「Twas on my Birthday Night」「樹海の糸」「ポロメリア」「海原の人魚」が流す悲しみ。

そして最後の「しなやかな腕の祈り」で感じる彼女の愛。

coccoのすべての要素が隙間なく詰まっています。中でも「しなやかな腕の祈り」は是非聞いて欲しいです。

彼女は、自分が歌うことは愛を伝える事だと言うことがあります。この歌で感じた愛は独りよがりでわがままだけど、とても優しい。

すべての愛をあげると歌ってくれることがこんなにうれしい事だとは思いもしませんでした。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/7/10
形式: CD
私自身がこのアルバムからは始まったのもありますが
他のアルバムと比べてかなり優しい歌だと思う。
遥か遠くの故郷を歌ったようなポロメリア
この音楽を聞いて泣きました
彼女の歌は芸術のように美くて、童話のように残酷
心にそのまま焼きつくような激しいメロディと
そのままを歌った歌詞
彼女ならではだと思います
魂の叫びを聞いて欲しい
お勧めです
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
コッコのアルバムに駄作なんてありえないが、同時に傑作群の中から1枚を選ぶのも難しい。あえて選ぶなら、個人的にはこのラプンツェルが1番好き。なぜなら、コッコに興味を抱かせてくれた樹海の糸が入っているから。美しいメロディーなのに歌詞は狂気じみたところもあって恐ろしく、個人的にはグリム童話というよりは、どろどろとした怨念が渦巻く、どこか懐かしいような昔の日本の異界のような世界を想像してしまう。コッコがここまで音楽的に成功したのは、彼女本人の才能はもとより根岸氏をはじめとする一連の優秀なバックミュージシャンの存在も忘れてはならないだろう。ギターソロ直前のコッコの叫びに戦慄がはしるけもの道から始まり、優しく歌いかけるようなしなやかな腕の祈りまで名曲がズラリ。ち?なやかな腕の祈りはコッコの曲で1番好き。‘おかえりなさい‘と歌いかけられると本当に癒されます。ここまで見事なロックサウンドはJPOP界には稀だと思います(サウンド、アレンジともに)。彼女はもう行ってしまったけど、彼女は彼女の音楽を聞くたび戻ってきてくれるのではないでしょうか。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック