Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

200万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または
Kindle 価格: ¥280

(税込)

獲得ポイント:
3pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle App Ad

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
[今井昭彦]のラブストーリーのテンプレート VOL.1 ストーリーデザインの方法論 (PIKOZO文庫)

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ラブストーリーのテンプレート VOL.1 ストーリーデザインの方法論 (PIKOZO文庫) Kindle版

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥280

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

あらすじドットコムのぴこ山ぴこ蔵こと今井昭彦です。

私は過去に20年ほど、毎週のように国内の大手出版社から発売される夥しい数の小説や漫画のラジオコマーシャルを作ってきました。

そのほとんどはミステリーやファンタジー、SFや時代劇などのエンタテインメント作品でした。

さまざまな物語が持っている魅力や独自の個性を見つけ、そのセールスポイントを分かりやすく紹介するのが私の仕事でした。

新刊は次々に出版されるため、限られた時間内で作品の本質を理解し、それぞれの面白さの違いを見極めなければなりません。

そこで最も大事だったのは、ストーリーの結末はどうなるのか、ということでした。結末を理解しない限り全体像は把握できないからです。

例えば、ミステリーにおいては真犯人が誰かを知らなければ物語の内容を紹介するのは不可能です。

張り巡らされたすべての伏線を分析し、慎重に隠されたトリックがバレないように注意しながら、その物語の世界観と登場人物、そしてストーリーを音声のみで表現しなければなりません。

来る日も来る日も物語に仕掛けられた秘密を解析し続けた結果、私は面白さを生み出すストーリーの構成パターンを見つけたのです。

それは古今東西の名人たちが心血を注いで開発した、読者をあっと言わせるためのスキルの集大成でした。

私はその貴重なテクニックを一人でも多くの物語作者に伝えるべく、2004年の夏に「面白いストーリーの作り方」というメルマガを始めたのです。

それ以降、メルマガの読者さんからたくさんのご質問やご相談をいただきました。

中でも最も多かったのが
「ストーリーが最後まで完成しないうちに、途中で挫折してしまう」
というものでした。

プロの作家や編集者に聞いても、私の運営するあらすじドットコムのデータを見ても、作品を最後まで書き上げてプロデビューできるのは二千人に一人程度というのが実感です。

なぜ、そんなに成功率が低いのでしょうか?

物語を書き上げるためにはどうすればいいのでしょうか? 

もしあなたがストーリーの作り方が分からずに困っているとしたら……。

書きはじめたものの途中で発想が止まってしまい、最後まで書き上げられないでいるとしたら……。

そして、作らなければならないストーリーの締切までもうあまり時間がなくて焦っているとしたら……。

これからご紹介する方法論は、二つとない最強の武器になることでしょう。


最後まで作るために最初にやることとは?


挫折の原因の大半は「書き上げられなかったから」です。才能の有無とは関係ありません。それ以前の問題です。ほとんどの作品は結末まで辿り着けないのです。

なぜ辿り着けないのでしょうか?

それはゴールが見えないのに走り出してしまうからです。

どこがゴールなのかは運次第。そんな無茶なルールのレースなら、普通はまず誰も参加しようとは思いませんよね。

ところが、物語を作ろうと思った瞬間、かなりの人が行く先を確認しないままとりあえずスタートダッシュしてしまうのです。

つまり、結末が決まっていないのにいきなりオープニングから書き始める人があまりにも多いのであります。

いかにあなたのセンスが素晴らしくても、あなたの文章が美しくても、それでは必ず挫折します。

方向性を持たないためにどこへ向かうべきかの基準を見失い、かなりの確率で途中で道に迷います。足が止まり、熱が奪われ、やがて何を書いていたかさえ忘れてしまうのです。

その結果、物語は最後まで完成しません。

話が未完のままでは、何千枚書いたところで何の意味もありませんよね。

にもかかわらず、作家志望者のほとんどが、物語をどうやって終わらせるのか? 何をもって幕引きとするのか? という最大の難関に対する具体的な戦略を持っていません。

才能がないのではなく、才能を発揮しないうちに終わっているのです。


どんなに斬新な作品も、どんなに素晴らしい物語も、途中で尻切れトンボになっていたらガッカリですよね。完結せずに終わってしまった作品は評価できないのです。

とにかく長く続けて読んでもらえればいい……売上重視ならこのように考えるかもしれません。でも、あなたがどんなに良い物語を書いたとしても、いつまでも終わらない話に延々と付き合ってくれる読者なんて、ごくごく一部でしかありません。

逆に短編だったとしても、観た人、読んだ人を感動させることができれば、あなたは他の仕事では決して得られない充足感と高揚感を味わうことが出来るでしょう。

ただし、気をつけてほしいのは前提となる面白さとは何かということです。

面白さに関する最も大きな思い込みは、『流行に乗ればみんな読んでくれる』ということです。そのため、ブームの最先端を走るため、より新しい流行に乗っかるために、24時間365日、頭をフル回転させ、感性を酷使して、一生懸命がんばっています。

しかし“売れ筋”の物語世界であっても読者や観客が魅了されるとは限りません。

キャラクターが人気作品に似ていればウケる……
売れ筋のものと同じ世界観なら売れる……

それは大きな思い違いです。面白い話をするというのは世間に媚びたりブームに便乗することではありません。

物語が作れない人の大きな課題は、百年経っても読者を感動させる仕組みを知らないことです……。

もしあなたが、どんな時代のどんな国の人でも心を動かされる物語をもっと簡単に構成できるようになれば……

しかも短期間で確実に作れるようになれば……

作者にとってこれ以上の欲求などあるでしょうか?

あなたに最後まで書き上げた作品はありますか?

その物語が百年後もウケている自信がありますか?

ストーリーは『型』から作れ!


前置きが長くなりましたが、面白いストーリーを作るために私がおすすめしたいのは『物語のテンプレート』を利用することです。

物語のテンプレートとは、人類の歴史とともに伝承されてきた民話や神話やいわゆるおとぎ話、そして書かれて百年以上たっても評価の高い名作の数々から、そのエッセンスを「真似して」その感動を「再現する」ための金型です。

テンプレートを使えば、創作経験のない人でも、短時間でオリジナルストーリーのあらすじを結末まで作り上げられるようになります。

「学ぶ」という言葉の語源は「真似ぶ」です。漫画におけるデッサン、バンドで言えば耳コピの重要性は周知の通りです。

どんなに凄いプロフェッショナルも最初は素人でした。素晴らしいお手本を夢中で真似しているうちにみんな腕を上げたのであります。

真似するべきものが分かれば、ゼロから自分で作るより、はるかに簡単にできるようになりますよね?

もし既存の作品の“型”を上手く利用すれば、あなたも素早く確実にストーリーを制作できるのです

そこで開発したのが、ぴこ蔵が解説する物語のテンプレート・シリーズ、略して「ぴこテン」です。

テンプレートそのものももちろん大事ですが、さらに重要なのはその使い方です。

それぞれのテンプレにはぴこ山ぴこ蔵が作ったサンプルあらすじが付いていますので、具体的な使用方法が理解しやすくなっています。

まずはラブストーリーのテンプレートを作りました。

ぜひお試しください。
※web上のフォームから、各サンプルあらすじにオリジナルの人物名を入力できる無料サービスも付いています。

あなたが名付けたキャラクターが活躍する物語は、テンプレートへの理解をさらに深めてくれることでしょう。

出力されたあらすじはメールでお届けしますのでどうぞご自由にご活用ください。詳しい使い方は本文をお読みください。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2457 KB
  • 推定ページ数: 63 ページ
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07Z7P9N2C
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 6,421位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
評価の数 1
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件のカスタマーレビュー

2019年10月23日
形式: Kindle版
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
click to open popover