通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ラフマニノフ 生涯、作品、録音 がカートに入りました
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ◆◆◆在庫確実、保証付き◆◆◆【当店の商品は安心・迅速のAmazon配送センターより発送となります】◇帯付き、全体的に使用感もほとんどなく、本の状態非常に良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ラフマニノフ 生涯、作品、録音 単行本 – 2016/5/21

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/5/21
"もう一度試してください。"
¥ 4,698
¥ 4,698 ¥ 3,390

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ラフマニノフ 生涯、作品、録音
  • +
  • ラフマニノフを弾け
総額: ¥6,858
ポイントの合計: 201pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ラフマニノフの生涯を追いながら、その(ほぼ)全作品と録音を紹介する。よく知られたピアノ作品だけでなく、歌曲、オペラ、合唱曲、思索的な《鐘》、宗教曲ふうの大作、晩年の交響曲や《交響的舞曲》等、知られざる名曲の魅力に詳細に切り込む。大曲については各楽章に分けて解説。平易な楽曲分析も加えている。また、同時代の音楽家、友人や家族、女性等との関係も描く。詳細な索引付き(ラフマニノフ作品、その他の作曲家の作品、人名)。本書は、ラフマニノフ没後60年を迎えた2003年の前後から書き始められ、初版の刊行は2005年、翌年にはペーパーバック版が続いた。作曲家、演奏家、指揮者の全3分野におけるラフマニノフの活動を網羅的に記した点で、他のラフマニノフ伝記と一線を画し、ロシア本国でも高い評価を得ている。元英国『タイムズ』紙の音楽批評家によるラフマニノフ「大事典」。

内容(「BOOK」データベースより)

作曲家、ピアニスト、指揮者、その全貌を描くラフマニノフ大全。生涯を追いながら、ほぼ全作品を網羅。ラフマニノフ自身の録音も記録。詳細な作品索引、譜例付き。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 424ページ
  • 出版社: 音楽之友社; A5版 (2016/5/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4276226228
  • ISBN-13: 978-4276226227
  • 発売日: 2016/5/21
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 474,220位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

日本国内においては、長らくバジャーノフ(音楽之友社)、ソコロワ(新読書社)による著作が日本語で読むことのできる数少ないラフマニノフ伝として人々の手に取られてきたが、日々進歩するラフマニノフ研究の今日に対応し得る新たな書の登場が長らく待ち望まれていた。2006年に英国で発刊され話題となったハリソンによる著作はその網羅的かつ体系的な視点によって、世に充満したやや夢想的で陶酔的なラフマニノフ像というものを純化し、その創作と生涯をめぐる真実に対して知性的なアプローチを通して切り込んでゆくべく配慮された労作である。G. ネイガウス著「ピアノ演奏芸術」やL. サバネーエフ著「スクリャービン」(いずれも音楽之友社)などの伝説的名著の日本語訳を果たした名翻訳家・森松皓子女史による深い共感と献身に溢れた名訳によって、ようやくこのハリソンによるラフマニノフ論が日本の音楽家、学習者、音楽愛好者の手に届けられたことは実に喜ばしく、ラフマニノフ芸術に対する新たな理解と認識を手にするための輝かしい扉が開かれたと言えるのではないだろうか!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ラフマニノフの全作品、全録音が詳細に書かれています。あまりにも細かいので曲を知らないとほとんど内容が頭に入って来ません。面倒になって飛ばし読みをしていましたが、これではこの書に申し訳ないと思い、ラフマニノフ作品全集(32CD)を購入、持っていた全録音集(10CD)のCDとともに1曲1曲聞きながら読んでいく事にしました。作品全集のCDは輸入盤なので、この本が解説書代わりになってとてもよく理解できるようになりました。まだ全部を聞いた訳ではありませんが、お陰様でものすごくラフマニノフ通になりました。読み物としてよりは、資料として手元においておきたい1冊です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
詳細な分析、資料的には良い本でしょうけど、学究的過ぎるような感もあり。

ラフマニノフ好きとしては 曲に対するもう少し「主観的な」記述もあってよかったような
例えば、全音社ラフマニノフp協2番の解説、矢代秋雄さんの解説のような・・作曲家だけに、詳細な名解説ではあるけれど 曲に対する熱い気持ちもでている、ような
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告