通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ラッシュライフ (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ラッシュライフ (新潮文庫) 文庫 – 2005/4

5つ星のうち 4.0 242件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 767
¥ 767 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ラッシュライフ (新潮文庫)
  • +
  • オーデュボンの祈り (新潮文庫)
  • +
  • 重力ピエロ (新潮文庫)
総額: ¥2,301
ポイントの合計: 72pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場――。並走する四つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。不思議な人物、機知に富む会話、先の読めない展開。巧緻な騙し絵のごとき現代の寓話の幕が、今あがる。

内容(「BOOK」データベースより)

泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場―。並走する四つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。不思議な人物、機知に富む会話、先の読めない展開。巧緻な騙し絵のごとき現代の寓話の幕が、今あがる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 469ページ
  • 出版社: 新潮社 (2005/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101250227
  • ISBN-13: 978-4101250229
  • 発売日: 2005/04
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 242件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 21,438位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 gonroku 投稿日 2014/7/21
形式: Kindle版 Amazonで購入
伏線を拡げるだけ拡げ、読んでいても心配になってしまいましたが

最後はしっかり回収してくれました。

回収作業は少し強引でもありましたが充分読んでいて楽しめました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
あまり読んだ事のないタイプの話しでした
死体のくだりはイマイチ理解しにくい感じですが、それは自分の読解力のなさかもしれません
人生がリンクする様は面白いですわ
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
伊坂作品も多くなったので、
読まなくてもいいものは
読まなくてもいいということでしょう
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
何人かの登場人物、それぞれの視点から話が展開していき、読み終わった後にはそれらが全て交わり爽快な気分になります。今でこそ群像劇の手法としてよく使われていますが、この作品は現代でも色褪せない魅力を持っています。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ラッシュライフを読んだ感想を一言で表します。

描く過程は素晴らしい、しかし終着点が残念だ。

文章は機知が富んでおり本としては楽しめます。

ただミステリーに分類するのは疑問です。

交差する5つの人生。
伊坂作品なのでキャラクターに個性はあります。気の効いた言い回しが楽しめます。

しかしミステリー小説には致命的な、思考したり推理する箇所が皆無です。
ミステリーは推理が主題だと言う私の考え方が間違っているのかもしれませんが。

常に読めば大抵の人が思いつくような子供騙しのトリックや伏線しか張られていない。
もっと構成を練りに練ってから書き上げて欲しかった。

これはラッシュライフに限らず、重力ピエロにも共通することです。

純文学作家として活躍しているのなら憤りも感じません。
しかしミステリー作家として名を挙げるのは止めていただきたい。

伊坂さんは純文学に転向してはどうだろうか。

私は伊坂さんのファンです。
独特の言い回し、個性的なキャラクターが読んでいて楽しいからです。
だからこそこのラッシュライフの完成度の低さが悔しくて仕方ありません。

読者をあっと言わせるような緻密な構成の作品が出ることを祈ります。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
すごく評判が良かったので読んでみました。読み終わっての感想「え、終わり?」でした。確かに伏線は回収されていき、そういうことだったのね。とはなりますが、だから何なの。結局何が言いたかったのだろう。と思ってしまいました。あと初めて伊坂作品を読んでみて思ったのですが、台詞がかっこつけすぎだし回りくどい。ファンの方すみません。あくまで私の感想です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
5人の無関係な男女のエピソードが、絡み合って収束する群像劇を作ろうとして、結局、うまく落ちを作れず放り出した駄作。ひとつひとつのストーリーはそれなりに面白いが、つじつまを合わせるためのネタフリがあまりに強引で嘘くさすぎる。たとえば、バラバラ死体がくっついて歩き出す怪とか、笹岡と黒澤がであうきっかけとかはさみ女とかとにかく無茶ぶりすぎて、笑えない.どうだ、うまいだろうとテクニックばかりひけらかしているが、リストラ親父が犬を拾いました終わり。って落ちで納得しろという方が無理。読むだけ時間に無駄だった。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 夢中になって楽しんだ。お気に入りの作品。
 ある人間がある時点で遭遇した、ありえない不可解な出来事。しかし、別の人間の別の時点においては、それは必然の出来事であり何の不可思議もない。
 異なる地点・時点で進行していた5つの物語が最後に1つに結ばれたとき、目の前に1枚の大きな絵が表されたように思えた。まさに、エッシャーの騙し絵のような群像劇。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
五つのドラマが、同時進行します。
複雑ですが、読みやすいのが不思議です。
五つの話に出てくる登場人物は、それぞれに関連して一つにまとまるんだろうと思ってましたが、全く同化することはありませんでした。
人は、はみ出る人生を歩みたがらないものです。
その呪縛から逃れる事が出来て大丈夫だと思えた時が、「特別な日」なのでしょうか。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 コーキ 投稿日 2008/7/22
形式: 文庫
この著者の作品は本当に会話のテンポがよくすらすら読める。この作品も例外ではなく、全然違う状況を描いているにも関わらず、その状況にあったテンポで会話が進んでいて心地よい。たとえば、好きな日本語を書いてくださいとお願いする外国人女性に対して、各物語の主人公がとる態度は様々だが、どの主人公もきちんと自分の状況を考えた日本語を表現している。僕がお気に入りの人物は泥棒の黒澤で、泥棒という相手に迷惑をかける立場にも関わらず、いくら盗んだとか他のものはとっていないというようなメモを残していくようなところ、老婦人に拳銃で脅されても軽口をたたいてやり過ごすところが人生を超越している感じがして心地よかった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー