中古品
¥ 49
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■書き込みやマーカー等の線引きはございません。■ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■商品によってはAmazonの商品画像と異なる場合があり、発行年月日や翻訳者が違う場合がございますので事前にご連絡をください。また、帯は付帯していない場合がございますのであらかじめご了承ください。■ご注文確定後48時間以内に発送いたします。■発送は原則ゆうメールとなります(配送方法はAmazonの規定に沿って発送いたします)。※【返金返品について】商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたらAmazonの規定に準じて誠意を持って対応させていただきますのでご連絡ください。なお、コンディション、配送並びに返金返品につきましては事前にAmazonのヘルプページをご確認ください。【特記】ゆうメール(日本郵便)は日祝配送休み、追跡番号はありませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ラッキーマン (ソフトバンク文庫) 文庫 – 2005/2/19

5つ星のうち 4.7 86件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 映画| キネマ旬報やシネマスクエア、映画秘宝など、幅広いジャンルの本をラインアップ。映画の本ページへ。


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   30歳にして80歳の病気にかかるというのが、どんなことか。本書はそれを明るく、すばらしい文章でつづった、ごく個人的な記録である。

人生はすばらしい。でもときには、我慢しなくちゃならないイヤなこともある。―― マイケル・J・フォックス
   1998年9月、マイケル・J・フォックスはパーキンソン病(退行性の神経疾患)との診断を受けたことを公表して、世間を驚愕させた。実はこの病気と、ひそかに7年間も闘っていたのだという。この発表に対し、世界中から驚くほどの反響があった。しかし幸いにも世間が彼を哀れみだしたころには、彼はすでにこの病気を受け入れ、自分を哀れむのをやめていた。今、フォックスは、過去18年間に多くの演技に費やした情熱とユーモア、エネルギーをもって、自身の人生とキャリア、そしてパーキンソン病の治療法を発見するためのキャンペーンについて語りはじめた。
   独特のアイロニー、そして常識に縛られないユーモアを交えながら、フォックスは、カナダ西部の小さな町で育った子ども時代から、映画とテレビの世界で瞬く間に世界のセレブレティとなった経緯をつづる。しかし最も重要なのは、妻、家族、友人の揺るぎないサポートによって彼が病気と闘った過去10年間の記述だ。フォックスは、パーキンソン病が自分に何をもたらしたかを語る。すばらしい人生と仕事に感謝するチャンスが与えられたこと。そして、治療法を探すための手助けをし、人々に広くこの病気について知ってもらう機会を得たこと。そう、彼は実に幸運な男なのだ。

マイケル・J・フォックス基金
   マイケル・J・フォックスの本の利益は、パーキンソン病の治療法の早期発見を目的とする、「マイケル・J・フォックス パーキンソン病リサーチ基金」に寄付される。当基金では、パーキンソン病の研究を奨励し、この病とともに生きる多くの人々のための治療研究開発費を調達することを積極的に行っている。当基金のWebサイト、MichaelJFox.org.では、パーキンソン病に関する、以下のような最新情報を公開している。

  • パーキンソン病についての詳しい説明
  • 治療法発見のために、あなたができること
  • 一般の認識を高めるために、国内各地のテレビ局やケーブルテレビで放送された政府広報
  • パーキンソン病についてのイベントや会議の予定
  • 研究開発についての最新情報
(Book Description, Amazon.com)
--このレビューは、同タイトルのハードカバーのレビューから転載されています。

※マイケル・J・フォックスのインタビューを読む、メッセージを聴く --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容紹介

「ほんとうに大切なものを、ぼくは病気のおかげで手に入れた。 だから、ぼくは自分をラッキーマンだと思うのだ。」

30歳の若さでパーキンソン病に侵されたマイケル・J・フォックスが自らの人生、仕事、家族、
そしてパーキンソンとの闘いを綴った感動の記録。

本 書は、2003年1月にわが国で刊行され、大ベストセラーとなった、マイケル・J・フォックスの自叙伝の文庫版です。
マイケル・J・フォックスが、パーキ ンソン病との闘いを中心に、
自らの人生、家族、仕事への思いを、みずみずしい文章で綴っています。
少年時代の家族の思い出は深い愛情を込めて、
ハリウッド での成功は時にユーモラスに時に辛らつに語られ、読者を飽きさせません。
パーキンソン病との闘いが本書の一番の読みどころです。自分の弱さを痛感しながらも、
持ち前の明るさと妻、セラピストの助けによって、病気を受け入れ、
パーキンソン病患者のために、新たな活動を始めようとするマイケルの姿に、
読者は魂を揺さぶられるような感動を覚えるでしょう。
良い本を読みたいという 人、人生とは何かを考えたい人にとって、最良の1冊です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 504ページ
  • 出版社: ソフトバンククリエイティブ (2005/2/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797329890
  • ISBN-13: 978-4797329896
  • 発売日: 2005/2/19
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 86件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 58,918位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
これはただの闘病記ではなく、マイケル・J・フォックスという、類まれな才能と知性を持った米国屈指の有名人の天国と地獄、山と谷、そしてそれを乗り越えた後に見えたものを私たちに見せてくれる素晴らしい本だ。

それほど裕福ではなかったものの、才能も早くに開花し、家族円満な環境で育った10代。良いスタートを切ったかに思えたが、金銭面で困窮した下積み時代。そして大人気番組『ファミリー・タイズ』で、隣のお兄さん的な親しみやすい俳優として定着。映画『バック・トゥー・ザ・フューチャー』で世界的な俳優に。浮世離れした環境で天狗になったり――パーキンソン病を患っていることを宣言されたり――大酒を飲んだり、家庭の危機に直面したりしたりして、最終的にフォックスがどのようにバラバラになった自分のかけらを取り戻して、より良い人間として再出発するかという物語。

病気だけでなく、何か困難に立ち向かっている人は、この本から必ずや得るものがあるだろう。文句なしの5つ星。すでに続編も購入した。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
パーキンソン病について知っている人はどの程度読者のなかにいるのだろうか。日本では10万人に1人という発症率の難病で、『手の振るえ』『筋肉が硬くなる』『動作の緩慢』『姿勢を保つことが困難』が4大症状といわれる者である。しかし、現実には症状の出方は個人云々で全く違うし、発症年齢もこの本の著者であるマイケルJフォックス(MJF)のように30代で発症したり、高齢になってからの発症もある。若年で罹患した場合は仕事がやっと充実してきた頃であり、家庭では子供が小さく今後成人するまでには時間と金銭面で多くかかる。MJFにとって発症した時『バックトウザフュゥチャ-』の成功により地位と名声は手に入れてはあったが、その地位と名誉を保つためにパーキンソン病にかかっていることを必死に隠し、ついには世間に公表せざるを得なくなる。健常な大半の読者にとってはMJFという俳優の過酷な闘病記であろう。しかし、私のように40代で発症し現在50歳のパーキンソン病患者にとっては『涙なしではとても読めない』内容であった。タイトルを『ラッキーマン』にした意味も素晴らしい。多くの人達に是非読んでいただきたい名著だと思う。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
障害があると卑下したり、尊大になったり
自分が乗り越えられたハンディを自分の経験と比較し
同様の努力を【ほかの人にも求めたりしがち】
ですが、彼はとても自然に押しつけがましくなく
受け入れる術を教えてくれます。

この著作の中ではありませんが
本を買うきっかけになったNHKの番組がありました。

その番組のインタビューで彼は

「1つ気をつけたのは"大丈夫だ心配しないで"と
人を安心させようとして簡単そうに言わないことだ。
「平気さ」なんて言えば、僕のような特権もなく
本当に苦しんでいる人たちを傷つけることになる
医療費、失業、世間の中に苦しむ人達が大勢いるんだ」

と病気を公表した際に気を付けたことを語っていました。

努力やハンディを持った人で、こう語れる彼の人生観を
この著作でさらによく読み込めます。

お勧めです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
マイケル・J・フォックスが、『私はパーキンソン病を患っている』と
発表したのを、随分前にニュースで観たのを覚えている。
その時は、私が大好きな映画『Back to the Future』の
どのシーンにも無いほど深刻そうではあったが、
頼りなさは全く感じない、凛とした彼の姿が印象的だった。
きっと、病を受け入れ、それと闘う決意の現れだったのだろう。
本によると、普通は医師も手術を止めるよう説得するそうだ。
しかし彼の症状は、他に例を見ないほど酷かったらしい。
映画の撮影中でも症状が出たら、ポケットに隠し持っている
薬を取り出しては、震えが治まるのを待っていたそうだ。
はっきりいって、それがどのような苦しみなのか、我々には解らない。
しかし、彼にとっては、歯ぎしりのような行為も不快に思えるほど
ナーヴァスになっていた時期もあったそうだ。
そのような事があったにも関わらず、彼はメディアに告白した。
それは、彼が自分の病気を受けいれる事が出来たからである。
彼自身も言っているが、人とは弱いものだ。
特に、自分の弱い部分を、他人には見せたがらないものだ。
しかし彼は、双子のお子さんを授かった事をきっかけとして、
...続きを読む ›
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー