ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディショ... がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 概ね良好な状態です。中古品のため、多少の使用感はご容赦ください。記載のない場合、帯、特典などにつきましては、原則付属致しません。万が一、品質に不備があった場合は返金対応致します。商品はゆうメールでのお届けです。迅速な対応を心がけております。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,600
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 売人
カートに入れる
¥ 1,650
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: チョムマーケット 奈良本店
カートに入れる
¥ 1,650
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 南国noma堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]

5つ星のうち 4.2 62件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 1,600 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,390 (60%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、即日出荷!迅速対応壱泊堂が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:22¥ 1,200より 中古品の出品:52¥ 1より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
  • +
  • ソードフィッシュ 特別版 [DVD]
総額: ¥2,527
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 監督: ポール・マクギガン
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日 2007/06/22
  • 時間: 111 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 62件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000MGBS44
  • EAN: 4907953027756
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 60,537位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

【解説】
2007年最高の俳優たちが、最高に爽快な嘘を仕掛ける!
ジョシュ・ハートネット、ブルース・ウィリス、ルーシー・リューら豪華ハリウッドスターが贈るアクション・サスペンス!

【STORY】
仕事をクビ、彼女の浮気、事件でアパートが閉鎖、と史上最悪な1日を過ごしたスレヴン。友人ニックの家を間借りすることにした彼は、借金の取立てにやってきたギャングにニックと勘違いされマフィアの"ボス"の元に連れて行かれる。さらに"ボス"と敵対するマフィアのトップ"ラビ"にも目を付けられ…!?度重なる"偶然"の不運。しかしそれは何者かに仕組まれた完璧なる計画だった…!?

【STAFF】
監督:ポール・マクギガン 「ホワイト・ライズ」「ギャングスター・ナンバーワン」
脚本:ジェイソン・スマイロヴィック NBCドラマ「KIdnapped」
製作総指揮:ドン・カーモディ、シャロン・ハレル、ジェーン・バークレー、エリ・クライン、アンドレア・シュミッド、AJ・ディックス、ビル・シブレイ
撮影:ピーター・ソーヴァ 「フェイク」
衣装デザイナー:オデット・ガドリー 「ボーン・コレクター」
プロダクション・デザイン:フランソワ・セガン 「ニュースの天才」
編集:アンドリュー・ハルム
音楽:J・ラルフ

【CAST】
ジョシュ・ハートネット 「パール・ハーバー」
ブルース・ウィリス 「ダイ・ハード」
ルーシー・リュー 「キル・ビル」
モーガン・フリーマン 「ミリオンダラー・ベイビー」
ベン・キングズレー 「オリバー・ツイスト」
スタンリー・トゥッチ 「プラダを着た悪魔」

【作品のポイント】
■豪華キャストが集結したアクション・サスペンス!
☆ジョシュ・ハートネット「パール・ハーバー」「ブラック・ダリア」
☆ブルース・ウィリス「ダイ・ハード」「シン・シティ」
☆ルーシー・リュー「キル・ビル」「チャーリーズ・エンジェル」シリーズ
☆モーガン・フリーマン「ミリオンダラー・ベイビー」アカデミー賞助演男優賞受賞
☆ベン・キングズレー「オリバー・ツイスト」アカデミー賞主演男優賞受賞
☆スタンリー・トゥッチ「プラダを着た悪魔」
不運続きの主人公"スレヴン"、隣の部屋に住む"リンジー"、敵対するマフィアのトップ、"ボス"と"ラビ"、そして敏腕の殺し屋"グッドキャット"。これ以上ない豪華スターが集結、謎を秘めた登場人物たちを魅力たっぷり、個性的に演じる!
■二転三転!ハリウッドスターを魅了した誰もが裏切られる巧妙なストーリー
■監督は「ホワイト・ライズ」のポール・マクギガン<br

Amazonレビュー

   ニューヨークの空港に現れた謎の暗殺者グッドキャットが語るのは20年前の幸運のナンバー「7」をめぐる陰謀…。そして舞台はニューヨーク。青年スレヴィンは友人のアパートにいたが、その友人に間違えられて、街を牛耳るギャングに借金返済を迫られ、暗殺を強要される。その両ギャングに関係しているらしいのがグッドキャット。何がなんだかわからないうちにとんでもないことに巻き込まれていくスレヴィンだったが、これには周到にはりめぐらされた罠が仕掛けられていた!
   『ギャングスター・ナンバー1』などでスタイリッシュな映像センスを見せてきたポール・マクギガン監督が『ホワイト・ライズ』で組んだジョシュ・ハートネットと再びタッグを組み、イキでスリリングなサスペンスを作り上げた。ジョシュが犯罪に巻き込まれていく男を情けなさとかわいさ+時折見せる色っぽさで魅了。共演はブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、ベン・キングスレー、スタンリー・トゥッチという渋いスター俳優がズラリ。とはいえ決して重くならないのは軽妙な演出とユーモアと抜群の映像センスによるものが大きい。特に美術はすみずみまで計算され、部屋の壁やインテリアの色調へのこだわりはかなりのものだ。紅一点のルーシー・リューは、スレヴィンと恋に落ちる女性。コミカルでキュートな芝居で、新しい一面を見せている。ともあれ最後の謎解きは圧巻。冒頭から伏線ははってある。決して目を離さずに鑑賞することをオススメしたい。(斎藤 香)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

こんなにキャストを豪華にして内容は大丈夫か?と妙な心配をしていたが、余計なお世話だったらしい。間違いなく傑作だろう。まず、複雑によく考えて作られたストーリーに驚く。
そして、これだけのキャストを集めておきながら、それぞれ個性がでている。
ブルース・ウィリスはかっこいいし、ジョシュ・ハートネットはついていない男がよく似合ってた。ルーシー・リューはかわいく、モーガン・フリーマンとベン・キングスレーは渋く存在感をみせ、スタンリー・トゥッチはこわもて刑事の印象が強く残った。
途中、途中でハリウッド映画のネタが出るのも面白い。
慣れないひとは登場人物の把握に、混乱するかも知れないけれど、理解できればラストのまとまりの良さが気持ちがいい。
この監督さんに今後も期待したい。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
映画で見た時、その唐突な始まりにはっきり言って戸惑いました。

が、これらは非常に重要なシーンであったのだと、話が進んでいくにつれて判明します。

それに気づいて「くそ、やられた」と思うのは最後の種明かしシーン。

サスペンスものにありきたりな、少しずつ謎が明らかになっていくような展開ではありません。

最初から答えは堂々と提示されていました。

推理小説というほどではありませんが、その巧みで大胆なストーリー展開はさすがと思います。

また、「ついてない男」スレヴィンを引っ掻き回すリンジーも見所です。

キュートで行動力ある女性です。

このリンジーの存在もまた、重要なキーワードになるわけで。

クスクス笑ってみていたはずがいつの間にか、顔が引きつってくる…。

この物語の狙いはまさに、観客の予想を裏切るところにあるといえます。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
こういう場合期待してたほどでなかったと思う事がよくあるので
正直ここまでの完成度の高さに「やられた」って感じでした。
主役級を何人も揃えていますが、そのどれもが無駄が無いです。
ストーリーもよく練られててスパイスが効いてて良かったし。
あっぱれ「アンユージャル・サスペクツ」!!!と叫びたくなる。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 一色町民 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/5/23
いきなり2人の男が殺される。次にブルース・ウィリスが空港で若い男に昔話をしたかと思ったら、あっけなくその男を殺しちゃう。と、冒頭から、訳も分からないまま、物語は進みます。そしたら、ジョシュ・ハートネットが登場して笑い話のような自分の不運を語り出す...。バスタオル1枚の彼は、マフィアの子分に裸のままで連れ去られちゃって、更に洒落にならない状況へと追い込まれていく...。と、またまた訳の分からない展開。

でも、スタイリッシュでスピーディーな見せ方、二転三転する巧みなストーリー展開で、不運続きの主人公が対立するギャングの抗争に巻き込まれていくさまをユーモアを織り交ぜテンポ良く綴ってゆきます。
中盤まではいろんなネタを散りばめつつ、よく理解できないまま進んでいくのですが、終盤にさしかかると今まで放置されていた全てのストーリーが見事に組み合わさり、驚きの大どんでん返しが待ち受けています。

この、練りに練った巧妙な脚本に惚れたベン・キングズレー、モーガン・フリーマンというオスカー俳優をはじめとする豪華キャストの競演も本作の観どころ。ジョシュ・ハートネットが主人公スレヴンを、とぼけたユーモアのある雰囲気とメリハリのある演技で好演。ブルース・ウィリスは、渋く、派手なアクションは無く出番も少ないけれど、おいしい役どころでしたね。あと、ルーシー・
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ジョシュ・ハートネット、ブルース・ウィリスら、豪華キャスト共演によるクライム・サスペンス。豪華スター共演によるクライム・サスペンスとなれば、「オーシャンズ11」のようなタッチの作品を想像してしまう。本作は、そうした観客の思い込みや先入観を利用した、なかなか捻りの効いた作品となっている。

本作の脚本はかなり練り込まれていて、様々な台詞や場面が伏線になっている。蓋を開けてみれば、実際はこういう映画だったのかと気付くのだが、実際の姿を撹乱させるために非常に周到な構成になっている。ポール・マクギガン監督の演出タッチは一見、非常に軽やかで、映像の見せ方や編集の仕方もテンポが良く思える。ジョシュ・ハートネットの話す台詞もどことなくユーモラスで、その中に007などの映画ネタも盛り込みつつ、あえてクライム・コメディとしての印象を目立たせようとしている。

しかし、劇伴音楽は軽やかな印象の中にも、何か重々しさを残していたり、時折、唐突にも思える暴力シーンを挿入してみたり、さらには違和感を感じさせる意味深なカットも各所にわざと散りばめるなど、どことなく雰囲気とはそぐわない印象を植え付けながら、脚本のみならず、演出面でもうまく伏線を見せてくれる。この脚本であれば、これだけの面々が集まるのも納得だが、これだけのキャストをあえて集めたのは、キャスティングもまた思い込
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック