ラスト サムライ [Blu-ray] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,798
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: アセットプラン
カートに入れる
¥ 1,900
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: バラエティショップ 東京セレクト【当日お急ぎ便・各種お支払い対応】【在庫確約】【安心返金保証】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ラスト サムライ [Blu-ray]

5つ星のうち 3.9 495件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,500
価格: ¥ 1,189 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,311 (52%)
残り15点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 838より 中古品の出品:1¥ 1,000より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオラスト サムライ (字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ラスト サムライ [Blu-ray]
  • +
  • 硫黄島からの手紙 [Blu-ray]
  • +
  • プライベート・ライアン [Blu-ray]
総額: ¥3,371
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: トム・クルーズ, 渡辺謙, 真田広之, 小雪, ティモシー・スポール
  • 監督: エドワード・ズウィック
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2010/04/21
  • 時間: 154 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 495件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003GQSXSG
  • EAN: 4988135805164
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 4,429位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介


かつて世界がうらやむようなまばゆい男たちが日本にいた。

トム・クルーズ演じるネイサン・オールグレン大尉は南北戦争にて名誉と国のために命を賭けた英雄であった。しかし、戦争が終わり、時代の変化とともに、彼が戦った戦闘は今や過去のささやかな出来事に変わり果て、さまよえる男となっていた。

渡辺謙(アカデミー®助演男優賞ノミネート)演ずる勝元はサムライ一族の長であり、深く尊敬されている男だ。明治維新後の日本、押し寄せる近代化の波の中、勝元はサムライの時代の終わりを察知していた。しかし勝元は戦わずして去るつもりはなかった。

日本初の近代的軍隊を訓練する教官としてオールグレンを雇った時、二人の戦士の運命がひとつに重なる。


【映像特典】
・ ドキュメンタリー:歴史とハリウッド(22分)
・ サムライを作った二人(18分)
・ トム・クルーズ:サムライの旅(13分)
・ サムライの時代と再現(7分)
・ サムライの衣装(6分)
・ 帝国陸軍の訓練(6分)
・ 軍人からサムライへ(5分)
・ エドワード・ズウィック:ビデオ日記(26分)
・ 未公開シーン集(6分/音声解説付き/1.斬首、2.オールグレンと勝元)
・ 日本プレミア(7分)
・ オリジナル劇場予告編

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

トム・クルーズ、渡辺謙、真田広之らが共演したアクションムービー。酒に溺れる日々を送っていたオールグレン大尉はある日、日本政府に招かれ軍事教官の職に就く。“ついに来たぜ!ワーナーのブルーレイ2,500円!”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
多くの方が指摘されているように謎な設定も多かったことは確かですが、深く考えずに
アメリカ人が作った日本の映画と考えればとても楽しく観られました。
アメリカに住んでおりますが、基本的にアメリカ人は「世界=アメリカ」という日常に
生きていますし、現代の日本のことでさえほとんど知らない状態ですから、それを考えれば、
逆にここまで日本の明治維新時代を描けたのはすごいと思います。
日本人=侍、武士道という風に考えがちですが、武士階層なんてほんの数パーセントだったわけで、
この映画をみて「アメリカ人には侍の心はわからない」とか思うのは違うと思います。
それよりも、(断片的で間違った情報もあるだろうけど)かつて日本にいた「武士」とその生き方が、
現代のアメリカ人(の一部)にまで影響を与えるような存在なのだという事実に素直に驚き、考えさせられました。
あと、「影の軍団」時代から好きだった真田さんの殺陣がハリウッド映画で観られただけでも幸せでした。
時代考証がおかしいと言う御意見の中でガドリング砲は維新時代には存在しないっていうのがありましたが、
戊辰戦争で見事なゲリラ戦を展開し薩長を非常に苦しめた河井継之助率いる長岡藩が当時日本に3門あった
ガドリング砲の2門を所有していたという
...続きを読む ›
コメント 164人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
トム・クルーズは、現代のハリウッドにおいて「自分の作りたい作品」を自ら手掛けることのできる数少ない「スーパースター」だ。チャップリンやグリフィスが創設した「UA」の現経営者がトムであるのも偶然ではない。トムは「そこを目指して」いたのだから。彼は親日家で知られているが、リップサービスでそういう発言をする俳優も多い中で、ワーナースタジオに江戸オープンセットを作って大金を投じたトムの「気持ち」は本物だ。確かにアラを探せばいくつもの「ヘンテコ」は見つかる。横浜入港の際の富士まで見える光景は、ペリー時代の絵のようだし、NZに作った武士の集落も、ちょっと日本らしくは見えない。でもそれらは小さなことだ。渡辺謙は本作でオスカー助演男優賞にノミネートされたが、それも十分納得の気迫あふれる演技で、トムを圧倒した。この勝元役こそタイトルロールの「ラストサムライ」なのだと思う。「動」のオールグレンに対して「静」の勝元の対比こそ、日米文化の差なのだろう。大東亜戦争時に唯一アメリカを「慌てさせた」のが日本であり、アメリカにすればそんなことは過去もこれからも「空前絶後」なのである。だから彼らは日本文化に一目を置いている。ゆえに「たそがれ清兵衛」や本作、一連の三船作品もリスペクトされるのだ。真田広之や小雪も見事だったし。アメリカから見た武士道(の一端)を知るにはいい作品です。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
= 如何に生きるか
レビュアー: miw_rosmarin   大阪府 Japan
いい映画に出会えたと私は心から思います。
トム・クルーズさんを始め登場人物の演技や殺陣も一見の価値があると思います。
たかを演じた小雪さんの凛とした美しさや身のこなしの上品さに同性ながらうっとりして
しまいました。
勝元を演じた渡辺さんや氏尾を演じた真田さんの目だけの演技が素晴らしかったです。
あえて不満を言うなら侍が初めて登場する場面に生えている木だったことくらいです。
「武士道とは死ぬこととみたり」=「死こそが美しい。」のではなく、如何に生きたかに
よってその人の死が美しくなるのであることを教えてもらいました。
友人には「武士は何かというと死にたがる。死にゃぁいいってもんじゃない。戦死がかっ
こいいとでも思っているのか」と言って武士道を嫌う人もいるのですが、「常に死を意識
しているからこそ自分の生に責任を持つことができる。」というのが私の解釈した武士道
です。
武士道を貫くことのできる侍は、たとえ戦ではなくどんな死に方をしたとしても
美しいのではないかと思います。
逆に侍が戦場で死んだとしても必ずしもすべての侍の死が美しいとは言い切れな
...続きを読む ›
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
私が感じたのは細かいディテイルより、「主人公がアメリカ建国(侵略)の歴史の実態を知り、それを行ってきた者が、日本の武士道という価値観に感化され、人としてもう一度立つ」という設定です。

以下私の感じたあらすじ

主人公はアメリカ開拓の体験者として、銃火器によってネイティブアメリカン(先住民のモンゴロイド)の女、子供等を厭わず虐殺してきた自分自身の行いに後悔し、傷つき、酒に溺れ、生ける屍となっていた。一般の大衆はそれを知らず彼を銃の名手であり英雄と称えていた。またそれが彼を追い詰めた。かれは死に場所を求めるように日本に赴き職業軍人となるが、そこのは幕末の死に行く武士道という「哲学」に出会う。正々堂々と戦い、敵を尊重し、どちらが死んでも恨まない、また戦場で死んだ者を「誉れ」として称え、誇りに思う価値観に触れ、自身の死を望みながらも、彼はそこに一筋の光を見出す。

日本の「桜の散り行く様」に代表される死に対する積極的な価値観や言葉や吐息にさえも御霊(みたま)が宿り、人だけではなく言葉や物や自然にも尊厳を抱く日本人の心根などもうまく描かれていると思いました。

一瞬だけ映る真田氏の流れるような茶たてのシーンや柔道の原型である戦場の当身体術など忍者参上はご愛嬌としても、時代考証など考えたり、誰が盛り込んだかは詮索する必要などないでしょう。深く日本文化や日本人の価値観を表現しているすばらしい映画だと思います。
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック