通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 折れ・多少の使用感がありますが、書き込み等なく、概ね良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち 単行本 – 2014/4/22

5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 1,450

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち
  • +
  • 台湾とは何か (ちくま新書)
総額: ¥3,629
ポイントの合計: 56pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

戦後の約20年間、台湾において旧大日本帝国軍人による大規模かつ組織的な軍事支援がおこなわれていました。密航して台湾に渡り、蒋介石の軍事顧問となった彼らは「白団」と呼ばれました。その名はリーダーを務めた元陸軍少将・富田直亮が「白鴻亮」という中国名を名乗っていたことに由来します。
しかし、よく考えてみれば旧敵たる蒋介石を、どうして日本人たちがさまざまな危険を冒して海を渡って助けなければならなかったのでしょうか? 逆に、どうして日本の旧軍人たちに助けを乞いたいと蒋介石は考え、実行に移したのでしょうか? 蒋介石のいわゆる「以徳報怨」演説と敗戦国日本への寛大な政策への恩義、反共というイデオロギーでの一致、日本人の勤勉さへの蒋介石の畏敬の念……。さまざまな要素が絡まりあって史上例を見ない不思議な軍事顧問団が形成されていったのです。ただ、そこには当然、それぞれの思惑、建前と本音が存在しました。本書は足かけ七年を費やしてアメリカ、台湾、日本に散在する未公開資料を渉猟し、関係者を取材した記録です。蒋介石という政治家の実像と白団の等身大の姿が、いまはじめて浮かび上がってきます。

内容(「BOOK」データベースより)

蒋介石の「以徳報怨」演説に感激し、「反共」の大義を奉じた旧帝国軍人たち。「大陸反攻」の実現のため彼らを頼った総統。双方の内面はいかなるものだったのか…。公開が始まった『蒋介石日記』をはじめ、台湾・アメリカ・日本に散在する膨大な資料を渉猟。関係者への緻密な取材から政治家・蒋介石の人間像と日本人軍事顧問団「白団」の活動の実態が浮かび上がる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 370ページ
  • 出版社: 講談社 (2014/4/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 406217801X
  • ISBN-13: 978-4062178013
  • 発売日: 2014/4/22
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 14.4 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 132,649位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
著者がアメリカのスタンフォード大学フーバー研究所で読んだ蒋介石日記の中に見つけた「白団」の文字。
この本はその「蒋介石日記」を出発点に、台湾における旧日本帝国軍人による軍事顧問団「白団」の真実を数年にわたって追い続けた記録である。
かつて日中戦争で殺し合った相手を、なぜ日本人が危険をおかしてまで助けにいかなければならなかったのか。なぜ蒋介石は大陸反攻のために日本に助けを請うたのか。中国に生まれた近代化という時代の大きな流れと、隣国日本の双方が作り出した表裏一体の異質な関係性について、著者は「個々の人間の心情」が成したこととし、見事なまでに等身大の彼らを描き出している。
 ジャーナリストの福島香織さんに「もう、こういうテーマと巡り合えることが、才能としか」と言わしめる程、かつてない視線で蒋介石の本音と、戦後も約20年にわたり台湾で闘い続けた「白団」の実態をとらえている。戦争が生み出した不可思議な敵国との蜜月の歴史を現代に再現している本著だが、最終章の「エピローグ」を読むと妙に腑に落ちて清々しい気持ちになった。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本のテーマである軍事顧問団「白団(バイダン)」とは、戦後旧日本軍人が
共産軍との闘いにあった蒋介石の求めに応じて秘密裏に台湾に渡り、
終戦時に「以徳報怨」を説いた蒋介石の恩義に報いるために働いた無名の英雄である。
著者は蒋介石が長年記した日記の中での白団の存在に、ジャーナリストの嗅覚から
そこは国の命運を左右する一大プロジェクトがあったのではと嗅ぎ取り
このテーマに取組んだとのことで、歴史の表舞台では決して語られることのない
日本軍人の戦後の姿がかかれている。

所謂これまでの研究書と違うところは著者自身の足を使っているところだろうか。
白団の生存者や遺族をたずね歩き、遺族すらその存在を把握していなかった
故人が記した生々しい記録を発掘。
また台湾ではナショナルアーカイブで独自に関連資料を確認。
研究者とはひと味違ったスタンスで戦後の日中台の関係図を解いている。

秘密結社のような白団のストーリーにゾクゾクしながらページをめくり読み続けた。
国家レベルの話しではあるが、その根底には常に人間臭さが漂っていることをうまくとらえ、
蒋介石や白団に参加した軍人たちの本音と建前を史実にだけにとどまらず表現している一冊である。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
Very good comprehensive descriptions of hidden but important historical facts on the Taiwan-Japan relations during the post-war period, on the basis of thorough research through a series of interviews and rich document and literature review. Strongly recommended.
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック