中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【非常に良い】ご検討ありがとうございます。良好品 全体としてきれいな状態です。※通常、防水梱包により迅速(当日・翌日)に発送いたします。◆土日祝日休業:金曜(休日前日)PM注文は翌平日発送となります。◆30分経過後のキャンセル・住所の変更はできません。(アマゾン注文規約より)◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載/配達先の表札違い・無し/住所間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。配送は主にヤマトDM便の為ポスト投函です。着日指定・郵便局留・私書箱、配送センター(営業所)留めでの配送はできません。上記配送不可の場合は配送費を除き商品代金のご返金を致します。安価商品の為再発送はご勘弁ください。ご注意をお願い致します。◆検品は注意をしておりますが、新品の品物以外はあくまで中古品である点御了承ください。どうぞ宜しくお願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ラスト・イニング 単行本 – 2007/2

5つ星のうち 4.4 30件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,246 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 514 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

大人気小説「バッテリー」。あの伝説の試合がここに──!!
全国劇場公開される人気小説「バッテリー」。その中でも屈指の人気キャラクター・瑞垣の目を通して語られる、巧、豪、門脇らのその後とは──。ファン待望の小説がついに登場!!

内容(「BOOK」データベースより)

「バッテリー」屈指の人気キャラクター瑞垣の目を通して語られる、彼らのその後の物語―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 238ページ
  • 出版社: 角川書店 (2007/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048737570
  • ISBN-13: 978-4048737579
  • 発売日: 2007/02
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 649,984位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
あのバッテリーの後日談。しかし、ストレートな続編ではない。巧は脇役になり門脇との勝負も背景でしか述べられないのだ。
その試合の結果、瑞垣は門脇はどういう進路をとらざるを得なかったのか。その後の彼らの葛藤が描かれている。
特に屈折男子 瑞垣は、彼なりにこだわり悩みあがいている。レッテルを貼られることから逃げ出そうともがいている。そんな彼は野球という運命から逃れることができるのだろうか。
そんな少年たちの中で、瑞垣の妹が、紅い梅の花のようにあざやかに描かれているのが印象的だった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
『バッテリー』シリーズ最終巻(第六巻)の最後に出てくる

新田東と横手二中の試合を絡め、

高校生になった瑞垣君を中心に物語が展開していきます。

(主要登場人物も出てきます)

本書は「マウンドへと」と「白球の彼方」の二つに

分かれています。

「マウンドへと」は

その試合前の風景。

巧や門脇君、瑞垣君などの

それぞれの心情が綴られています。

緊張感がこちらにも伝わってきます。

大部分を占める

「白球の彼方」は、

高校生になった瑞垣君の

野球やそれを取り巻く人々、そして門脇君に対する心の葛藤が

あの試合の回想や彼らの幼少時代を織り交ぜながら描かれています。

タイトルにある

「二度目はないですよ、瑞垣さん。」は

その試合で豪が瑞垣君に告げた一言です。

本書にはそのセリフが何回も出てきて、

試合中、そしてそれからの瑞垣君の心にも

大きな影響
...続きを読む ›
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 映画にもなった「バッテリー」シリーズのサイドストーリーです。本編ラストでの白球の行方がどうなったのか、あの試合が彼らをどう変えたのかが、ここで明らかにされます。

 なんといっても、あの瑞垣が主人公というところが魅力です。吉貞との掛け合いこそないものの、彼の屈折した心理が手に取るように描かれていて、非常に面白かったです。瑞垣にしてみれば、こんなふうに自分を描写されるのはごめんだろうけれど。(笑)

 あの試合によって大きく道を変えた門脇、野球の(角脇の)呪縛から逃れようとあがきながらも、捨てきれぬ瑞垣。その様子は、一見無思慮に見えて、実はあまりに真摯で大人びていることに、ある種の驚きすら覚えます。今の高校一年生って、ここまで考えるのだろうか?

 それはつまり、作者・あさのあつこが青春教養小説の書き手である、ということなのでしょう。物語におのずと入り込む読み手へのメッセージが、この作家が大人にも人気がある理由かもしれません。常識ではなく良識、他者ではなく己の望みに従って生きる難しさを、軽々とあるいは苦しみながら乗り越えていく主人公たち。諦めと妥協の中で生きていくことの多い現実に対し、もう少し頑張ってみようか、という気にさせてくれる本です。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
天才投手・原田と、その相方である捕手・永倉を中心に中学野球を描いた小説『バッテリー』。その続編(且つ、スピンオフ)が今作です。

今回の主人公は前作の新田東中と相対した横手二中の元選手・瑞垣です。

前作のラストでは描かれなかった最後の試合の結果と共に、その結果による選手たちのその後の影響が明かされます。

ついこの前(2016年)まで前作のアニメが放送されていた影響で一気に原作を読み、最終的に本作も読了しました。ラストシーンを読んだ限りでは如何にも、瑞垣らしい終わり方だなと感じました。その後の新田東中、横手二中の動向も気になる所ですが、さらなる続編はあれば良いなぁと思う次第です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
前にあさの先生がインタビューで、瑞垣視点の話を書きたいとおっしゃっていたので、ずっとこの本が出るのを待っていました。

バッテリーの続編、というよりは番外編といった感じかな。

二部構成になっていて、二部から瑞垣視点の話になります。

バッテリーの主人公、原田巧がいる新田東ではなく、そのライバル校の横手二中から見た「あの試合」がとても新鮮でした。

何度も何度も、暗記してしまうぐらい読んだ「バッテリー」を、もう一度読み返そうと思いました。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー