通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ラストワンマイル (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ラストワンマイル (新潮文庫) 文庫 – 2009/10/1

5つ星のうち 4.2 29件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 245
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 767
¥ 767 ¥ 238

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ラストワンマイル (新潮文庫)
  • +
  • 再生巨流 (新潮文庫)
  • +
  • ドッグファイト
総額: ¥3,348
ポイントの合計: 102pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

本当に客を掴んでいるのは誰か──。暁星運輸の広域営業部課長・横沢哲夫は、草創期から応援してきたネット通販の「蚤の市」に、裏切りとも言える取引条件の変更を求められていた。急速に業績を伸ばし、テレビ局買収にまで乗り出す新興企業が相手では、要求は呑むしかないのか。だが、横沢たちは新しい通販のビジネスモデルを苦心して考案。これを武器に蚤の市と闘うことを決意する。

内容(「BOOK」データベースより)

本当に客を掴んでいるのは誰か―。暁星運輸の広域営業部課長・横沢哲夫は、草創期から応援してきたネット通販の「蚤の市」に、裏切りとも言える取引条件の変更を求められていた。急速に業績を伸ばし、テレビ局買収にまで乗り出す新興企業が相手では、要求は呑むしかないのか。だが、横沢たちは新しい通販のビジネスモデルを苦心して考案。これを武器に蚤の市と闘うことを決意する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 476ページ
  • 出版社: 新潮社 (2009/10/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101335745
  • ISBN-13: 978-4101335742
  • 発売日: 2009/10/1
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 21,682位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 ラストワンマイル―ネットで発注、決済は出来ても、最後にモノを届ける物流こそが商流の要(かなめ)。確かにネットで運べるものってデジタル化可能な文字、音楽、画像、映像であって、食料にしても衣料にしても物流のお世話にならざるを得ない。この小説のカタルシスはまず、IT、ITって浮かれてる世相の中で、もっともアナログな物流がなくっちゃ商売は成り立たないって事実を浮き彫りにした点だよね。ってゆーかITでビジネスのマッチング化が進めば進むほど物流の役割はますます大きくなる。

 この小説が面白く読めるのは、ローソンをめぐる郵政VSヤマト戦争、佐川急便のネット通販進出、ライブドアによるニッポン放送株買収、楽天のTBS株大量取得といった、いまどきのITビジネス、物流をめぐる時事ニュースをパッチワークのように組み合わせ、ひとつのビジネス小説としてカリカチュア化している点だ。「通販生活」や「どっちのどっちの料理ショー」といった小ネタまで巧みに交える著者のリミキサー的手腕はなかなかのもの。

 IT起業家誰しもが口にする“ネットとメディアの融合”ってのを具体的なイメージとして描いている点も評価できる。ネットの玉石混交の情報とメディアのスクリーニング化された情報の使い分けについては、受け手側のリテラシーがますます求められるんだろうな。本書に「ニュースの価値をヒット数
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
楡氏のこうした発想はどこから浮かんでくるのだろう。前著「再生巨流」でも感じたことだが、氏のビジネスセンスには感嘆の念を禁じえない。本書に書かれたことは長く膠着状態にある某テレビ局と某IT企業との買収攻防戦に決着をつけるとともに、買収をしかけたIT企業の息の根を止めてしまいかねない戦術としてそのまま応用できる。加えて物流業界というのは、いまだ未開発のビジネスチャンスが埋もれている大変な可能性を秘めた業界だということを改めて思い知らされた。本書に書かれている戦術の根底にあるコンセプトはシンプルなものだが、そもそも卓越した戦術・戦略というものはシンプルでなければならないのだ。そしてビジネスは貰いにいくものじゃない、創出するものだ、飯の種は発想を変えれば幾らでも転がっていると思わされる。ビジネスマン諸氏には自分の仕事を原点に立ち返り、改めて見つめ直してみる意味でも一読の価値がある一冊。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 物流があらゆる産業の足下を支える重要なものであること、またそれが顧客サービスレベルの向上やリードタイム短縮、在庫削減などといったSCMの課題を実現する上で鍵を握っていることは、今日のビジネスにおける常識です。
 しかし、その重要性にもかかわらず、日本では物流業者のことを戦略的なロジスティクス・パートナーとして捉える荷主はまだ少なく、物流業者の方も下請業者の地位に甘んじたまま競合他社との安売り合戦による消耗戦に陥りがちです。
 今日、日本の物流業界を揺るがしているのは、民営化によって物流業に乗り込んできた巨艦・郵政ですが、本書はそんな状況下で日々奮闘している物流マンたちを題材にした熱きビジネス物語です。
 物流の仕事に対する著者の熱い思いが本書から伝わってきて、僕は一気に読み上げました。本書中で引用されている哲学者アランの言葉、「安定は情熱を殺し、緊張、苦悩こそが情熱を産む」・・・いいですね!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Boba 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/11/25
形式: 単行本
ネットとメディアの融合、シナジー、というあの当時題目のように連呼された言葉とその裏に隠された、メディアがもつ有形無形の資産を標的にしたマネーゲーム、というプロットがそのまんまなので読みやすい、、、と言うとまるで新鮮味がないようですが、某IT企業に事実上切られた宅配業者の課長サンがその某IT企業のビジネスを根底から揺るがすビジネスモデルを考案・・・というところでお話は俄然盛り上がります。そこがタイトルになっている「ラスト ワン マイル」。エンドに直接繋がる宅配業者は、ビジネスの枠組みそのものを決定するほどの影響力がある、ということをヒョンなことから絵に描いて見せた。

ネタばれになってしまうのでそのビジネスモデルには詳しく言及しませんが、言われてみれば・・・、というヤツです。件の課長氏の発案を口頭で聞いたときはニベもなかった上司の本部長氏も企画書に目を通した瞬間、アナを補うとともに企画のアイディアそのものの素晴らしさ・オリジナリティーが課長氏にあることを認め手柄を立てさせる、という管理者の鏡。後半のTV局との交渉・社内根回しで見せた本部長氏の見事な動きは「経営者・管理者かくあるべし」・何やら企業の管理職研修の様な様相を呈して参りますが、一抹の出来すぎ感はありながらテンポのよい筆致で最後まで引っ張る筆力は流石です。某IT企業マンも宅配本部長氏も座右の銘が「安定は情熱
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す