ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏 DVD-BO... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆商品は国内正規品です。商品状態はBOXケース良好、ディスクケース4枚良好、チラシ良好、ディスク4枚良好です。◆商品はAmazon配送センターにクリスタルパックに入れて保管しており、24時間365日いつでも迅速に丁寧に発送しますのでご安心してご利用いただけます。◆到着後万が一商品に不備があった場合などはAmazonカスタマーズセンターが対応いたしますのでご安心してお買い求めいただけます。◆その他、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏 DVD-BOX

5つ星のうち 4.8 26件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 19,656
価格: ¥ 15,204 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 4,452 (23%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 15,204より 中古品の出品:10¥ 7,598より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏 DVD-BOX
  • +
  • 女王の教室スペシャル DVD-BOX
  • +
  • 女王の教室 DVD-BOX
総額: ¥36,756
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 天海祐希, 福田麻由子, 佐々木蔵之介, 永作博美
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 4
  • 販売元: バップ
  • 発売日 2004/12/22
  • 時間: 520 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 26件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000639BLU
  • JAN: 4988021129107
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 83,557位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

2004年7月~9月に日本テレビ系列にて毎週水曜日夜10時より放送の「ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏」を映像商品化。余命3ヶ月と宣告された主人公が、かつて捨てた娘と「最後の夏」を精一杯過ごす様を描いた作品。天海祐希ほか出演。

レビュー

プロデューサー: 大平太/太田雅晴/東康之 演出: 岩本仁志/南雲聖一/渡部智明 脚本: 泰建日子 音楽: 池頼広 出演: 天海祐希/永作博美/佐々木蔵之介/須藤理彩/要潤/福田麻由子/中島ひろ子/松重豊/林泰文/田畑智子/大森暁美/平泉成
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2004/12/28
主人公と同じくらいの年齢です
オンエアされている時期に同じ病にかかり、病室の消灯時間を過ぎている時間帯でしたが、
個室である事で看護婦さんに了解を得て見ていました
主人公の淡々とした演技に共感し、細かい各演技者の気持ちの動きにも共感しました
命・家族・について考えさせられる本当にいいドラマでした
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
自分のキャリアのために、まだ赤ん坊の娘と夫を捨て家を出た経験を持つ明日香(天海祐希)。
そんな彼女がある日突然末期のすい臓がんで余命2ヶ月を宣告される。
自分の死を目の前にしたとき、彼女は9歳になったはずの娘「歩」のことだけが気がかりだった。
美人で仕事もできてスタイルもいいけど、すっごく自分勝手でわがままな女と言われている明日香。だけど、彼女の周りの人たちがとってもとっても優しいから、みんな明日香が大好きだから、だから彼女がやっぱり素敵な人だったってことがすごく伝わってくる。
みんながすごく優しくて、だけど明日香の病気が治らないってことは変えられなくて、心温まるけどすごく切ない。
でも、もしも私も明日香と同じような状況になってしまったなら、明日香のようでいたいと、明日香みたいに素敵な人に囲まれていたいと、だから今も頑張って素敵な女性になるよう努力しようと心から思った。
タイトルの「娘と生きる最後の夏」って言う副題が、それだけで涙を誘う。
音楽も槇原敬之の主題歌、あと挿入歌ともに最高に良いです
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2004/10/25
Amazonで購入
 あまりに重いテーマに戸惑い、ビデオに撮って一人で見続けました。拭っても拭ってもあふれる涙を止めることが出来なかった。全部見終わってから、家族みんなでもう一度見たいと思いました。あんなに泣いたのに、生きる力を貰いました。すばらしい脚本、そしてそれをみごとに表現した役者さん達、みんなで見ます。ありがとう。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
歩(福田麻由子)の優しさとひたむきさに何度も何度も泣かされました。

明日香(天海祐希)が自分の余命が3ヶ月しかないとわかったことから始まるこの物語は、決して暗い話になっているわけではありません。

”死”ももちろんテーマにはなっていますが、明日香と歩の”親子の愛”が一番のメインなのではないでしょうか。

歩は明日香のことを、”自分が捨てられた”とか関係なく無条件に大好きだ。というところがウルウルきます。

明日香(天海祐希)は、こういうドラマにはお決まりの”仕事が出来て美人で・・・”というキャラですが、今まで私が観てきた主人公とはぜんぜん格が違います。

”女”を前面に出してないからでしょうか。あのさっぱりした爽快さがドラマを安っぽくさせていません。

それに、蓮太郎(要潤)とは年の差カップルなのに無理がない・・・天海祐希さんのオーラでしょうか。吸い込まれそうにステキです。

明日香の元夫・聡(佐々木蔵之介)、聡と結婚する予定の有里(永作博美)らも、複雑な思いながらも歩と明日香の仲を優しく見守り続け、泣かせてくれます。

あとあと、お医者様(升毅)もいい味出してます。

このドラマはぜーーーったいに涙なしでは観られません!!!
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
2004年夏のTVドラマで欠かさず見ようと思ったのは唯一このドラマだけです。がんで余命3ヶ月と診断された主人公が、希望を失わず生きていく潔さ、周囲の人々が見守る温かさに、久々に自然と泣かされるドラマでした。是非DVDで見たいです。発売されるだけで嬉しい!!!
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 to-ko971 VINE メンバー 投稿日 2005/5/4
役者の演技がすばらしい!天海祐希さんはもちろん、娘役の子も、佐々木蔵之介さん、永作博美さんなど本当にみんな丁寧に演じきっていたと思います。
主人公・明日香(天海祐希さん)が、末期のがんにかかってしまう話なのですが、暗く悲しいだけじゃなく、コミカルで明るい場面がでてくるところが好きでした。
個性の強いキャラクターの中で一番、明日香の父(平泉 成さん)が好きでしたね。5話で、明日香の病気に気付くのですが、知らん顔をするんです。その演技がすごくうまくて、悲しくて泣きました。明日香が実家に帰って、夏祭りに行って神社でお参りするときの父のセリフで、もう前が見えないくらい泣いてしまいました。ところどころで父はいい味出してます!!5話は一番好きな回です!必見です!
明日香の生き方を通して、家族や仲間の大切さが伝わってきました。
すごく好きなドラマです!
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す