通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ラストピア (1) (まんがタイムKRコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 通常中古品の為、ヤケ・スレ・折れ・シミ・汚れなどの経年による傷み・使用感がございます。カバー・表紙の装丁・出版年月日及び版数が掲載されている画像と異なる場合がございます。帯・特典等の付属品につきまして、記載がない場合は付属しておりません。また、店舗でも販売しておりますので売り切れの際は、ご注文をキャンセルし全額返金いたします。何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。 293981
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ラストピア (1) (まんがタイムKRコミックス) コミックス – 2016/11/26

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 885
¥ 885 ¥ 502
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ラストピア (1) (まんがタイムKRコミックス)
  • +
  • ひだまりスケッチ (9) (まんがタイムKRコミックス)
総額: ¥1,770
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

ある日記憶喪失で目覚めたリッタ。そこは見知らぬ島「エオニオ島」だった。
記憶喪失の原因を探りつつ、ホテルで働いたり観光をしたり…。
この島で過ごす日々はやさしくてちょっとせつない。
不思議で美しい島と、かわいくてあたたかい住人の元へ遊びに来てください。


登録情報

  • コミック: 120ページ
  • 出版社: 芳文社 (2016/11/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4832247778
  • ISBN-13: 978-4832247772
  • 発売日: 2016/11/26
  • 商品パッケージの寸法: 21.5 x 15 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 potti 投稿日 2017/4/13
形式: コミック Amazonで購入
よかったです。
久し振りに良い漫画に出会えました
次巻にも期待したいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
作者の そと さんはライトノベルのイラストで知っていてキャラクターのデザインや絵の雰囲気等とても好きだったので購入しました。

記憶喪失の主人公リッタが、小さな島の住人や旅行客と交流するお話です。
島は外部とも普通に繋がっていて、今のところ表紙やタイトルからイメージするような“ラストピア感”はあまりありません(笑)
購入前のイメージとはやや違ったものの、主人公を含め登場人物たちは魅力的ながらキャラが強烈すぎるというようなこともなく、読みやすくとても癒される作品で個人的には大満足でした。

「よくある」らしい記憶喪失や幽霊の存在など、これから少しずつ明かされて(もしくは深められて)いくであろう謎があるだけでなく、1巻ではちょっとした紹介程度で終わってしまった脇キャラたちも可愛いのでこれからが楽しみです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「何故、記憶を失うのか」「蓋をされた記憶の中にあるものは?」
これが本筋のはずですが…… 登場人物が誰もかれもゆるくて、ミステリーを感じさせません
むしろ、疲れた日常にほんわかと一服の清涼剤、こんな島でのんびりと暮らすのもいいなあ、なんてことを思うかもしれません

もちろん、謎は多いです

本筋の「記憶」にまつわるいろいろもですが、主人公リッタの性別がはっきりしない(水着回があるのに?!)
これ、意図して描かれているならば、あとあと重要になるような気がします
他にもいろいろ
あとは皆さん、ご自身で確認してくださいね
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告