通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ラストダンス (実業之日本社文庫 堂場瞬一スポーツ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ラストダンス (実業之日本社文庫 堂場瞬一スポーツ小説コレクション) 文庫 – 2012/6/5

5つ星のうち 4.1 42件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 79
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 741
¥ 741 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ラストダンス (実業之日本社文庫 堂場瞬一スポーツ小説コレクション)
  • +
  • 大延長 (実業之日本社文庫 堂場瞬一スポーツ小説コレクション)
  • +
  • 焔 The Flame (実業之日本社文庫 堂場瞬一スポーツ小説コレクション)
総額: ¥2,223
ポイントの合計: 61pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容紹介

プロ野球<スターズ>の同期、真田誠と樋口孝明。その野球人生は常に対照的だった。
ドラフト2位で即戦力と期待された樋口はついにレギュラーを奪えず、
真田はドラフト5位から球界を代表するスター選手へとのし上がる。
そして今季、球界最年長・40歳の二人に引き際が訪れた。二軍監督要請という形で
引退勧告を受けた樋口に対し、真田はシーズン半ばで突然引退会見を行う。
ところが引退宣言以降の登板で真田は連勝、低迷していたチームも優勝争いにからむ快進撃を始めた。
シーズン終盤、正捕手の負傷で一軍に昇格した樋口が、17年ぶりに真田とバッテリーを組む日が到来して……。
予想外に展開する引退ドラマを濃密に描く感動作、初文庫化!

内容(「BOOK」データベースより)

プロ野球チーム「スターズ」の同期、真田誠と樋口孝明。ドラフト5位からスター投手にのし上がった真田に対し、即戦力と期待された捕手・樋口は準レギュラーに甘んじていた。そして今季、40歳のふたりに引き際が訪れる。優勝争いにからむシーズン終盤、真田と樋口は17年ぶりにバッテリーを組むことになるが―予想外の展開を見せる引退ドラマを濃密に描く感動作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 448ページ
  • 出版社: 実業之日本社 (2012/6/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4408550817
  • ISBN-13: 978-4408550817
  • 発売日: 2012/6/5
  • 商品パッケージの寸法: 15.6 x 10.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 42件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 155,501位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
堂場瞬一という作家は作品数が多く、スポーツからミステリーとカバーしてい
る分野が広い。スポーツだけでも、マラソン、駅伝、レスリング、ラグビーか
らロッククライミング、ミステリーでも主人公が刑事や検事、怪盗団、一般市
民という具合に、アプローチの仕方が多岐にわたる。

そんな作家にとって、野球小説は特別な意味があるような気がする。そもそも
すばる新人賞を受賞したデビュー作『8年』も、野球の小説だった。実際、堂
場瞬一ほど、野球の魅力をこれほどまでに見事に引き出している作家は、少な
くともいまの日本にはいないと思う。

それを改めて、しかもこれまで以上に強く確信したのがこの『ラストダンス』。

野球における「駆け引き」の描写が見事であり、野球ほど頭脳と技術と精神力
が求められるスポーツはないのではないかと思わせてしまうほどである。試合
の展開、そしてそれと並行する選手たちの内面の動きを読み進める間の興奮は
格別であり、小説好きにとっては、映像では描ききれない、小説という媒体の
表現力と有効性を実証しているのも嬉しい。これに加えて、選手としての苦悩
や人間関係がいい案配で絡む。

野球に対する愛情がな
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
キャリアの終盤に差し掛かかった因縁のある二人が、ともに力を合わせて偉業を達成する。
野球というスポーツに興味がなくても、人間ドラマとして読ませる面白さがあった。
特に、キャッチャーの役割の重要さが、とても興味深かった。
子どもの時、キャッチャーは確かに全く人気のないポジションだった。
太っているという理由でつかされるのがほとんど。
こんなにも、頭を使うポジションなんだという発見が新鮮だった。
その割に地味、あまり報われないポジションだが、キャッチャーの魅力を知ってしまえば、
通にはたまらないのだろう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 416 投稿日 2012/11/8
形式: 文庫
この著者の作品は警察ものから入ったのですが
こんな作品もあるんだと興味を持って呼んだところ
こちらのスポーツシリーズのほうが上回りました。

野球ものの【BOSS】【ミスジャッジ】【焔】の後で読んで本作の読後【大延長】も読みました。
私の中では本作がNo.1です。
(ちなみに【本作】→【BOSS】→【焔】→【大延長】→【ミスジャッジ】の順です。)
他の作品にも共通しますが本当に単純ですが
野球っていいよな!
と感じさせてくれます。
野球好きでない方はどう感じるかわかりませんが、少しでも野球に関わった人にはぜひおすすめしたい一作です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
球界で対照的な人生を送ってきた同期の二人のラストイヤー。

スポーツという、加齢による限界があり、終盤は下り坂になる選手が多い業界を舞台に
プロ野球のシビアさや人間関係、人物の心情がリアルに描かれている。

物語の出来事自体は非現実的、理想を通り越して都合が良すぎるのは確かだが、
野球ファンにとってはそれを許せるほど詳しい心理の描写や深みがあるのではないか。

日々元気のない「おじさん」が増えていそうな日本で、40前後のおじさんたちの活躍する物語はスカッとする。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
初堂場作品。実は、推理小説と勘違いして購入w なので、一体いつになったら事件が起きるのか?!とやきもきしながら読み進めた。結局よく見てみれば、純粋なスポーツ小説とわかり、そこから素直に?読み進めた。久しぶりにこの手の小説を読んだので、とても新鮮だった。途中、もう少し二人のキャラが予定調和的に絡まればと。やや人間臭さがにおいすぎたかな。もっともそれだとラノベすぎかも。エピローグは、そんな気持ちを汲んでくれたものであったが悪い気はせず。前向きにという明るさを醸し出し、個人的には読後感含め、良好な作品であった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
息子が小学生から社会人野球まで頑張ってたのだけど、母親の私は、こんなに心理面の駆け引きがあったなど、理解できず、人様に野球バカな息子と言っていました。
ごめんね、野球って勝つまでのセオリーが面白いのね。頭脳プレーで、データも重要。人間観察も重要なんだ。
人生観の違う人間のぶつかり合い、汗臭い闘いの中からの爽快感。最後は野球って人のつながりなんだと、あらためて感じました。
プロ野球のあの元監督や、阪神にいたピッチャーを思い浮かべながら詠みました。
終盤は出来すぎでしたが、物語はあまり野球に詳しくないおばさんには解説書にもなり、改めて野球って楽しめるスポーツと一気に読み終えました。今年のプロ野、ちょっと違って観戦します。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック