ラストゲーム 最後の早慶戦 コレクターズ版(2枚組... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 GDTcom
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: !!完全生産限定品!!特典付属品完備!!希少!!美品!! ※是非!商品画像をご覧ください!! 【アマゾンから即日発送・通常送料無料! 在庫1点のみ・国内正規品!】 ◆ ディスク2枚組。 ◆ スリーブケース・デジパック仕様 / 帯付き / ミニ台本 / ブックレット付属です。 ◆ DVDケースは微細なスレ傷程度でキレイです。 ディスク盤面もとてもキレイでピカピカです。 ◆ 再生確認済み、アマゾン専売商品ですので在庫切れはありませんので、ご安心ください。 ◆ アルコール除菌後、汚れないようにクリスタルパックで包装後、アマゾン倉庫で保管しています。 ◆ ケース外側には極細かい傷があるものの、ケース内の状態は全て良好です。 ◆ 万が一商品に、不備がある場合は、返品・返金対応させていただきます。 ◆ ご注文確定後、安全・確実のアマゾンから発送されますので、ご安心ください。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,865
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ラストゲーム 最後の早慶戦 コレクターズ版(2枚組/完全生産限定) [DVD]

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,985
価格: ¥ 5,865 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 120 (2%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ハワイの秘法が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 5,519より 中古品の出品:6¥ 1,799より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 渡辺大, 柄本佑, 和田光司, 脇崎智史, 中村俊太
  • 監督: 神山征二郎
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2009/02/27
  • 時間: 96 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001LRLC4Y
  • EAN: 4988013734548
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 115,554位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

太平洋戦争下で実際に行われた“早慶戦”にまつわる秘話を描いた感動のヒューマンドラマ。戦況が悪化し、野球は敵国アメリカのスポーツとして禁じられる。学徒出陣を控えた早慶の選手陣は何とか試合の実現を図るのだが…。特典映像を満載。

内容(「Oricon」データベースより)

禁じられた野球に愛と情熱をかけた人々の姿を描いた感動の戦争ドラマ!敵国のスポーツとして六大学野球が廃止、さらに学生に対する徴兵の猶予が停止となった1943年。太平洋戦争が、グラウンドで無心に白球を追いかける早稲田大学野球部の選手たちから青春の日々を奪おうとしていた…。デジパック仕様、2枚組コレクターズ版。完全生産限定。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

年代的に70代、80代の方にとって野球の花形はいまで言うプロ野球ではなく、「学生野球」だと言われた時期がありました。そうです。時代背景で言うと戦争末期。当時、プロ野球は「職業野球」として蔑まれていたそうです。当然、神宮の杜に訪れる観客も学生野球が目当てで、職業野球の試合などは閑古鳥が鳴いていたとのこと(以上、父から聞いた話です)。

東京6大学野球の「早慶戦」「慶早戦」はまさに学生野球のドル箱カードで、常に外野席にまで立ち見客が満員御礼が出ていたと。物語は学徒動員の直前、戦局が進むにあたって中止を余儀なくされていた「早慶戦」「慶早戦」を戦地に赴く前に、一度だけでも復活したいという慶應義塾大学塾長・小泉信三(慶應出身の石坂浩二というのがミソ。野球部部長役の三波豊和も慶應出身です)が柄本明演じる早稲田大学野球部監督に試合を申し入れたことから動き出します。当時の戦局はもとより、中断を余儀なくされた学生野球の人気ぶりを知らないと、藤田まことが演じる早稲田大学総長があれだけ強硬に開催反対を唱えていた理由が理解できないと思います。あのような描き方だと、「学生の気持ちが理解できない頑固モノ=早稲田総長」VS「学生の気持ちが理解できる教育者=早稲田野球部部長&小泉信三」という対立構造になってしまいますが、当時の人気ぶりを考えると、早稲田総長も苦渋の判断だったに違いありません。<
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 T2 VINE メンバー 投稿日 2009/2/11
評者は早慶の関係者であり、このレビューを御覧になる方はその点に留意してお読み戴きたい。

戦争と云う理不尽なもののために青春を取り上げられた上に、命まで奪われる事になった、当時の学徒の苦悩がよく描かれた作品であると思う。ただし、死を前にした学生の心理上の切迫感と云う点に関しては、先輩作品である「英霊たちの応援歌」の方が勝るかも知れない。

早大校歌「都の西北」を慶應義塾側が、慶應義塾第一応援歌「若き血」を早大側が歌い合うエール交換の場面は、本当に感動する。相手校の校歌・応援歌を歌う事が出来るのは、実に早慶の人間くらいのものだろう。これだけ見ても、「早慶」が単なるライバル校同士の関係ではない事が分かる。一方、「海ゆかば」が無いではないかと云う一部の批判があるが、どうしても政治性を持つ歌であるため、製作サイドも悩んだ上での判断であったと考える(「海ゆかば」を作曲した信時潔は、それから三年後に、現在の慶應義塾塾歌(=校歌)の曲作りも担当している。何れも開戦前の事である)。

早慶両校によるエール交換の場面は別にして、いつの時代のどの大学の学生にも降りかかる可能性のある悲劇として御想像戴きたい。現在でも戦争が絶えぬ事を考えれば、一見に値する作品と云えよう。

本作品をプロデュースした奥山和由氏は、あの「226」
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
本作の主演は柄本明扮する飛田だ。というのは、本来の主演である渡辺大からの視点でストーリーが進まないからであり、途中までは戸惑ってしまった。まあ飛田と石坂浩二扮する小泉塾長の友情なしでは成しえなかった実話だからね。神山監督はこれを真摯に、かつあまり私情を入れないで撮っており、好感がもてる。1943年なのにのんびりしすぎている、という評もあるようだが、本土が決戦に組み込まれるのはまだ先のことであり、この雰囲気も実際に近かったのではないかと思う。選手役の俳優たちは、柄本祐を除いて全員が野球経験者であり、それも甲子園に出たメンバーもいる本格的な布陣だ。これだけで「ルーキーズ」は超えている(笑)。それから柄本・石坂に加えて富司純子、藤田まことが脇を固めているのも大きい。現在の早稲田周辺では当然ロケなど出来ず、メイキングを観ると撮影は上田市で行われたようだ。戸塚球場はまるでセットかと思うくらいに「昭和18年の野球場」の風情であり、これも映画の成功に大きく関与しているのでは。早慶戦が行われたのは10月16日で、学徒出陣式が行われたのは21日。作りようによってはもっとドラマティックに出来たのかもしれないが、大東亜戦争そのものへの言及が少なかったのも本作の特徴だ。ただし、最後に特攻の記録映像場面が映し出されるが、何も学徒出陣は揃って海軍に入隊した訳じゃない。これだけは誤解を与える描写だったと思う。靖...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す


フィードバック