中古品:
¥ 800
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 個人で所有していたセル版の商品です。 レンタル落ちではありません。 ディスクにもほとんど傷はありませんが、中古品なりの擦り傷や汚れなどはご了承くださいませ。 チャプターリストなどの付属品はありません。 また、こちらの商品はAmazonの倉庫で管理されており、 Amazon配送センターからの発送となりますので 迅速確実な対応且つ安心安全なご利用が可能です。 お急ぎ便などの各種発送オプションもご利用できます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ラストキング・オブ・スコットランド [DVD]

5つ星のうち 4.1 49件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 2,980より 中古品の出品:12¥ 271より

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でラストキング・オブ・スコットランド (吹替版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『デッドプール』、『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: フォレスト・ウィテカー
  • 監督: ケヴィン・マクドナルド
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2007/10/05
  • 時間: 123 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 49件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000S5K4TE
  • JAN: 4988142575623
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 116,552位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

<B>本年度アカデミー賞最優秀主演男優賞受賞
人間の狂気に迫るサスペンス・スリラー</B>

<キャスト&スタッフ>
アミン…フォレスト・ウィテカー(立木文彦)
ニコラス…ジェームズ・マカヴォイ(島海浩輔)
ケイ…ケリー・ワシントン(林 真里花)
サラ…ジリアン・アンダーソン(日野 由利加)
監督:ケヴィン・マクドナルド
脚本:ピーター・モーガン/ジェレミー・ブロック
原作:ジャイルズ・フォーデン

●字幕翻訳:戸田奈津子 ●吹替翻訳:久保喜昭

<ストーリー>
スコットランドの医学校を卒業したニコラス・ギャリガンは、高い志を胸にウガンダのムガンボ村にある診療所へとやって来た。それはちょうど、軍事クーデターによってイディ・アミンが新大統領となった直後のことだった。ニコラスはアミンの演説を聞いて、そのカリスマ性に強く惹きつけられる。そして偶然にも、ケガをしたアミンを救ったことからアミンに気に入られ、彼の主治医に抜擢される。やがてアミンは主治医という以上の信頼をニコラスに寄せ、ニコラスもまたその期待に応えようとするのだが……。

<ポイント>
●本年度アカデミー賞最優秀主演男優賞受賞 フォレスト・ウィテカー
●実在した人物、イディ・アミン大統領の真実に迫る衝撃フィクション
●原作「スコットランドの黒い王様」(新潮社刊)の映画化

<特典>
●ケヴィン・マクドナルド監督による音声解説
●未公開シーン集――監督による音声解説付き(計7種)
●ドキュメンタリー:イディ・アミンの実像
●フォレスト・ウィテカー:イディ・アミンを演じて
●キャスティング・セッション
●オリジナル劇場予告編

Amazonレビュー

悪名高いウガンダの独裁者イディ・アミン役で、フォレスト・ウィテカーは『ラストキング・オブ・スコットランド』で忘れがたい演技を見せている。絶対的な権力が完全に腐敗したひどい事実を力強く描写、アミンの台頭と衰退の脚色を交えた年代記は、絶賛されたジャイルズ・フォーデンの小説(『スコットランドの黒い王様』)を原作にしている。この作品ではアミンの恐怖の独裁政治は、ニコラス・ギャリガン(ジェームズ・マカヴォイ)の視線を通じて描かれる。1970年代初頭にウガンダへやってきたスコットランドの医師で、アミンの主治医として仕えた人物だ。アウトサイダーとしての視線は、最初はアミンが用意周到に権力の座へと台頭したことに印象づけられるが、物語が進むにつれて、そして、ウィティカーのアカデミー賞受賞となった演技が真に迫るにつれて、『ラストキング・オブ・スコットランド』は独立国家ウガンダ(1962年までイギリスの植民地)が、いかにして大虐殺まで行うアミンの専制国家の温床となったかを、的確に検証するものに変わっていく。ウィテカー演じるアミンは、カリスマ性と恐ろしいほど破壊的な部分を兼ね備えており、ときには同時にその二面性が発揮されるほどだ。そしてマカヴォイはキャラクターの無邪気さという次第に光ってくる資質の悲劇的な代価を、効果的に伝えている。ケヴィン・マクドナルド監督(心に残るセミ・ドキュメンタリー『Into the Void』を作った)によるこの強烈に警鐘を鳴らす物語に、情報の早い視聴者たちは同じように実在の人物の真実を暴くドキュメンタリーでバーベット・シュローダーの『General Idi Amin Dada』も要チェックだと勧めている。本作品の裏づけのとれた詳細の大半の極めて重要なソースだ。(Jeff Shannon, Amazon.com)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 tomomori トップ50レビュアー 投稿日 2007/10/20
形式: DVD Amazonで購入
時代は七十年代。「若者の反乱」の時代に、父の職を継ぐべく医大を卒業した主人公は気まぐれにウガンダを訪れる。自分探しの旅だ。手軽に下半身を満たしてくれる現地人の女の子にも会えて幸先の良い道中になる。しかしいったん僻地医者になってみれば、毎日が地味でつまらない。同僚の奥さんに手を出そうとして拒まれるし。そんな時にひょんなことからアミン大統領と出会い、スコットランド人というだけで気に入られる。本国でならほんの見習い医師の青年が突然権力に近くなる。わくわくする。しかし…、という話。
アミンと彼の絆は「反英意識」がきっかけとなるのだが、アミンの英国憎しが経験に由来する臓腑の感覚なのに比べて、主人公のそれは流行に乗った反権力意識でしかない。ウガンダで策動する英国大使館職員(「汚い大人」の象徴)に対して喧嘩腰の態度を取る主人公は得意満面だ。青春ってこっ恥ずかしい、の普遍的な姿がここにある。
アフリカもウガンダも「オレの青春の彩り」くらいに思っていた青年が、後半に入って次々と現実のしっぺ返しを受けていくあたり、恐ろしくもあるのだが、何気にカタルシスもある。ダークな道徳劇としてかなり力強い話だ。
フォレスト・ウィテカーの巨躯の横で主人公は小柄で唇は真っ赤で、まるで女の子のように見える。おそらく監督はわざと二人の力関係に同性愛的な匂いを持たせている。フォレスト・ウィテカー
...続きを読む ›
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 この映画の主人公は大学を出たてのスコットランド人医師ニコラス・ギャリガンだ。アミンがクーデターで前政権を倒した頃に、ウガンダに海外派遣医として赴任してきた。

 ニコラスが医者として働くムガンボ村にアミンが演説しに来たのを聞きに行き、たまたまアミンの怪我の治療をしたところ気に入られ主治医になる。
 アミンといえばその残虐さで有名であるが、ニコラスが出会った当時は、気さくないい人に見えた。 演説はウガンダ人の自尊心に訴える内容だが、冗談も忘れない。また民衆の中に入り一緒に踊るなど、国民の心を掴んでいるように見えた。
 残虐な素性を権力を握るまで隠し通せる人もいるのだろう。世間知らずのニコラスはそれに気づくことが出来なかったのだ。

 イギリスの弁務官は遠回しに警告をした。他にもおかしいと気づくチャンスは幾つもあった。ニコラスはアミンにパーティー用のスーツを新調してもらい、高級車をもらい、アミンの代理として公共事業のプレゼンに出席した。それでもそのおかしさ、その裏にある腐敗に気づくことは無かった。

 権力を握ったアミンが腐敗するのは早く、前政権のオボテ支持者を虐殺し、他民族を迫害し、経済失策の責任をインド人のせいにして彼らを国外追放した。側近や身内も彼の猜疑心と残虐さからは逃れられない。
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 emir1969 VINE メンバー 投稿日 2017/3/15
形式: DVD Amazonで購入
ウガンダ大統領(在職1971-1979)だったイディ・アミン(1925-2003)の政治権力全盛時代を舞台にした政治サスペンスであり、もちろん青春映画であり、なおかつ凡百のお化け屋敷映画をあざ笑う残酷描写で観客の度肝を抜くスリラーでもある快作だと思う、
私的にはフォレスト・ウィテカー出演作に外れなしが改めて再確認できた、

ウガンダ国内の政治的混乱に加え「エンテベの勝利」「特攻サンダーボルト作戦」などいくつも映画化されたエンテベ空港ハイジャック事件をクライマックスにすることでアクション映画としてもなかなかの見応えがある、
全編ウガンダ撮影で主要キャストを除き現地俳優とウガンダ・ネイティブ大挙エキストラ出演によるリアルなライブ感も素晴らしい、
低予算ながら1970年代前半の風俗再現にこだわり抜いた映像も見事だと思う(ウガンダは意外なほど国土の景観もデザインにこだわりのあるビルの並ぶ首都の佇まいも美しい)、
音楽は現在のものが使われているのでそれなりに洗練された音だが、これはこれでとても楽しい音が聞けます、

他国人である白人がなぜか政権中枢に関与してしまい世界の残酷さに打ちのめされる物語は監督は意識していないようだが、原作者の小説構想時に「アラビアのロレンス」が下敷きになったことは間違いない、
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
まずはウガンダを独裁するアミンという人物。陽気で冗談を言うような魅力的なところもあるが猜疑心や警戒心の強い一面もある。疑り深い性格が猪突し実際に数十万人を虐殺してしまうこととなる。

そしてアミンに魅入られ大統領専属の主治医となった青年ニコラス。冒険心、好奇心に旺盛で大統領下での優雅な暮らしに陶酔していく。アミンの妻と情事を犯し、アミンに狙われることとなる。若さゆえの最大の過ち。

二人の人物の物語です。アミンが次第に猜疑心に苛まれていく様子や、ニコラスが徐々に追い詰められていく過程がうまく表現されていて映画の構成やテンポもよかったです。ウガンダの歴史を知らずに観ましたがわかりやすく作られてると思いました。

映画を観ての感想は大人になりきれていないということ。これは二人の人物に共通することだと思います。独裁者には言うにも及びませんが、ニコラスに関してはどうして最悪の状況になるまでに気づき、そしてその間違った道からそれることができなかったのか。若さゆえ、また冒険心、好奇心の強さからなのか。ラストシーン(ニコラスの最悪の状況のシーン)は目が離せませんでした。かなり悲惨なシーンです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー