通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ラギッド・ガール―廃園の天使〈2〉 (ハヤカワ文庫... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 personal-books 
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに微かなスレ・ヨレはありますが、他は書き込みや折れもなく良好です。◆アルコール除菌消毒の上、防水ビニールとプチプチで包装して迅速ににて発送致します。◆日・祝日休業、2営業日(48時間)以内に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ラギッド・ガール―廃園の天使〈2〉 (ハヤカワ文庫JA) 文庫 – 2010/2/10

5つ星のうち 4.9 10件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 227
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 907
¥ 907 ¥ 285

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ラギッド・ガール―廃園の天使〈2〉 (ハヤカワ文庫JA)
  • +
  • グラン・ヴァカンス―廃園の天使〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)
  • +
  • 象られた力 kaleidscape (ハヤカワ文庫 JA)
総額: ¥2,570
ポイントの合計: 54pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

現代日本SFを代表する作家の最高傑作

ゼロ年代ベストSF[国内篇]第5位



『グラン・ヴァカンス』の絶望と残虐、

すべてはこの部屋で誕生した――



もし明日死ぬとしても、

私は彼女の傷として記憶されている。

そう思ったら泣けてきたの。



人間の情報的似姿を官能素空間に送りこむという画期的な技術によって開設された仮想リゾート〈数値海岸〉。
その技術的/精神的基盤には、直観像的全身感覚をもつ一人の醜い女の存在があった――
〈数値海岸〉の開発秘話たる表題作、人間の訪問が途絶えた〈大途絶〉の真相を描く「魔述師」など全5篇を収録。
『グラン・ヴァカンス』の数多の謎を明らかにし、現実と仮想の新たなる相克を準備する、待望のシリーズ第2章。

内容(「BOOK」データベースより)

人間の情報的似姿を官能素空間に送りこむという画期的な技術によって開設された仮想リゾート“数値海岸”。その技術的/精神的基盤には、直感像的全身感覚をもつ一人の醜い女の存在があった―“数値海岸”の開発秘話たる表題作、人間の訪問が途絶えた“大途絶”の真相を描く「魔述師」など全5篇を収録。『グラン・ヴァカンス』の数多の謎を明らかにし、現実と仮想の新たなる相克を準備する、待望のシリーズ第2章。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 496ページ
  • 出版社: 早川書房 (2010/2/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150309833
  • ISBN-13: 978-4150309831
  • 発売日: 2010/2/10
  • 商品パッケージの寸法: 16.5 x 11.1 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 271,618位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「ラギッド・ガール」は「グラン・ヴァカンス」を補完する中編集。3部作中2作目にあたります。
仮想世界誕生秘話から現実世界との断絶原因、そして謎の敵の誕生についてと、「グラン・ヴァカンス」で語られなかった謎が5つの中篇になっています。ここでも複線が解かれる快感、驚きが満ちています。現実世界を舞台にした物語が含まれているため、グラン・ヴァカンスにあった幻想的繊細さでは無く、リアルな空気感、タイトルの通りラギッドな読後感があります。

両作品とも、登場人物が虐殺され陵辱されるシーンは、執拗なまでにグロいのですが、それでも読み進められたのは内心登場人物が人間では無い=AIという仮想的な存在という意識が頭にあったからかも知れません。不思議なもんですね。

第3部がいつ刊行されるのかわかりませんが、残っている謎(天使とか、ジュールのその後とか)が明らかになるのか、楽しみでたまりません。待ち遠しいです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
グランヴァカンスに魅入られて手にとってみたが、この続編も期待以上。
前作では語られなかった点、あのグランヴァカンスというシステムの背景などをはじめ
読み手が気になっていたところに手をさしのべるようにして
それでいて持ち前の甘美な文体を存分に発揮しながら綴っていく。

個人的には表題のラギットガールが気に入った。
阿形渓をはじめどことなくお茶目でウィットに富んだ教授、
その翻弄される美しさを想像せずにはいられないアンナと
キャラクターも魅力的ながら微に入り細に穿った
仮想体験のシステムには脳細胞が活性化するのを感じた。

遅筆なようだが、著者の甘美でいて意外性に富んだ
作品性には今後も期待していきたい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
『グラン・ヴァカンス』に続く中短編集。三部作第二部。
前作では物語設定上、SF的要素を極力廃した語り口であったが
本作ではその呪縛の鎖を、力技で解き放つかのように
華麗な筆致で、鮮やかに「仮想世界」を描ききっている。
視覚的なきらびやかさだけではなく、
その手触りのリアリティも、まこと秀逸である。

しかし詩的に、そしてグロテスクなだけではなく、
ラストを飾る中篇「蜘蛛(ちちゅう)の王」の
疾走感溢るる跳躍の描写は、こんなこともできるのかと
舌を巻く出来である。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 やす 投稿日 2010/3/15
形式: 文庫
夏の硝視体
ラギッド・ガール
クローゼット
魔述師
蜘蛛(ちちゅう)の王
の五編を収録。
それぞれが、至上であり極美。詩的かつ視覚的な表現、テクノロジーへの意識を保った緻密な文章は、読み手を幻想あるいは悪夢へと没入させる。そしてそのことに、読み終わってからようやく気づくのだ。自分は今、夢から覚めたのだと。
このすさまじい五編からどれが一番かを選ぶのは読み手によるだろうが、私はあえてクローゼットを挙げたい。明確な都市生活の描写から始まるこの話の、滑り込むように色を変えていく様子は読み進める私を萎縮させるのに十分だ。
前作よりも格段に食い込んでくるこの本に対し、読まないという選択肢はない。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 まるで自分の作品のインサイドストーリーを楽しんでいるかのように、綺麗に「グラン・ヴァカンス」の欠落を埋めていく。見事な作品群だ。硝視体とジュリーの出会いをリリカルに描き、前作でほのめかされたエピソードを丁寧につないでゆく「夏の硝視体」。
 「ラギッド・ガール」では、美醜の両極を残酷な美しさで一つに纏め上げる。区界の成立過程を、退屈な説明に堕することなく描いていく。「蜘蛛の王」は圧巻のアクション小説。しかもまた哀しさに満ちていて、作品世界を補完している。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック